車にカーボンシートをキレイに貼る方法は?塗装を傷めない剥がし方

カスタム 車用品関係 車関係のお金

スポンサーリンク

スポーティーでカッコいいカーボンシート。
どうせ貼るならキレイに貼りたいですよね?
シワが寄っていいのは歳を取ってから!まだまだイケイケだし、ピシッと貼りましょう!
ここでは、カーボンシートをキレイに貼る方法と、塗装を傷めないはがし方をご紹介します。

速そう・・・!カーボンシート

81FuEqf+04L._SL1500_

スポーツカーでよく見るカーボンシート。
カッコよくて速そうですよね!
パッと見のチューンではベタですが、それ故に誰がやっても様になるものです。

そもそもカーボンシートもといカーボンボンネットは、昔のレーシングカーに採用されていました。
(パターンが付いてない艶消し黒の方です。当時はアルミ製でした。)
太陽光の反射を防ぎ、ドライバーの目の保護目的で付けられてたそうです。

それが時を経て、アルミがFRP素材に、今ではカーボンファイバーに変わりました。
カーボンシートは、ボンネットをまるごと変えることなくカーボン調にしてくれる、コスパ最強のデコレーションとも言えるでしょう。

今でもスポーツカー愛好者の中では断トツで人気です。
車以外の所でも、メカニックな物にはよく使われているぐらいですから♪

種類も色々

前項で記した通り、元々は艶消しの黒のみでしたが、時代の移り変わりに応じて変化していきました。
それこそ、カラーバリエーション、パターン、シート素材の高級化など、過去のレーサーが見ればビックリするぐらいでしょう。

代表的な物だと、艶消しの黒・定番のリアルカーボン。
色なんかも豊富で、レッド・ブルー・ホワイト、女子ウケを狙ったのかピンクまである始末。

シートだからこそですが、車はもちろんノートパソコンやスマホにも使えます。

キレイに張る方法

6f1e1b8c85016db3a91c4e015b4cef7d_m

散々カーボンシートについてうんちくしたので(笑)、肝心のキレイに張る方法に移ります。
せっかくお金をはたいて買ったシートですもの、ミスらずキレイに一発で張っちゃいましょう!
今回はボンネットに張る事を想定したものですが、流用してそれ以外の部分にも使えますよ♪

 

  • 足りる分のサイズのシートを買う

そんなの分かってるよ!って言う人もいるかもしれませんが、意外とサイズ不足で足りなくなっちゃう人が多いです。
余った部分は切れば何とかなりますが、足りない場合は継ぎ足さなければいけなくなってしまいます。
まずはボンネットのサイズ確認、ちょっと余ってしまうぐらいの物を買いましょう。

  • まずは洗車

ステッカーなどのシール類の一番の敵。それはゴミと油です。
小さい頃色んなものにシールを張った事がある人なら経験があるはず。
シャンプーでキレイにして、水分もしっかりふき取りましょう。

  • 真ん中から慎重に貼っていく

ドキドキの貼り付け作業です・・・
真ん中にシートを置いて、まずはサイズ確認と位置決め。
位置が決まったら保護面を剥がして貼っていきます。
空気が入らないように慎重に、徐々に貼っていきましょう。

  • ドライヤーを当てる

貼り終わったシートにドライヤーの温風を当てていきます。
温風を当てるとシートが伸びるので、シート用のヘラで気泡が出来ないように伸ばしていきます。

  • 余剰部分をカット

ここまで来ればほぼ完成です♪
ボンネットの裏側にシートを引っ張り、余分なシートをカット!
後はシートが冷えるまで待つだけです。

と、カーボンシート貼りはこのような流れで行います。
ただシールを貼るだけのような簡単なものではないですが、YouTubeなどでも貼り方の動画が挙がっているので、一度見てイメージを頭に叩き込んでから貼るのもイイかと思います。

スポンサーリンク

塗装に優しい剥がし方

中にはもうすでにカーボンシートを貼っている方や、一度貼ったはいいけど何らかの事情で剥がさざるを得ない方も居ると思います。
でも頑丈に貼りついてるし、塗装面は大丈夫なのだろうか?と心配にもなりますよね。

ちょっとコツは要りますが、なるべく塗装を傷つけづ剥がす方法があります。
それは、温めながら剥がす事です。

シールやステッカーなどの粘着面は熱に弱く、温める事で剥がしやすくなります。

前項で張ったカーボンシートを剥がす事を想定すると、

1、ドライヤーでシートを温め、粘着力を下げる

2、端を少し剥がし、剥がす部分を更に温めながら、ゆっくりと剥がす

たったこれだけで簡単に剥がせますし、塗装をいたわる事も出来ます。

ただ、シートを貼ってからあまりにも経っている場合は剥がれない事もあります。
その時はのり剥がしスプレーを使うと、多少は剥がれやすくなります。
吹きかけ過ぎると塗装部分が変色するので、少しずつ使ってください。

よく考えてから貼りましょう

カーボンシートの貼り方と剥がし方に関してご紹介しましたが、いかがでしたか?

カッコいい見た目の裏腹、皆さん苦労して貼ったり剥がしたりしてるんです。
お金もかかりますし・・・

元の塗装面を傷つけたくないのであれば貼らない、多少傷ついてもいいから貼る。
両極端な話、そう言う事になってしまいます。

ボンネットをカーボン製に変えるのは考えものだけど、見た目だけでも変えたい!って人にはおすすめです。
車以外にも使えるので、アイデアが活きそうですね♪

ご閲覧ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車にカーボンシートをキレイに貼る方法は?塗装を傷めない剥がし方

カスタム 車用品関係 車関係のお金

スポンサーリンク

スポーティーでカッコいいカーボンシート。
どうせ貼るならキレイに貼りたいですよね?
シワが寄っていいのは歳を取ってから!まだまだイケイケだし、ピシッと貼りましょう!
ここでは、カーボンシートをキレイに貼る方法と、塗装を傷めないはがし方をご紹介します。

速そう・・・!カーボンシート

81FuEqf+04L._SL1500_

スポーツカーでよく見るカーボンシート。
カッコよくて速そうですよね!
パッと見のチューンではベタですが、それ故に誰がやっても様になるものです。

そもそもカーボンシートもといカーボンボンネットは、昔のレーシングカーに採用されていました。
(パターンが付いてない艶消し黒の方です。当時はアルミ製でした。)
太陽光の反射を防ぎ、ドライバーの目の保護目的で付けられてたそうです。

それが時を経て、アルミがFRP素材に、今ではカーボンファイバーに変わりました。
カーボンシートは、ボンネットをまるごと変えることなくカーボン調にしてくれる、コスパ最強のデコレーションとも言えるでしょう。

今でもスポーツカー愛好者の中では断トツで人気です。
車以外の所でも、メカニックな物にはよく使われているぐらいですから♪

種類も色々

前項で記した通り、元々は艶消しの黒のみでしたが、時代の移り変わりに応じて変化していきました。
それこそ、カラーバリエーション、パターン、シート素材の高級化など、過去のレーサーが見ればビックリするぐらいでしょう。

代表的な物だと、艶消しの黒・定番のリアルカーボン。
色なんかも豊富で、レッド・ブルー・ホワイト、女子ウケを狙ったのかピンクまである始末。

シートだからこそですが、車はもちろんノートパソコンやスマホにも使えます。

キレイに張る方法

6f1e1b8c85016db3a91c4e015b4cef7d_m

散々カーボンシートについてうんちくしたので(笑)、肝心のキレイに張る方法に移ります。
せっかくお金をはたいて買ったシートですもの、ミスらずキレイに一発で張っちゃいましょう!
今回はボンネットに張る事を想定したものですが、流用してそれ以外の部分にも使えますよ♪

 

  • 足りる分のサイズのシートを買う

そんなの分かってるよ!って言う人もいるかもしれませんが、意外とサイズ不足で足りなくなっちゃう人が多いです。
余った部分は切れば何とかなりますが、足りない場合は継ぎ足さなければいけなくなってしまいます。
まずはボンネットのサイズ確認、ちょっと余ってしまうぐらいの物を買いましょう。

  • まずは洗車

ステッカーなどのシール類の一番の敵。それはゴミと油です。
小さい頃色んなものにシールを張った事がある人なら経験があるはず。
シャンプーでキレイにして、水分もしっかりふき取りましょう。

  • 真ん中から慎重に貼っていく

ドキドキの貼り付け作業です・・・
真ん中にシートを置いて、まずはサイズ確認と位置決め。
位置が決まったら保護面を剥がして貼っていきます。
空気が入らないように慎重に、徐々に貼っていきましょう。

  • ドライヤーを当てる

貼り終わったシートにドライヤーの温風を当てていきます。
温風を当てるとシートが伸びるので、シート用のヘラで気泡が出来ないように伸ばしていきます。

  • 余剰部分をカット

ここまで来ればほぼ完成です♪
ボンネットの裏側にシートを引っ張り、余分なシートをカット!
後はシートが冷えるまで待つだけです。

と、カーボンシート貼りはこのような流れで行います。
ただシールを貼るだけのような簡単なものではないですが、YouTubeなどでも貼り方の動画が挙がっているので、一度見てイメージを頭に叩き込んでから貼るのもイイかと思います。

スポンサーリンク

塗装に優しい剥がし方

中にはもうすでにカーボンシートを貼っている方や、一度貼ったはいいけど何らかの事情で剥がさざるを得ない方も居ると思います。
でも頑丈に貼りついてるし、塗装面は大丈夫なのだろうか?と心配にもなりますよね。

ちょっとコツは要りますが、なるべく塗装を傷つけづ剥がす方法があります。
それは、温めながら剥がす事です。

シールやステッカーなどの粘着面は熱に弱く、温める事で剥がしやすくなります。

前項で張ったカーボンシートを剥がす事を想定すると、

1、ドライヤーでシートを温め、粘着力を下げる

2、端を少し剥がし、剥がす部分を更に温めながら、ゆっくりと剥がす

たったこれだけで簡単に剥がせますし、塗装をいたわる事も出来ます。

ただ、シートを貼ってからあまりにも経っている場合は剥がれない事もあります。
その時はのり剥がしスプレーを使うと、多少は剥がれやすくなります。
吹きかけ過ぎると塗装部分が変色するので、少しずつ使ってください。

よく考えてから貼りましょう

カーボンシートの貼り方と剥がし方に関してご紹介しましたが、いかがでしたか?

カッコいい見た目の裏腹、皆さん苦労して貼ったり剥がしたりしてるんです。
お金もかかりますし・・・

元の塗装面を傷つけたくないのであれば貼らない、多少傷ついてもいいから貼る。
両極端な話、そう言う事になってしまいます。

ボンネットをカーボン製に変えるのは考えものだけど、見た目だけでも変えたい!って人にはおすすめです。
車以外にも使えるので、アイデアが活きそうですね♪

ご閲覧ありがとうございました。

コメントをどうぞ