空飛ぶ車の実現時期はいつ?価格・スペック・日本製は発売される?

お役立ち情報 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

映画・漫画などで空飛ぶ車って見たことがあると思います。

21世紀に入る前に描かれた、21世紀の予想図などでも空飛ぶ車は描かれています。

そんな夢の乗り物は実現時期って気なりますよね!

実はオランダのメーカーから販売されているのご存知でしょうか?

また日本製の空飛ぶ車も計画されていますの合わせて紹介したいと思います。

空飛ぶ車の実現時期は2017年!?

オランダのメーカー・PAL-V社が遂に実現させて、実際に販売がスタートしています。

名前は「PAL-V Liberty」で走行モード・飛行モードの切り替えが可能になっている。

折り畳み式のプロペラを採用しており、走行時は格納して飛行時は展開します。

スペックは?

  • 100馬力の走行エンジン
  • 197馬力の飛行エンジン

を備えて、走行モードでの加速性能は0-100キロ9秒

最高速度160キロ・最大航続距離1315km、燃料効率は7.6リットル/100km

 

飛行モードでは最大高度3500メートル・最高速度180キロ・航続距離500キロ

十分なスペックを持っているのが確認できますね!

空飛ぶ車の価格は?

このPAL-V Libertyは今のところ2つモデルが用意されています。

  • フルオプション仕様「Pioneer Edition」:約6800万円
  • 何個かオプション省いた「Sport Edition」:4500万円

一般人には到底手を出すことができない価格になっていますね。

その他にもいくつかの壁があります!

  • 飛行する国ごとのジャイロコプター免許
  • 離陸に必要なスペース:90~200メートル×200メートル

以上をクリアしないと飛行モードは使えませんので、まだまだ気軽に空のドライブは楽しめる日は遠いですね・・・

また90台の限定販売になります。

他にもある空飛ぶ車!

AeroMobil社が販売を目指して開発している「AeroMobile 3.0」

使用燃料はレギュラーガソリンを使用します。

  • 走行モード航続距離:875キロ
  • 飛行モード航続距離:700キロ

になっており飛行モードの燃費がいいのが特徴ですね♪

折りたたまれた翼を展開して飛行します。

また価格は2シーターモデル:約1200万円になっており、上記で紹介したものより格段に安いですね。

将来的には4シーターモデル追加や自動運転搭載も目標のようです!

スポンサーリンク

日本製の空飛ぶ車は開発されないの?

 

日本でも2020年の実現に向けて開発に取り組んでるプロジェクト「Cartivator(カーティベーター)」があります。

日本製の空飛ぶ車で「クルマを通じて夢と憧れを提供すること」を目指しています!

名前は「SkyDrive」

  • クワッドコプターと3輪自動車を組み合わせて世界最小サイズ
  • 公道から飛び立てる
  • スマホを使って操作できるインターフェイス
  • デザインにもこだわり

また販売も目標になっていますが、観光スポットなどに提供して20,000円/0.5hにて時間貸しサービスも構想してます。

また自由飛行エリアでは操縦者が操作して、飛行制御エリアでは自動運転など状況に応じて制御するようです。

日本製の登場はワクワクしますので、是非とも実現に向けて頑張ってもらいたいです!

空飛ぶ車は難題がいっぱい!

やはり普通の自動車と違ってクリアしないといけない難題はたくさんあります。

安全性

当然、空を飛ぶものですから墜落した時の被害は交通事故とは比較になりません。

何もない場所ならまだしも、人が密集するエリアに墜落したらと考えるとぞっとします!

操縦者はパラシュートなどで脱出したとしても本体はどうすることもできません・・・

故障した際の対応方法など課題は沢山ありますね。

運転免許

たとえ自動運転である程度カバーできたとしても悪天候、センサーの故障などで搭乗者が操縦しないといけないケースが出てきます。

しっかりとした操縦技術と様々な状況に対応できるよう、厳しい訓練が必要です。

騒音

仮に気軽に空飛ぶ車が行き交う未来になったとしましょう。

そうなると問題なのが騒音問題です・・・

空を見上げると何台も飛び交いプロペラなどの騒音が凄いことになります。

人里離れた場所しか飛行禁止になったら、あまり利便性が無いの騒音は難しいです。

航続道路のように防音壁も建設できませんからね。

まとめ

「空飛ぶ車の実現時期はいつ?価格・スペック・日本製は発売される?」はいかがでしたか?

まだまだ夢の乗り物なので、自動車のように気軽に乗れるのは先ですね。

クリアしなけらばならない課題が沢山ありますし、空飛ぶ車用の法律や規制を定めていかねばなりませんから大変です。

まずは自動車の自動運転技術の進化が基盤になるので、自動車メーカには頑張ってもらいたいです!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

空飛ぶ車の実現時期はいつ?価格・スペック・日本製は発売される?

お役立ち情報 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

映画・漫画などで空飛ぶ車って見たことがあると思います。

21世紀に入る前に描かれた、21世紀の予想図などでも空飛ぶ車は描かれています。

そんな夢の乗り物は実現時期って気なりますよね!

実はオランダのメーカーから販売されているのご存知でしょうか?

また日本製の空飛ぶ車も計画されていますの合わせて紹介したいと思います。

空飛ぶ車の実現時期は2017年!?

オランダのメーカー・PAL-V社が遂に実現させて、実際に販売がスタートしています。

名前は「PAL-V Liberty」で走行モード・飛行モードの切り替えが可能になっている。

折り畳み式のプロペラを採用しており、走行時は格納して飛行時は展開します。

スペックは?

  • 100馬力の走行エンジン
  • 197馬力の飛行エンジン

を備えて、走行モードでの加速性能は0-100キロ9秒

最高速度160キロ・最大航続距離1315km、燃料効率は7.6リットル/100km

 

飛行モードでは最大高度3500メートル・最高速度180キロ・航続距離500キロ

十分なスペックを持っているのが確認できますね!

空飛ぶ車の価格は?

このPAL-V Libertyは今のところ2つモデルが用意されています。

  • フルオプション仕様「Pioneer Edition」:約6800万円
  • 何個かオプション省いた「Sport Edition」:4500万円

一般人には到底手を出すことができない価格になっていますね。

その他にもいくつかの壁があります!

  • 飛行する国ごとのジャイロコプター免許
  • 離陸に必要なスペース:90~200メートル×200メートル

以上をクリアしないと飛行モードは使えませんので、まだまだ気軽に空のドライブは楽しめる日は遠いですね・・・

また90台の限定販売になります。

他にもある空飛ぶ車!

AeroMobil社が販売を目指して開発している「AeroMobile 3.0」

使用燃料はレギュラーガソリンを使用します。

  • 走行モード航続距離:875キロ
  • 飛行モード航続距離:700キロ

になっており飛行モードの燃費がいいのが特徴ですね♪

折りたたまれた翼を展開して飛行します。

また価格は2シーターモデル:約1200万円になっており、上記で紹介したものより格段に安いですね。

将来的には4シーターモデル追加や自動運転搭載も目標のようです!

スポンサーリンク

日本製の空飛ぶ車は開発されないの?

 

日本でも2020年の実現に向けて開発に取り組んでるプロジェクト「Cartivator(カーティベーター)」があります。

日本製の空飛ぶ車で「クルマを通じて夢と憧れを提供すること」を目指しています!

名前は「SkyDrive」

  • クワッドコプターと3輪自動車を組み合わせて世界最小サイズ
  • 公道から飛び立てる
  • スマホを使って操作できるインターフェイス
  • デザインにもこだわり

また販売も目標になっていますが、観光スポットなどに提供して20,000円/0.5hにて時間貸しサービスも構想してます。

また自由飛行エリアでは操縦者が操作して、飛行制御エリアでは自動運転など状況に応じて制御するようです。

日本製の登場はワクワクしますので、是非とも実現に向けて頑張ってもらいたいです!

空飛ぶ車は難題がいっぱい!

やはり普通の自動車と違ってクリアしないといけない難題はたくさんあります。

安全性

当然、空を飛ぶものですから墜落した時の被害は交通事故とは比較になりません。

何もない場所ならまだしも、人が密集するエリアに墜落したらと考えるとぞっとします!

操縦者はパラシュートなどで脱出したとしても本体はどうすることもできません・・・

故障した際の対応方法など課題は沢山ありますね。

運転免許

たとえ自動運転である程度カバーできたとしても悪天候、センサーの故障などで搭乗者が操縦しないといけないケースが出てきます。

しっかりとした操縦技術と様々な状況に対応できるよう、厳しい訓練が必要です。

騒音

仮に気軽に空飛ぶ車が行き交う未来になったとしましょう。

そうなると問題なのが騒音問題です・・・

空を見上げると何台も飛び交いプロペラなどの騒音が凄いことになります。

人里離れた場所しか飛行禁止になったら、あまり利便性が無いの騒音は難しいです。

航続道路のように防音壁も建設できませんからね。

まとめ

「空飛ぶ車の実現時期はいつ?価格・スペック・日本製は発売される?」はいかがでしたか?

まだまだ夢の乗り物なので、自動車のように気軽に乗れるのは先ですね。

クリアしなけらばならない課題が沢山ありますし、空飛ぶ車用の法律や規制を定めていかねばなりませんから大変です。

まずは自動車の自動運転技術の進化が基盤になるので、自動車メーカには頑張ってもらいたいです!

コメントをどうぞ