【2021年新型レクサスIS フルモデルチェンジ最新情報】搭載エンジン・安全装備・IS-F復活?現行モデルと比較

この記事は約4分で読めます。

2021年新型レクサスIS フルモデルチェンジ最新情報(安全装備)

 

現行ISはライバルと比較して安全装備で大きく劣っています

フルモデルチェンジで「次世代Lexus Safety System+(LSS+)」を採用

  • 歩行者検知機能付きプリクラッシュセーフティシステム

搭載されたセンサー類で前方の状況を検知して、万が一の事故が発生する恐れがある場合、ドライバーに警告または被害軽減のために自動ブレーキ制御を行います。

それによって衝突の回避または軽減となります

  • レーダークルーズコントロール

例えば100キロに設定した場合その速度内でブレーキ&アクセル制御を行い停止まで制御

渋滞時などでもドライバーの疲労の軽減に効果があります。

  • レーントレーシングアシスト

上記のオートクルーズ使用時に道路の中央を維持しやすいようにハンドルアシストしてくれます。

  • ロードサインアシスト

制限速度・一時停止など道路に設置されている標識をカメラが読み取ってディスプレイに表示してくれます。

  • 先行車発進告知機能

赤信号などで停止してる際に、青になって前方の車が発進しても自分が動かない場合はドライバーに知らせてくれる

  • アダプティブハイビームシステム(AHS)

 

今現在のISはライバルと比較して電動パーキング・アダプティブハイビームシステム・車線キープなど採用されておらず出遅れています・・・・

今回のフルモデルチェンジではやっと最新の機能が用意されます

 

特に電動パーキングは600万台の高級車なのに足踏み式を採用しています

オーナーにとっては最大の不満なのでは?

 

BMW・メルセデス・アウディにも装備で負けているのですが、同じグループのトヨタ車にすら先進装備が劣っている状態となっています

現行モデルと新型IS比較すると?

  • ハイブリッドはダイナミックフォースエンジンと組み合わせたもの採用
  • ボディサイズは大きく変更なし
  • 新プラットフォーム採用
  • IS-F復活
  • Fスポーツ以上Fモデル未満のグレード設定の可能性
  • エクステリアは引き続きスピンドルデザイン採用
  • 電動パーキングはじめ最新の安全運転支援システム採用

GSの販売中止がささやかれておりESが代替えとも言われていますが、やはりFRセダンの需要もありますのでISがその受け皿となる

インテリア質感向上などGSから流れてくるお客をつかめるかどうか気になる所ですね。

 

2021年新型レクサスIS フルモデルチェンジで完全EV車設定か?

 

新型ISでは完全EVモデルの設定があると情報があります。

海外でFFシャーシのESを使ってテストしているのが目撃されている

 

リアドアとトランクが切り詰められておりサイズ的に新型ISの可能性が高いとのこと!

このテストカーにはエンジンが搭載されておらず完全EVのようです。

 

まだこの情報は未確定となっているが新型ISは

  • TNGAプラットフォーム採用なし

驚きの情報となっているが新型ISでは先進国でのセダン需要低下などの理由で、現在のプラットフォームを改良してコスト削減を図るとあります。

しかしながらTNGAのアップデートなしは現時点では管理人は考えにくいと思っています。

 

FRセダンらしくモーターは後輪に!

搭載されるモーターは後輪駆動となりFRらしい走りが期待できる

リアシートしたに配置されるリチウムイオン電池が低重心化に貢献して吸いつくようなハンドリングを実現

 

まとめ

「【2021年新型レクサスIS フルモデルチェンジ最新情報】搭載エンジン・安全装備・IS-F復活?現行モデルと比較」は参考になりましたか?

個人的にはIS-Fの復活が楽しみです。

 

フルモデルチェンジで安全装備アップデートでライバル車にやっと追いつく形です。

搭載されるエンジンも注目するポイントですね。

 

完全EVモデルの設定情報も出てきており販売されたならライバルとの差別化でアピールできます。

まだまだ情報が少ない新型ISですので、最新情報が入り次第お伝えします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました