【2021年新型レクサスIS フルモデルチェンジ最新情報】搭載エンジン・安全装備・IS-F復活?現行モデルと比較

この記事は約3分で読めます。

 

2021年新型レクサスIS フルモデルチェンジ最新情報(搭載エンジン)

新型ISフルモデルチェンジ

 

現在に情報では搭載されるエンジンは以下のラインナップになる可能性があります。

レクサスESから搭載が始まった2.5Lダイナミックフォースエンジンと現行モデルの2.0Lターボ

直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」エンジン+モーターハイブリッド

  • 最高出力:176ps/5700rpm
  • 最大トルク:22.4kgm/3600-5200rpm
  • モーター最高出力:143ps
  • モーター最大トルク:27.5kgm
  • システム最大出力:211ps

直列エンジン4気筒 2.0Lターボ

  • 最高出力:245PS/5,800rpm
  • 最大トルク:35.7kgfm/1,650-4,400rpm

ターボエンジンは新開発の物が搭載される?

いくつかの雑誌や情報では新開発2.4L直4ターボエンジンが搭載されるとあります。

予想最高出力322psを発揮して現行IS350に搭載されているV型エンジン6気筒3.5Lの馬力&トルクを上回る!

 

IS350に搭載されているV6エンジンは新型ISフルモデルチェンジで消滅してしまう。

マークXもそうですが現行モデルが最後の自然吸気V6エンジンを搭載したモデルとなるでしょう。

 

今後大排気量NA搭載は消滅していくでしょう・・・

この2.4Lターボエンジンは、次期アルヴェルにも搭載が噂されているエンジンで、やはりV6エンジンはますます貴重なエンジンとなっていくでしょう。

2021年新型レクサスIS フルモデルチェンジでIS-F復活か!?

先代モデルでは5.0L V8エンジンを搭載した「IS-F」が設定されていましたが、現在ではISのクーペバージョンであるRCに設定されています。

フルモデルチェンジでは待望のIS-F復活の情報が出てきています。

 

現在Fモデルが搭載する5.0L V8エンジンはスペックは申し分ないが、環境性能を考慮すると廃止となる

そこで新型IS-Fが搭載する予定のエンジンは2つ存在している

 

3.5L V6ツインターボエンジン

  • 最高出力:450PS以上
  • 最大トルク:65kgm以上
  • トランスミッション:10速AT

新型LSに搭載されているエンジンをFモデル用にチューニングされたものだ。

 

BMW製 3.0L直6エンジン

  • 最高出力:340PS
  • 最大トルク:51kgm
  • トランスミッション:8速AT

新型スープラより搭載されるBMW製 直6エンジンの可能性もでてきています。

ただFを名乗るモデルですので、パワー不足は否めません

 

そのことから直6搭載モデルはFスポーツとFモデルの中間グレードを新たに用意される

BMWもMモデルと中間グレードで「Mパフォーマンス」を設定

 

ベンツもC63との中間グレードc53を設定していますね。

V8ツインターボ

LC-FやLS-Fに搭載される可能性があるV8ツインターボエンジンは600PSを発揮すると言われています。

このエンジンはコスト面の問題でIS-F搭載は難しいと情報が入っています。

 

また搭載されたとしても600PSは発揮せず、出力が抑えられて500PS前後となる情報もあります。

これはボディサイズなどを考慮しての事です。

 

エクステリアはこれまでどおりスピンドルデザイン採用

 

新型ISでも変わらずスピンドルデザインが採用される

レクサスを象徴するデザインなので一目でレクサスとわかる

 

見た目的には大きく変わることはなく正常進化といえるエクステリアになる

細かいデザインなどLSやESの流れをとりいれてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました