新型SUV レクサスUX200/UX250h 最新情報2018年発売予定!エンジン・価格・安全装備は?

車おもしろ情報・動画 車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

ここ最近レクサスが販売するSUVが好調です!

日本ではSUVブームになっており各メーカー力を入れて販売してます。

レクサスでは現在

  • LX
  • RX
  • NX

の三種類をラインナップして販売していますが、ここにコンパクトSUV「UX200・UX250h」の投入を予定しています。

トヨタC-HRのレクサスバージョンといった位置づけになりますね♪

今回はそんな新型レクサスUX200・UX250hの最新情報をお届けしたいと思います。

レクサスUX200/UX250h エクステリア最新情報

 

上位の車はパリモーターショー2016で発表された「UX Concept」になります。

レクサスLCのコンセプト同様に、今回もコンセプトモデルに近い状態での販売が期待されます。

C-HR同様に堀の深いデザインになっており、コンパクトSUVながら大きく見える

現在の情報では、乗員の快適性を高めるため4人乗りになるとされていますので、どのようなインテリアに仕上がるか楽しみだ!

レクサスUX200/UX250hのインテリははどうなる?

 

コンセプトモデルになりますので、大胆なインテリアデザインと観音開きのドアが特徴的ですね。

「3Dヒューマン・マシン・インターフェース=HMI」と呼ばれるコンセプトでデザインされており、手でジェスチャーすると各種操作が行えるようになっています。

また蜘蛛の巣をモチーフにした「キネッティックシート」で軽量かつ体重の分散の効果があるようです

このシートを量産車にどのように採用するか今から期待が出来る。

 

また期待できるのが電子ミラーの採用になります。

新型レクサスLSでは採用は今現在アナウンスされていませんが、規制緩和によって今後発売される新型車には採用されてくるだろう。

このレクサスUXのコンセプトもスタイリッシュなデザインのミラー採用していますね。

レクサスUX200/UX250h エンジン最新情報

日本モデルはガソリンとハイブリッドの2種類が用意されるだろう。

発売時期が2017年12月ですと以下のエンジンになるでしょう。

  • UX200
  • 2.0L直列4気筒ターボ
  • 最高出力238ps/5600rpm
  • 最大トルク 35.7kgm/4000rpm
  • トランスミッション6速AT

 

  • UX250h
  • 2.4L 直列4気筒DOHC+モーター
  • 最高出力150ps/6000rpm
  • 最大トルク 19.1kgm/4400rpm
  • モーター最大出力:143ps
  • モーター最大トルク:27.5kgm
  • トランスミッション:電気式無段変速機(CVT)

現状ではこのようなエンジン構成の可能性が予想されます。

 

しかし発売時期が2018年後半~2019年頃になるとすると

新型カムリより採用された「ダイナミックフォースエンジン」の2.0Lバージョンが登場するとされていますので、そのエンジンをベースにラインアップされる可能性もある。

  • ダイナミックフォース直列4気筒2.0Lガソリンエンジン
  • ダイナミックフォース直列4気筒2.0Lエンジン+ハイブリッドシステム

C-HRベースだとこのエンジンも

  • 1.2L直列4気筒ターボエンジン
  • 最高出力:116PS] / 5,200~5,600回転
  • 最大トルク:18.9kgf.m / 1,500~4,000回転

 

  • 1.8L直列4気筒
  • 排気量:1,797 cc
  • 最高出力:72kW[98PS] / 5,200rpm
  • 最大トルク:142N・m[14.5kgf.m] / 3,600rpm
  • モーター
  • 最高出力:53kW[72PS]
  • 最大トルク:163N・m[16.6kgf.m]
  • トランスミッション:電気式無段変速機

しかしレクサスブランドを考えるとC-HRより格上のエンジン搭載してくると思われますので、上記のエンジンは可能性としては低いと考えます。

スポンサーリンク

レクサスUX200/UX250h の安全装備は?

レクサスが標準装備をすすめている「Lexus Safety System +」を採用します。

新型LSが採用するLexus Co Driveは流石に採用はされないと思います。

Lexus Co Driveの機能は?

  • 全車速追従型レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • レーンチェンジアシスト(LCA)
  • アクティブ操舵回避支援機能付プリクラッシュセーフティシステム
  • ドライバー異常時停車支援システム
  • 上下2段式アダプティブハイビームシステム
  • ロードサインアシスト

レクサスのフラッグシップセダンだけはありますね。

この機能は難しいですが、以下の安全装備が搭載されると思われます!

  • プリクラッシュセーフティシステム

搭載されたセンサーによって前方の車・障害物・歩行者を検知して万が一の事態では警報や自動ブレーキ作動で回避または軽減をする

  • レーンディパーチャーアラート

搭載されたカメラで車線を読み取り、ウィンカー操作がない状態で逸脱の恐れがある場合はドライバーに警告を促します。

  • オートマチックハイビームかアダプティブハイビームシステム

オートマッチックハイビームは周囲の明るさ、ブレーキランプ、ヘッドランプを感知してハイロー切り替えを自動でします。

アダプティブハイビームはヘッドライト内のLEDを個別制御して、対向車などに当たらないよう配光します。

対向車などがいない場所はハイビーム状態で視界を確保

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

設定した速度を自動的に保って、車間距離なども自動で保つので高速道路などで疲労軽減に役立ちます。

また渋滞時でも停止までサポートしてくれますので不意の衝突も防ぎます。

 

このような安全装備で安全運転をサポートすることで事故の発生を防いでくれます

レクサスUX200/UX250hの価格と発売日は?

今現在、最速で販売されるとされているのは2017年12月になっています。

東京モーターショーで市販モデルを発表すると予想があります。

他には2018年後半から2019年初め頃の発売を目指して開発されています。

  • UX200:400万前後
  • UX250h:450万前後

ハリアーやNXと同じように約60~100万前後の価格差が出てくるでしょう。

この価格差だとハリアーとNXと同じようにどちらを購入するか悩むユーザーが増えそうですね。

 

また価格については400万以下となる予想も出ています!

これはNXの価格帯と被らないようにとの配慮。

まとめ

「新型SUV レクサスUX200/UX250h 最新情報2018年発売予定!エンジン・価格・安全装備は?」はどうでしょうか?

販売に向けて着々と進んでいるUXは、CTのようにレクサス入門として大ヒットすることが容易に予想されますので、いまから購入を考えてるユーザーもいるのではないでしょうか?

今後も最新情報が入り次第ブログ更新しますので楽しみにしててください!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

新型SUV レクサスUX200/UX250h 最新情報2018年発売予定!エンジン・価格・安全装備は?

車おもしろ情報・動画 車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

ここ最近レクサスが販売するSUVが好調です!

日本ではSUVブームになっており各メーカー力を入れて販売してます。

レクサスでは現在

  • LX
  • RX
  • NX

の三種類をラインナップして販売していますが、ここにコンパクトSUV「UX200・UX250h」の投入を予定しています。

トヨタC-HRのレクサスバージョンといった位置づけになりますね♪

今回はそんな新型レクサスUX200・UX250hの最新情報をお届けしたいと思います。

レクサスUX200/UX250h エクステリア最新情報

 

上位の車はパリモーターショー2016で発表された「UX Concept」になります。

レクサスLCのコンセプト同様に、今回もコンセプトモデルに近い状態での販売が期待されます。

C-HR同様に堀の深いデザインになっており、コンパクトSUVながら大きく見える

現在の情報では、乗員の快適性を高めるため4人乗りになるとされていますので、どのようなインテリアに仕上がるか楽しみだ!

レクサスUX200/UX250hのインテリははどうなる?

 

コンセプトモデルになりますので、大胆なインテリアデザインと観音開きのドアが特徴的ですね。

「3Dヒューマン・マシン・インターフェース=HMI」と呼ばれるコンセプトでデザインされており、手でジェスチャーすると各種操作が行えるようになっています。

また蜘蛛の巣をモチーフにした「キネッティックシート」で軽量かつ体重の分散の効果があるようです

このシートを量産車にどのように採用するか今から期待が出来る。

 

また期待できるのが電子ミラーの採用になります。

新型レクサスLSでは採用は今現在アナウンスされていませんが、規制緩和によって今後発売される新型車には採用されてくるだろう。

このレクサスUXのコンセプトもスタイリッシュなデザインのミラー採用していますね。

レクサスUX200/UX250h エンジン最新情報

日本モデルはガソリンとハイブリッドの2種類が用意されるだろう。

発売時期が2017年12月ですと以下のエンジンになるでしょう。

  • UX200
  • 2.0L直列4気筒ターボ
  • 最高出力238ps/5600rpm
  • 最大トルク 35.7kgm/4000rpm
  • トランスミッション6速AT

 

  • UX250h
  • 2.4L 直列4気筒DOHC+モーター
  • 最高出力150ps/6000rpm
  • 最大トルク 19.1kgm/4400rpm
  • モーター最大出力:143ps
  • モーター最大トルク:27.5kgm
  • トランスミッション:電気式無段変速機(CVT)

現状ではこのようなエンジン構成の可能性が予想されます。

 

しかし発売時期が2018年後半~2019年頃になるとすると

新型カムリより採用された「ダイナミックフォースエンジン」の2.0Lバージョンが登場するとされていますので、そのエンジンをベースにラインアップされる可能性もある。

  • ダイナミックフォース直列4気筒2.0Lガソリンエンジン
  • ダイナミックフォース直列4気筒2.0Lエンジン+ハイブリッドシステム

C-HRベースだとこのエンジンも

  • 1.2L直列4気筒ターボエンジン
  • 最高出力:116PS] / 5,200~5,600回転
  • 最大トルク:18.9kgf.m / 1,500~4,000回転

 

  • 1.8L直列4気筒
  • 排気量:1,797 cc
  • 最高出力:72kW[98PS] / 5,200rpm
  • 最大トルク:142N・m[14.5kgf.m] / 3,600rpm
  • モーター
  • 最高出力:53kW[72PS]
  • 最大トルク:163N・m[16.6kgf.m]
  • トランスミッション:電気式無段変速機

しかしレクサスブランドを考えるとC-HRより格上のエンジン搭載してくると思われますので、上記のエンジンは可能性としては低いと考えます。

スポンサーリンク

レクサスUX200/UX250h の安全装備は?

レクサスが標準装備をすすめている「Lexus Safety System +」を採用します。

新型LSが採用するLexus Co Driveは流石に採用はされないと思います。

Lexus Co Driveの機能は?

  • 全車速追従型レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • レーンチェンジアシスト(LCA)
  • アクティブ操舵回避支援機能付プリクラッシュセーフティシステム
  • ドライバー異常時停車支援システム
  • 上下2段式アダプティブハイビームシステム
  • ロードサインアシスト

レクサスのフラッグシップセダンだけはありますね。

この機能は難しいですが、以下の安全装備が搭載されると思われます!

  • プリクラッシュセーフティシステム

搭載されたセンサーによって前方の車・障害物・歩行者を検知して万が一の事態では警報や自動ブレーキ作動で回避または軽減をする

  • レーンディパーチャーアラート

搭載されたカメラで車線を読み取り、ウィンカー操作がない状態で逸脱の恐れがある場合はドライバーに警告を促します。

  • オートマチックハイビームかアダプティブハイビームシステム

オートマッチックハイビームは周囲の明るさ、ブレーキランプ、ヘッドランプを感知してハイロー切り替えを自動でします。

アダプティブハイビームはヘッドライト内のLEDを個別制御して、対向車などに当たらないよう配光します。

対向車などがいない場所はハイビーム状態で視界を確保

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

設定した速度を自動的に保って、車間距離なども自動で保つので高速道路などで疲労軽減に役立ちます。

また渋滞時でも停止までサポートしてくれますので不意の衝突も防ぎます。

 

このような安全装備で安全運転をサポートすることで事故の発生を防いでくれます

レクサスUX200/UX250hの価格と発売日は?

今現在、最速で販売されるとされているのは2017年12月になっています。

東京モーターショーで市販モデルを発表すると予想があります。

他には2018年後半から2019年初め頃の発売を目指して開発されています。

  • UX200:400万前後
  • UX250h:450万前後

ハリアーやNXと同じように約60~100万前後の価格差が出てくるでしょう。

この価格差だとハリアーとNXと同じようにどちらを購入するか悩むユーザーが増えそうですね。

 

また価格については400万以下となる予想も出ています!

これはNXの価格帯と被らないようにとの配慮。

まとめ

「新型SUV レクサスUX200/UX250h 最新情報2018年発売予定!エンジン・価格・安全装備は?」はどうでしょうか?

販売に向けて着々と進んでいるUXは、CTのようにレクサス入門として大ヒットすることが容易に予想されますので、いまから購入を考えてるユーザーもいるのではないでしょうか?

今後も最新情報が入り次第ブログ更新しますので楽しみにしててください!

 

 

 

コメントをどうぞ