本革シートの夏対策方法は?お手入れの仕方はどうすればいいの?

この記事は約2分で読めます。

本革シートのお手入れ方法は?

本革シートと布シートの違いと言えばお手入れ方法にあります。

基本的に布シートに比べてお手入れは簡単ですのでまとめてみました♪

 

  • まずは掃除機

シート表面の砂やほこりを掃除機で吸ってあげましょう。
布を違って軽くやるだけで綺麗になります。

  • 軽い汚れは水拭き

表面がひどく汚れていなければ固く絞ったマイクロファイバーで拭くだけである程度綺麗にすることが可能です。
定期的に拭き掃除していれば頑固な汚れは付きにくいです。

  • 落ちない場合は専用クリーナー

水拭きでも落ちない場合は本革シート専用のクリーナーを使用することで大概は除去可能です。
間違っても靴などのクリーナーは厳禁です!

ツルツルになりずぎて滑って危険です。
白系はクリーナーのお世話になることが多いと思います。

  • 最後は乾拭き

シート表面に水分を残すのはよくないので、最後はシートの隙間などを拭き上げてください。

こちらに記事に詳しく本革・布シートの違いなど記載しています♪
本革シートとファブリックシートの違いは?メリット・デメリットと掃除とメンテナンスのやり方は?

 

夏は熱く・冬は冷たい!

本革シートで困るのは夏だけではなく、冬も冷たいので冷え性の方はつらいと思います。
夏より冬の冷たさが嫌って方も多いようですね・・・

ただ最近の車であればシートヒーター搭載している車種も多いので、最初だけ我慢すれば問題ないと思います。
本革シートはペットやアレルギーを持ってる方は布シートよりも影響が出にくいといったメリットもあります。
また冬の大敵静電気も発生しずらいのもいいですね♪

まとめ

「本革シートの夏対策方法は?お手入れの仕方はどうすればいいの?」はいかがでしたか?

今回の記事内容をまとめると本革シート夏対策は日光をいかに当てないか!!
これが一番の対策なので、最低でもサンシェードは試してみてください。
車内温度の上昇も抑えられますし。インテリアの劣化対策にもあります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました