本革シートの夏対策方法は?お手入れの仕方はどうすればいいの?

本革シートの夏対策方法は?お手入れの仕方はどうすればいいの?

 

皆さんの車は本革シートでしょうか?

多くの場合は布シートが多いと思います。
いまでは布と合皮のコンビシートを純正採用する車種が増えてきましたね。

 

本革シートは見た目の高級感・肌ざわり・匂いなど所有欲が得られますが、気温が高くなってくる夏には熱くて困ってしまうって方も多いかとお思います・・・

今回はそんな本革シートの夏対策方法やお手入れ方法を紹介していきたいと思います♪

本革シートの夏対策方法は?

じりじりと照り付ける太陽が本革シートを熱して表面をかなり高温にしてしまいます。
布シートではそこまで熱くなりませんが、本革ではダッシュボードと変わらないくらいの温度に・・・

この状態で半ズボン・スカートで座った日には大変です!
管理人の車も本革シートなので夏が近づくと対策をして少しでも温度を低くします。

  • 対策①:サンシェード

車のフロントガラスに太陽光を反射させるサンシェードを使う方法です。
夏場では結構やられている方おおでしょう♪太陽光が遮られるので本革シートの表面温度がかなり違ってきますのでおススメです!

サンシェードの選び方はなるべく分厚い空気の層があるものが好ましいです。
1500円前後で二層構造の商品が購入できますよ♪

 

  • 対策②:タオルなどをかけておく

サンシェードどうように日光を遮りますので、表面温度上昇を抑えることができます。
組み合わせて使用するとサイドガラスからの日光対策になります。

 

  • 対策③:エアコンの風を当てる

乗り込む前にエンジンをかけてエアコン送風口をシートに当てておくと、表面の温度が下がるので暑さの軽減になります。
ただ燃費が悪くなったり環境には悪いですから最小限にしましょう。

 

  • 対策④:濡れタオルで拭く

自宅など水道が使える状況であれば、タオルを濡らして表面を拭くと効果があります。
水分が蒸発する時一緒に熱も放出される。

 

  • 対策⑤:熱吸収フィルムを貼る

こちらは車内の温度上昇対策としてカー用品店などで熱吸収フィルムをガラスに施工すれば、相乗効果で本革シートの夏対策にもなります。
エアコンの利きもアップしますし、肌のじりじり感も軽減します。

 

  • 対策⑥:日影がある場合は日陰に駐車

もし駐車場に日影がある場合は日陰に駐車するようにしましょう。
日光が当たらないので本革シートの温度上昇が防げます。

本革シート夏対策は日航を防ぐのが効果的!

もうお気づきでしょうが日光が当たることで本革シートのの表面温度が上昇して熱くなります。

いかに太陽を遮るかで表面温度が変わってきますので、本革シートの暑さで悩んでる方は実践してみてください!

 

管理人はサンシェード・断熱フィルムの対策でかなり暑さ軽減しました♪
断熱フィルムはフロント3面に施工して約4万円前後となります。

 

またエアコンも利きが良くなるので是非ともお勧めしたい対策方法です!

車によってはこんな機能も!

 

一部車種に搭載されている「シートベンチレーション」は機能オンにすると、シート表皮から風が出てきくるものです。

本革シートの蒸れなどを軽減してくれてかなり重宝します。

ただこの機能は冷風を送風するわけではないので、熱々になった本革シートを冷やす能力はありませんが、車内が冷えてる状態ではかなり気持ちいです♪

本革シートのお手入れ方法は?

本革シートと布シートの違いと言えばお手入れ方法にあります。

基本的に布シートに比べてお手入れは簡単ですのでまとめてみました♪

 

  • まずは掃除機

シート表面の砂やほこりを掃除機で吸ってあげましょう。
布を違って軽くやるだけで綺麗になります。

  • 軽い汚れは水拭き

表面がひどく汚れていなければ固く絞ったマイクロファイバーで拭くだけである程度綺麗にすることが可能です。
定期的に拭き掃除していれば頑固な汚れは付きにくいです。

  • 落ちない場合は専用クリーナー

水拭きでも落ちない場合は本革シート専用のクリーナーを使用することで大概は除去可能です。
間違っても靴などのクリーナーは厳禁です!

ツルツルになりずぎて滑って危険です。
白系はクリーナーのお世話になることが多いと思います。

  • 最後は乾拭き

シート表面に水分を残すのはよくないので、最後はシートの隙間などを拭き上げてください。

こちらに記事に詳しく本革・布シートの違いなど記載しています♪
本革シートとファブリックシートの違いは?メリット・デメリットと掃除とメンテナンスのやり方は?

 

夏は熱く・冬は冷たい!

本革シートで困るのは夏だけではなく、冬も冷たいので冷え性の方はつらいと思います。
夏より冬の冷たさが嫌って方も多いようですね・・・

ただ最近の車であればシートヒーター搭載している車種も多いので、最初だけ我慢すれば問題ないと思います。
本革シートはペットやアレルギーを持ってる方は布シートよりも影響が出にくいといったメリットもあります。
また冬の大敵静電気も発生しずらいのもいいですね♪

まとめ

「本革シートの夏対策方法は?お手入れの仕方はどうすればいいの?」はいかがでしたか?

今回の記事内容をまとめると本革シート夏対策は日光をいかに当てないか!!
これが一番の対策なので、最低でもサンシェードは試してみてください。
車内温度の上昇も抑えられますし。インテリアの劣化対策にもあります!

お役立ち情報カテゴリの最新記事