日本車0-100km/h加速が速い車ランキングは?スペックと価格も紹介

この記事は約3分で読めます。

日本車0-100km/h加速が速い車のスペックと価格

まずは日本が誇る加速トップ1から見ていきましょう!

この車は世界中でファンがいてゴジラとも呼ばれている車です。

1位 日産GT-R ニスモ

日本車加速速い車1位

0-100km/h加速2.7秒

販売価格:1850万円

 

2007年に販売されて10年以上たつ車ですがアップデートによって、現在でも第一級の戦闘力を誇ります。

そんなGT-Rをニスモが手掛けたモデルが日本車加速ランキング1位となります。

 

職人の手によって組み立てられたV6 ツインターボエンジン

  • 最高出力 600PS 6,800rpm
  • 最大トルク66.5kgm 3,600-5,600rpm

純正で600PSとなっており一昔前の280PS規制では考えられない出力となっています。

 

このGT-Rは300キロオーバーでも車内で会話できるなどただ速いだけではありません。

またチューニングによって1000PSオーバーも可能なGT-Rはまさに化け物と呼んでいいでしょう。

 

2位 ホンダNSX

日本車加速速い車2位

0-100km/h加速3.0秒

販売価格:2370万円

 

ホンダが販売するスーパーカーNSXが2位となります。

リアミッドシップに搭載された3.5L V6ツインターボとハイブリッドシステムの組み合わせだ。

  • 最高出力 507PS 6,500-7,500rpm
  • 最大トルク 56.1kgm2,000-6,000rpm
  • モーター最高出力 前:37PS 4,500rpm
  • 後:48PS 3,000rpm
  • モーター最大トルク 前:7.4kgm 0-2,000rpm
  • 後:15.1kgm 500-2,000rpm

ホンダ独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」がエンジン+モーターならでは走行フィーリングを実現しています。

 

3位 レクサスLF-A

日本車加速速い車3位

0-100km/h加速3.7秒

販売価格:3750万円

 

レクサスが販売していたプレミアムスーパーカーLF-Aは利益を度外視して設計された車です。

生産台数わずか500台となっていて中古市場では高額で取引されている。

 

搭載されているエンジンは自然吸気4.8L V10エンジン

  • 最高出力 560PS /8700rpmrpm
  • 最大トルク48.9kg・m/7000rpm

このエンジンは今現在LF-Aのみに搭載されているものでそのサウンドは「天使の咆哮」と称されるものです。

 

実際の加速サウンドを聞いてみてください!ノーマルマフラーでこの音です。

【都内】天使の咆哮 LFA加速サウンド

 

痺れるようなサウンドですね♪

実際に運転していたら気持ちいいのでしょう!

 

4位 レクサスLC500

日本車加速速い車4位

 

0-100km/h加速4.3秒

販売価格:1402万円

 

レクサスが販売するラグジュアリークーペー「LC500」が4位となります。

この時代に貴重な

5.0L V8エンジンを搭載

  • 最高出力 351kW(477PS)7,100rpm
  • 最大トルク 540Nm(55.1kgm)4,800rpm

近年は環境性能などの関係でダウンサイジングターボが主流となっていて、フェラーリも最新の488はツインターボ化されています。

 

自然吸気らしい素直な応答性とサウンドが魅力的です。

スタイリングもまるでコンセプトカーのような魅力がありますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました