セダンは2017年も人気?かっこいいシブいおすすめの車種紹介!

お役立ち情報 車おもしろ情報・動画 車解説&比較

スポンサーリンク

「セダン」という名前を聞いて、ある程度の年齢の方や車好きであれば、すぐに車の形状が思い浮かぶと思います。

しかし、中にはセダンって何?どんな車?という方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなセダンについて紹介させていただきたいと思います。

セダンがよくわからないとか興味があるという方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

セダンってどんな車?

セダンとは、前向き二列の座席を持った箱型の乗用車のことです。乗車人数は5人が基本ですが、4人乗りや6人乗りのタイプもあります。

セダンは、昔から存在する車で最もスタンダードなモデルだといえます。

 

バブル期ごろまではとても人気のある車でしたが、現在ではミニバンやSUVといった新しいジャンルの車が登場したことによって、地位は一気に代わってしまいました。

しかし、現在でも高級車に使われているほか、タクシーや教習車にも使われています。

セダンの名称の由来

17世紀頃に南イタリアより広まった、椅子かごの「セダンチェア」が起源といわれています。

また、ラテン語のsedeo「腰かける」が語源とされています。つまり、セダンという名称はそこから始まったのです。

セダンは各国で呼び方が違う

セダンという名は、各国において共通ではありません。セダンは、各国で呼び方が違っているのですが、以下のようになっています。

  • イギリス…サルーン
  • ドイツ…リムジーネ
  • フランス…ベルリネール(ベルリネット)
  • イタリア…ベルリーナ(ベルリネッタ)、クワトロポルテ、クラシック(一部地域)
  • 日本、アメリカ…セダン

つまり、日本とアメリカではセダンという名称で親しまれていますが、他の国では通用しないということになります。

また、サルーンという名は日本の各メーカーが上級グレードに対して用いたために、日本ではサルーンという名前に高級感のイメージを持っています。

スポンサーリンク

いま新車で買えるオススメの車種をご紹介

セダンのことはこれまでにご紹介しましたが、これからはいま新車で買えるオススメ車種を紹介させていただきます。

●トヨタ・クラウン

新車価格:381.2万円~545.9万円
燃費(JC08モード):10.2~23.2km/L

日本では、王冠のエンブレムが特徴的な高級車として認知されているクラウン。日本に最適な高級車として開発されているだけあって、工芸品のような趣と最新鋭の装備のコントラストが特徴的です。日本人が思い浮かべるセダンの代表的存在ともいえます。

●レクサス・IS

新車価格:470.0万円~638.5万円
燃費(JC08モード):10.0~23.2km/L

トヨタ自動車が、高級車ブランドとして展開している「レクサス」から発売されるセダンです。かつて日本国内では、トヨタより「アルテッツァ」として販売されていました。ヨーロッパやアメリカなどの海外でも人気の高いモデルとなっています。

●日産・ティアナ

新車価格:256.3万円~351.3万円
燃費(JC08モード):

ティアナは、日産のグローバル戦略車として発売されていて、世界各国で年間60万台を販売しています。初代モデルから一貫して「モダンリビング」をコンセプトにしているだけあって、快適な空間はもちろん走ることに対する快適性も高いモデルといえます。

●ホンダ・アコード(ハイブリッド)

新車価格:385.0万円~410.0万円
燃費(JC08モード):30.0~31.6km/L

ホンダから発売されているミドルサイズのセダンです。2007年に生産を一度終了しましたが、北米向けモデルをベースに2013年よりハイブリッドモデル(電気自動車モデルと一緒に)として復活しました。

●マツダ・アクセラセダン

新車価格:176.0万円~331.0万円
燃費(JC08モード):11.2~30.8km/L

アクセラセダンは、ヨーロッパなどで発売されているグローバル戦略車です。近年の日本においては、教習車として約3分の1のシェアを誇っています。マツダ独自の「スカイアクティブ」といったテクノロジーや、デザインコンセプトの「鼓動」が採用されています。

●スバル・インプレッサG4

新車価格:155.0万円~245.0万円
燃費(JC08モード):15.4~18.2km/L

スバルのグローバル戦略車で、レガシィの下位モデルという位置づけとなるモデルです。最新モデルでは、スバルの新世代プラットフォームが使われていて、安全性や質感が向上しています。

●メルセデス・ベンツCクラス

新車価格:339.0万円~880.0万円
燃費(JC08モード):12.0~20.3km/L

日本においても、高級車メーカーとして有名なメルセデス・ベンツが製造する乗用車です。快適な乗り心地と安全装備が充実していて、最小回転半径が小さいということが大きな特徴です。現行モデルは、世界カー・オブ・ザ・イヤーなどの栄誉ある賞を受賞しています。

●BMW・3シリーズ

新車価格:409.0万円~835.0万円
燃費(JC08モード):9.9km~21.4km/L

3シリーズは、BMWが製造している高級ミドルセダンです。メルセデス・ベンツCクラスとライバル関係にある車で、アメリカにおいてはスモールセダンのベストセラーモデルとなっています。

●AUDI・A4

新車価格:447.0万円~597.0万円
燃費(JC08モード):13.6~18.4km/L

A4は、アウディから発売されているミドルサイズのセダンです。アウディの中核を担うモデルで、これまでに1200万台を販売してきました。アウディ独自の安全システムである「アウディプレゼンス」が投入されていることが特徴です。

●ジャガー・XE

新車価格:439.0万円~809.0万円
燃費(JC08モード):10.4~17.1km/L

プレミア自動車メーカー、ジャガーから発売されているミドルサイズのセダンです。新開発のアルミニウムアーキテクチャがボディの大部分に採用されていて、高いねじれ剛性や軽量化のほか、高い安全性が実現しています。

■まとめ

「セダンは2017年も人気?かっこいいシブいおすすめの車種紹介!」はいかがでしたか?

現在、セダンの人気は衰えているものの、快適な乗り心地や高級感では一歩先を行っているといっても過言ではありません。

また、魅力的なモデルはたくさんあります。
セダンに気になるモデルがあるという方は、ディーラーで試乗してみてはいかがでしょうか

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

セダンは2017年も人気?かっこいいシブいおすすめの車種紹介!

お役立ち情報 車おもしろ情報・動画 車解説&比較

スポンサーリンク

「セダン」という名前を聞いて、ある程度の年齢の方や車好きであれば、すぐに車の形状が思い浮かぶと思います。

しかし、中にはセダンって何?どんな車?という方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなセダンについて紹介させていただきたいと思います。

セダンがよくわからないとか興味があるという方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

セダンってどんな車?

セダンとは、前向き二列の座席を持った箱型の乗用車のことです。乗車人数は5人が基本ですが、4人乗りや6人乗りのタイプもあります。

セダンは、昔から存在する車で最もスタンダードなモデルだといえます。

 

バブル期ごろまではとても人気のある車でしたが、現在ではミニバンやSUVといった新しいジャンルの車が登場したことによって、地位は一気に代わってしまいました。

しかし、現在でも高級車に使われているほか、タクシーや教習車にも使われています。

セダンの名称の由来

17世紀頃に南イタリアより広まった、椅子かごの「セダンチェア」が起源といわれています。

また、ラテン語のsedeo「腰かける」が語源とされています。つまり、セダンという名称はそこから始まったのです。

セダンは各国で呼び方が違う

セダンという名は、各国において共通ではありません。セダンは、各国で呼び方が違っているのですが、以下のようになっています。

  • イギリス…サルーン
  • ドイツ…リムジーネ
  • フランス…ベルリネール(ベルリネット)
  • イタリア…ベルリーナ(ベルリネッタ)、クワトロポルテ、クラシック(一部地域)
  • 日本、アメリカ…セダン

つまり、日本とアメリカではセダンという名称で親しまれていますが、他の国では通用しないということになります。

また、サルーンという名は日本の各メーカーが上級グレードに対して用いたために、日本ではサルーンという名前に高級感のイメージを持っています。

スポンサーリンク

いま新車で買えるオススメの車種をご紹介

セダンのことはこれまでにご紹介しましたが、これからはいま新車で買えるオススメ車種を紹介させていただきます。

●トヨタ・クラウン

新車価格:381.2万円~545.9万円
燃費(JC08モード):10.2~23.2km/L

日本では、王冠のエンブレムが特徴的な高級車として認知されているクラウン。日本に最適な高級車として開発されているだけあって、工芸品のような趣と最新鋭の装備のコントラストが特徴的です。日本人が思い浮かべるセダンの代表的存在ともいえます。

●レクサス・IS

新車価格:470.0万円~638.5万円
燃費(JC08モード):10.0~23.2km/L

トヨタ自動車が、高級車ブランドとして展開している「レクサス」から発売されるセダンです。かつて日本国内では、トヨタより「アルテッツァ」として販売されていました。ヨーロッパやアメリカなどの海外でも人気の高いモデルとなっています。

●日産・ティアナ

新車価格:256.3万円~351.3万円
燃費(JC08モード):

ティアナは、日産のグローバル戦略車として発売されていて、世界各国で年間60万台を販売しています。初代モデルから一貫して「モダンリビング」をコンセプトにしているだけあって、快適な空間はもちろん走ることに対する快適性も高いモデルといえます。

●ホンダ・アコード(ハイブリッド)

新車価格:385.0万円~410.0万円
燃費(JC08モード):30.0~31.6km/L

ホンダから発売されているミドルサイズのセダンです。2007年に生産を一度終了しましたが、北米向けモデルをベースに2013年よりハイブリッドモデル(電気自動車モデルと一緒に)として復活しました。

●マツダ・アクセラセダン

新車価格:176.0万円~331.0万円
燃費(JC08モード):11.2~30.8km/L

アクセラセダンは、ヨーロッパなどで発売されているグローバル戦略車です。近年の日本においては、教習車として約3分の1のシェアを誇っています。マツダ独自の「スカイアクティブ」といったテクノロジーや、デザインコンセプトの「鼓動」が採用されています。

●スバル・インプレッサG4

新車価格:155.0万円~245.0万円
燃費(JC08モード):15.4~18.2km/L

スバルのグローバル戦略車で、レガシィの下位モデルという位置づけとなるモデルです。最新モデルでは、スバルの新世代プラットフォームが使われていて、安全性や質感が向上しています。

●メルセデス・ベンツCクラス

新車価格:339.0万円~880.0万円
燃費(JC08モード):12.0~20.3km/L

日本においても、高級車メーカーとして有名なメルセデス・ベンツが製造する乗用車です。快適な乗り心地と安全装備が充実していて、最小回転半径が小さいということが大きな特徴です。現行モデルは、世界カー・オブ・ザ・イヤーなどの栄誉ある賞を受賞しています。

●BMW・3シリーズ

新車価格:409.0万円~835.0万円
燃費(JC08モード):9.9km~21.4km/L

3シリーズは、BMWが製造している高級ミドルセダンです。メルセデス・ベンツCクラスとライバル関係にある車で、アメリカにおいてはスモールセダンのベストセラーモデルとなっています。

●AUDI・A4

新車価格:447.0万円~597.0万円
燃費(JC08モード):13.6~18.4km/L

A4は、アウディから発売されているミドルサイズのセダンです。アウディの中核を担うモデルで、これまでに1200万台を販売してきました。アウディ独自の安全システムである「アウディプレゼンス」が投入されていることが特徴です。

●ジャガー・XE

新車価格:439.0万円~809.0万円
燃費(JC08モード):10.4~17.1km/L

プレミア自動車メーカー、ジャガーから発売されているミドルサイズのセダンです。新開発のアルミニウムアーキテクチャがボディの大部分に採用されていて、高いねじれ剛性や軽量化のほか、高い安全性が実現しています。

■まとめ

「セダンは2017年も人気?かっこいいシブいおすすめの車種紹介!」はいかがでしたか?

現在、セダンの人気は衰えているものの、快適な乗り心地や高級感では一歩先を行っているといっても過言ではありません。

また、魅力的なモデルはたくさんあります。
セダンに気になるモデルがあるという方は、ディーラーで試乗してみてはいかがでしょうか

コメントをどうぞ