最近の車は暖機運転の意味がない!?メリットやデメリットは?

お役立ち情報 トラブル解決 メンテナンス

スポンサーリンク

皆さん車の暖機運転ってしていますか?

よく暖機運転しないと車の寿命が短くなるからしたほうが良いって聞いたことありませんか?

車使うたびにやってる・冬の時期はやっている・年間通してやっていないなど人によってさまざまだと思います。

昔の車では必要でしたが、最近の車には必要ないって話も聞いたことある人いると思いますので、今回は暖機運転の意味とメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

暖機運転の意味とは?

暖機運転の意味は、エンジンが冷えている状態で始動して暫くの間アイドリング状態で負荷をかけないで、エンジンを温めることになっています。

オイルを隅々まで循環させてエンジンにダメージがいかないようにする行為を示します♪

昔の車に採用されていたキャブレターは冷えているとガソリン噴射が思うようにできずパワーが出ませんでした。

またエンジンオイルも今ほど高品質ではなく固かったのも原因でしたので、冷えてる時に車を動かすと負担がかかってしまうのです。

 

これだけみると暖機運転って必要じゃんって思われた方いるかと思います。

しかし最近の車では必要ないって意見がありますので、その意味をわかりやすくお伝えしていきます♪

最近の車で意味がない理由は?

現在販売されている車のほとんどはインジェクションと呼ばれる電子制御の燃料噴射を行っています。

そのため冷えてる状態でも最適な制御ができるため、キャブレター式のようにパワーが出ないってことが無いのです。

 

またエンジンオイルも柔らかいものを使用しており、オイルが温まらなくてもエンジン各所にいきわたりやすくなっています♪

電子制御によって常にエンジンにとって最適な状態を管理してくれるので、昔のようにしっかり暖機運転は必要ないのです。

暖機運転のメリットって?

じゃあ暖機運転は必要ないか?って言われるとそうでもありません。

最近お車では意味がなくなりつつありますが、走るのに支障がないのであってエンジンは温まった方が本来の性能発揮しやすいことには変わりありません。

ようは暖機運転しなくても故障はしませんってことなのですが、現在でもすることによるメリットを紹介します!

  • エンジン保護につながる

電子制御やエンジンオイルの高性能化によって昔ほど気を使わなくてよくなりましたが、やはりエンジンオイルが温まってから発進するとエンジンには優しい事には変わらないです。

始動してからいきなりアクセルを踏むとオイルが行き渡っていないので、エンジンを傷つける恐れがあります。

  • シール類の保護

エンジンにはオイルが漏れないようにシールが挟まれています。

そのシール類はオイルが冷えてる状態ですと傷める可能性があります・・・

暖機運転のデメリットって?

最近の車ではメリットよりもデメリットの方が多く存在しています。

  • ガソリン消費や環境に悪い

アイドリング中は当然ガソリンを消費している状態ですので、時間が長ければ長いほどガソリン消費量は増えていきます。

排気量によりますが10分間で約130ml消費されるらしいので、100回この時間分を暖機運転したら13Lものガソリンが消費されてしまします・・・

また無駄なアイドリングは地球環境にも悪く、各都道府県の条例でアイドリング禁止されている場所もあります。

  • カーボンが蓄積されやすい

エンジンに負荷がかからないアイドリングを長時間続けるとカーボンやスラッジが蓄積されていき、ダメージを蓄積していってしまいます。

カーボンやスラッジが溜まるとエンジンは満足に性能を発揮できなくなります・・・

  • 駆動系が摩耗する

クランクシャフト・カムシャフト・ベアリングなどに負担がかかる恐れがあります。

  • 騒音問題も!

閑静な住宅街で何分もアイドリングされていたら気になりませんか?

昼などでは良いですが早朝・深夜などだったら結構エンジン音が響いてしまします。

スポンサーリンク

結論としては暖機運転は必要ありません!

しかし以下の場合は注意してください

  • 寒冷地でマイナス10度以下
  • 一か月車を運転してない

などの場合は2~3分ほど暖機運転をするように気をつけるくらいで大丈夫です。

しかし冷えてる状態で急発進などは傷める可能性があるので以下で紹介する方法を試してください♪

最近の車の暖機運転方法

  • エンジン始動後10秒~30秒ほど待つ

始動後アイドリングは若干高い状態になりますので、落ち着くまで待ってください。

すぐにドライブなどに入れるとトランスミッションに負担がかかります。

  • アクセル操作はゆっくり

水温計が動くまでは急アクセル操作は控えてください。

なるべく回転数を上げないで運転するよう心がけましょう♪

  • シフトチェンジ・エンジンブレーキも優しく

トランスミッションが冷えてる状態で、急激なシフトダウンやエンジンブレーキは大きな負担になります。

負担のかかる操作は行わないよう気を付けてください。

 

このように急がつく動作は避けるようにしてください。

エンジンだけでなくタイヤ・サスペンション・ブレーキなども温まってから性能を発揮できるので、このパーツたちの負担軽減も目的の一つと言えます。

 

またバイクはアイドリングを長時間する設計になっていないので、バイクこそ上記の方法をお勧めしたいと思います。

まとめ

「最近の車は暖機運転の意味がない!?メリットやデメリットは?」は参考になったでしょうか?

今回の記事内容をまとめると

  • 最近の車には意味があまりない
  • リットよりもデメリットの方が多い
  • 冷えてる状態ではゆっくり運転するのがベスト

になっていますので、今後は今回の方法を実行してみてはどうでしょうか?

自動車も人間と一緒で急のつく動作は体に悪いのです。

2000年以降の車であれば気にする必要は特にありませんが、少しの心がけで車の故障は減らせるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

最近の車は暖機運転の意味がない!?メリットやデメリットは?

お役立ち情報 トラブル解決 メンテナンス

スポンサーリンク

皆さん車の暖機運転ってしていますか?

よく暖機運転しないと車の寿命が短くなるからしたほうが良いって聞いたことありませんか?

車使うたびにやってる・冬の時期はやっている・年間通してやっていないなど人によってさまざまだと思います。

昔の車では必要でしたが、最近の車には必要ないって話も聞いたことある人いると思いますので、今回は暖機運転の意味とメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

暖機運転の意味とは?

暖機運転の意味は、エンジンが冷えている状態で始動して暫くの間アイドリング状態で負荷をかけないで、エンジンを温めることになっています。

オイルを隅々まで循環させてエンジンにダメージがいかないようにする行為を示します♪

昔の車に採用されていたキャブレターは冷えているとガソリン噴射が思うようにできずパワーが出ませんでした。

またエンジンオイルも今ほど高品質ではなく固かったのも原因でしたので、冷えてる時に車を動かすと負担がかかってしまうのです。

 

これだけみると暖機運転って必要じゃんって思われた方いるかと思います。

しかし最近の車では必要ないって意見がありますので、その意味をわかりやすくお伝えしていきます♪

最近の車で意味がない理由は?

現在販売されている車のほとんどはインジェクションと呼ばれる電子制御の燃料噴射を行っています。

そのため冷えてる状態でも最適な制御ができるため、キャブレター式のようにパワーが出ないってことが無いのです。

 

またエンジンオイルも柔らかいものを使用しており、オイルが温まらなくてもエンジン各所にいきわたりやすくなっています♪

電子制御によって常にエンジンにとって最適な状態を管理してくれるので、昔のようにしっかり暖機運転は必要ないのです。

暖機運転のメリットって?

じゃあ暖機運転は必要ないか?って言われるとそうでもありません。

最近お車では意味がなくなりつつありますが、走るのに支障がないのであってエンジンは温まった方が本来の性能発揮しやすいことには変わりありません。

ようは暖機運転しなくても故障はしませんってことなのですが、現在でもすることによるメリットを紹介します!

  • エンジン保護につながる

電子制御やエンジンオイルの高性能化によって昔ほど気を使わなくてよくなりましたが、やはりエンジンオイルが温まってから発進するとエンジンには優しい事には変わらないです。

始動してからいきなりアクセルを踏むとオイルが行き渡っていないので、エンジンを傷つける恐れがあります。

  • シール類の保護

エンジンにはオイルが漏れないようにシールが挟まれています。

そのシール類はオイルが冷えてる状態ですと傷める可能性があります・・・

暖機運転のデメリットって?

最近の車ではメリットよりもデメリットの方が多く存在しています。

  • ガソリン消費や環境に悪い

アイドリング中は当然ガソリンを消費している状態ですので、時間が長ければ長いほどガソリン消費量は増えていきます。

排気量によりますが10分間で約130ml消費されるらしいので、100回この時間分を暖機運転したら13Lものガソリンが消費されてしまします・・・

また無駄なアイドリングは地球環境にも悪く、各都道府県の条例でアイドリング禁止されている場所もあります。

  • カーボンが蓄積されやすい

エンジンに負荷がかからないアイドリングを長時間続けるとカーボンやスラッジが蓄積されていき、ダメージを蓄積していってしまいます。

カーボンやスラッジが溜まるとエンジンは満足に性能を発揮できなくなります・・・

  • 駆動系が摩耗する

クランクシャフト・カムシャフト・ベアリングなどに負担がかかる恐れがあります。

  • 騒音問題も!

閑静な住宅街で何分もアイドリングされていたら気になりませんか?

昼などでは良いですが早朝・深夜などだったら結構エンジン音が響いてしまします。

スポンサーリンク

結論としては暖機運転は必要ありません!

しかし以下の場合は注意してください

  • 寒冷地でマイナス10度以下
  • 一か月車を運転してない

などの場合は2~3分ほど暖機運転をするように気をつけるくらいで大丈夫です。

しかし冷えてる状態で急発進などは傷める可能性があるので以下で紹介する方法を試してください♪

最近の車の暖機運転方法

  • エンジン始動後10秒~30秒ほど待つ

始動後アイドリングは若干高い状態になりますので、落ち着くまで待ってください。

すぐにドライブなどに入れるとトランスミッションに負担がかかります。

  • アクセル操作はゆっくり

水温計が動くまでは急アクセル操作は控えてください。

なるべく回転数を上げないで運転するよう心がけましょう♪

  • シフトチェンジ・エンジンブレーキも優しく

トランスミッションが冷えてる状態で、急激なシフトダウンやエンジンブレーキは大きな負担になります。

負担のかかる操作は行わないよう気を付けてください。

 

このように急がつく動作は避けるようにしてください。

エンジンだけでなくタイヤ・サスペンション・ブレーキなども温まってから性能を発揮できるので、このパーツたちの負担軽減も目的の一つと言えます。

 

またバイクはアイドリングを長時間する設計になっていないので、バイクこそ上記の方法をお勧めしたいと思います。

まとめ

「最近の車は暖機運転の意味がない!?メリットやデメリットは?」は参考になったでしょうか?

今回の記事内容をまとめると

  • 最近の車には意味があまりない
  • リットよりもデメリットの方が多い
  • 冷えてる状態ではゆっくり運転するのがベスト

になっていますので、今後は今回の方法を実行してみてはどうでしょうか?

自動車も人間と一緒で急のつく動作は体に悪いのです。

2000年以降の車であれば気にする必要は特にありませんが、少しの心がけで車の故障は減らせるかもしれませんね。

 

コメントをどうぞ