パワーウエイトレシオの意味は?加速が速い車は何がある?

お役立ち情報 車おもしろ情報・動画 車解説&比較

スポンサーリンク

自動車雑誌や車系の番組などでよく出ててくる「パワーウエイトレシオ」ってどんな意味なのか知っていますか?

よくパワーウエイトレシオがいいと加速性能が速いなどとされていますね。

カタログなどで馬力や最大トルクが記載されていますが、このパワーウエイトレシオについて記載がある車種は少ないと思います。

筆者はカタログで書いてあるものを見たことがありません。

今回は馬力が高いクルマは速いってわけではないことを説明していきたいと思います♪

パワーウエイトレシオの意味は?

簡単に説明すると、1馬力あたりに車両重量を割ったものになります。

200馬力で車両重量1000kgの場合は、200÷1000kg=5kg/馬力といった感じになります。

この車の場合は、1馬力に対して5キロの負担がかかる計算です。

この数字が低ければ低いほど車の加速性能は高いと考えてもって大丈夫です!

駆動方式などでも若干加速性能は違ってきますが、車の加速性能を簡単に知りたい場合は、馬力÷車両重量で簡単に調べられます。

実際にパワーウエイトレシオを比較してみる

スズキ アルトワークス

  • 最大出力:64PS
  • 車両重量:670kg
  • パワーウエイトレシオ:10.4/馬力

 

トヨタ ヴェルファイア

  • 最大出力:182PS
  • 車両重量:1990kg
  • パワーウエイトレシオ:10.9/馬力

 

アルトワークスとヴェルファイアでは馬力が倍以上違いますが、車両重量はアルトワークスの方が圧倒的に軽いです。

そのためパワーウエイトレシオで比較するとアルトワークスの方が優れている計算になります。

加速が速い車は何がある?

普通の車は0-100の加速時間は約10秒台が多いです。

0-100加速が7秒になってくると不満のない動力性能を発揮しています。

5秒台では国内では必要以上の加速性能で気をつけないと簡単に速度違反に・・・

4秒台は大排気量セダンやスポーツカーなどが多いです。
加速性能だけではなく曲がる止まるも高性能です!

3秒台は1000万円オーバーの車に多く見られ、慣れていない人では怖くてアクセル全開は難しいでしょう

2秒台はスーパーカーと呼ばれる車が達成できる数値で、100キロはもはや通過地点にしかすぎません。
最高速度も300キロオーバーと国内では3割も力を発揮できないでしょう。

スポンサーリンク

10秒台

  • 新型プリウス

8秒台

  • IS300h Fスポーツ

  • グレイス ハイブリッド

7秒台

  • ヴェルファイア3.5L V6

 

  • アコードハイブリッド

  • IS200t

5秒台

  • インプレッサ WRX STI

4秒台

  • スカイライン 350GT ハイブリッド

  • RC-F

3秒台

  • AMG GT S

  • 911 GT3 RS

2秒台

  • GT-R ニスモ

  • ブガッティ シロン

  • アヴェンタドール

まとめ

「パワーウエイトレシオの意味は?加速が速い車は何がある?」は参考になりましたか?

通常であれば7秒台の加速性能があれば何の不満も出ないと思われます。

上記でパワーウエイトレシオ比較で登場したヴェルファイアも3.5L V6エンジン搭載モデルであれば7.8秒で100キロに到達します。

少し金額は高くなりますが、購入して後悔は加速の後悔はないと思われます。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

パワーウエイトレシオの意味は?加速が速い車は何がある?

お役立ち情報 車おもしろ情報・動画 車解説&比較

スポンサーリンク

自動車雑誌や車系の番組などでよく出ててくる「パワーウエイトレシオ」ってどんな意味なのか知っていますか?

よくパワーウエイトレシオがいいと加速性能が速いなどとされていますね。

カタログなどで馬力や最大トルクが記載されていますが、このパワーウエイトレシオについて記載がある車種は少ないと思います。

筆者はカタログで書いてあるものを見たことがありません。

今回は馬力が高いクルマは速いってわけではないことを説明していきたいと思います♪

パワーウエイトレシオの意味は?

簡単に説明すると、1馬力あたりに車両重量を割ったものになります。

200馬力で車両重量1000kgの場合は、200÷1000kg=5kg/馬力といった感じになります。

この車の場合は、1馬力に対して5キロの負担がかかる計算です。

この数字が低ければ低いほど車の加速性能は高いと考えてもって大丈夫です!

駆動方式などでも若干加速性能は違ってきますが、車の加速性能を簡単に知りたい場合は、馬力÷車両重量で簡単に調べられます。

実際にパワーウエイトレシオを比較してみる

スズキ アルトワークス

  • 最大出力:64PS
  • 車両重量:670kg
  • パワーウエイトレシオ:10.4/馬力

 

トヨタ ヴェルファイア

  • 最大出力:182PS
  • 車両重量:1990kg
  • パワーウエイトレシオ:10.9/馬力

 

アルトワークスとヴェルファイアでは馬力が倍以上違いますが、車両重量はアルトワークスの方が圧倒的に軽いです。

そのためパワーウエイトレシオで比較するとアルトワークスの方が優れている計算になります。

加速が速い車は何がある?

普通の車は0-100の加速時間は約10秒台が多いです。

0-100加速が7秒になってくると不満のない動力性能を発揮しています。

5秒台では国内では必要以上の加速性能で気をつけないと簡単に速度違反に・・・

4秒台は大排気量セダンやスポーツカーなどが多いです。
加速性能だけではなく曲がる止まるも高性能です!

3秒台は1000万円オーバーの車に多く見られ、慣れていない人では怖くてアクセル全開は難しいでしょう

2秒台はスーパーカーと呼ばれる車が達成できる数値で、100キロはもはや通過地点にしかすぎません。
最高速度も300キロオーバーと国内では3割も力を発揮できないでしょう。

スポンサーリンク

10秒台

  • 新型プリウス

8秒台

  • IS300h Fスポーツ

  • グレイス ハイブリッド

7秒台

  • ヴェルファイア3.5L V6

 

  • アコードハイブリッド

  • IS200t

5秒台

  • インプレッサ WRX STI

4秒台

  • スカイライン 350GT ハイブリッド

  • RC-F

3秒台

  • AMG GT S

  • 911 GT3 RS

2秒台

  • GT-R ニスモ

  • ブガッティ シロン

  • アヴェンタドール

まとめ

「パワーウエイトレシオの意味は?加速が速い車は何がある?」は参考になりましたか?

通常であれば7秒台の加速性能があれば何の不満も出ないと思われます。

上記でパワーウエイトレシオ比較で登場したヴェルファイアも3.5L V6エンジン搭載モデルであれば7.8秒で100キロに到達します。

少し金額は高くなりますが、購入して後悔は加速の後悔はないと思われます。

コメントをどうぞ