2020年新型ノート フルモデルチェンジ!エンジン・装備・価格は?

2020年新型ノート フルモデルチェンジ!エンジン・装備・価格は?

日産が販売するコンパクトカー「ノート」が2020年頃を目安にフルモデルチェンジされる予定となっています。

今現在販売されているノートの登場は2012年とかなりの年数が経過しています。

 

しかしマイナーチェンジで追加されたe-powerによって人気車種となりました!

新型ノートの自動運転技術とe-powerを強化して、フルモデルチェンジされる予定となっているので、今回はそんな新型ノートに搭載されるエンジン装備価格についてまとめてみました

 

新型ノート フルモデルチェンジ(エンジン)

 

ラインナップは現行モデルと変更はなく、ガソリンエンジンは改良され動力性能・燃費性能が向上されます。

e-powerについては現行モデルよりも発電性能、モーター性能が向上される予定となっています。

 

 

e-powerのスペックは?

ノートフルモデルチェンジではモーター性能が向上される予定となっており、セレナe-powerと同レベルまで引き上げられると予想されます

 

  • エンジン 1.2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57
  • モーター最高出力 100kW(136ps)
  • モーター最大トルク 320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm
  • 最高出力 62Kw(84ps)/6000rpm
  • 最大トルク 103Nm(10.5kgm)/3200-5200rpm

 

この出力はノートe-Power NISMO Sの同じとなっており新型ノートではキビキビ走れるでしょう!

燃費は?

今現在の情報によると新型ノート フルモデルチェンジではJC08燃費40km/Lを目指して開発が進んでいるようです。

このJC08燃費40km/Lを達成すれば、より魅力的な車になるに違いないです!

新型ノート フルモデルチェンジではニスモも!

 

新型ノートフルモデルチェンジでは現行モデルと同じよう、NISMO がラインナップされる予定となっています

発売日と同時設定かはまだ不明だが、NISMOも人気車種となっているので設定は間違いないでしょう

 

●NISMO専用エンブレム(フロント/リヤ)専用フロントバンパー
●YOKOHAMA DNA S.driveタイヤ&16インチアルミホイール
●専用エキゾーストテールエンド(テール径:Φ85)
●専用アルミ製アクセル・ブレーキペダル
●専用アルミ製フットレスト(nismoロゴ入り)
●専用チューニングコンピューター(VCM)

●専用サスペンション
●専用フロント強化スタビライザー
●専用ボディ補強(フロントクロスバー/フロントサスペンションメンバーステー(トンネルステー)/トンネルステー/リヤサスペンションメンバーステー/リヤクロスバー)
●専用車速感応式電動パワーステアリング
●e-POWER専用ファインビジョンメーター(nismoロゴ入り)
●専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)&ドアトリムクロス

 

現行同様上記の専用パーツで特別なノート演出してくれます。

e-PowerとNISMOの組み合わせ相性がよく、モーター特性も相まってとても楽しい車に仕上がっている!

 

新型ノート フルモデルチェンジ(エクステリア)

 

新型ノートでは日産の共通デザインである V モーションが採用されます

今現在トヨタホンダマツダスバルなど、各社一目でどこのメーカーが分かるような共通デザインを、採用しているのが特徴となっています

 

しかし各メーカーとも似たり寄ったりなデザインとなっているので、その共通デザインの中でどのような特徴を出すのか楽しみです

 

スライドドア採用!?

新型ノートフルモデルチェンジを取り巻く情報の中では、新型ノートがスライドドアを採用する可能性があるとの情報もあります

しかしこのスライドドア搭載の可能性は低く、今現在と同じように印字ドアを採用してくる予定となっています

 

スライドドア新型キューブフルモデルチェンジで、3列目ミニバンに進化する予定なのでそちらに任せる

新型ノートがスライドドアを採用は、ありえないと思っていただいて大丈夫です!

 

クロスオーバーは設定!

 

フルモデルチェンジされて現行ノートの インナップにある、クロスオーバーモデルが新型ノートになっても設定される予定です。

2019年10月にフルモデルチェンジされるフィットについても、クロスオーバーモデルを設定、世界的な SUV ブームに合わせたラインアップを展開していますね。

 

  • ダーククロムフロントグリル〈ノート シーギア専用〉
  • ダークメタリックフロントスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
  • フォグランプフィニッシャー(アクセントカラー)〈ノート シーギア専用〉
  • ルーフモール〈ノート シーギア専用〉
  • ダークメタリックサイドスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
  • ダークメタリックリヤスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
  • ダークメタリックホイールアーチガーニッシュ〈ノート シーギア専用〉
  • グロスブラック15インチアルミホイール&185/65R15 88Sタイヤ〈ノート シーギア専用〉
  • シートクロス〈ノート シーギア専用〉

現行モデル「シーギア」のように上記専用パーツを装備することでアウトドア感を演出してくれます。

新型ノートクロスオーバーでも上記のような装備が用意される予定です。

新型ノート フルモデルチェンジ(装備)

 

新型ノートフルモデルチェンジでは日産の、代表的なプロパイロットがついに搭載される予定となっています

自動ブレーキ・パーキングアシスト・デジタルインナーミラーなどの先進機能は搭載されていますが、やはり日産と言ったらプロパイロットといったイメージがありますので新型ノートでも搭載は確実だ

 

また搭載されるプロパイロットは、新型スカイラインより世界初採用 ハンズオフに対応した、プロパイロット2.0搭載の期待も高まります

  • 360度センシング
  • 3D高精度地図データ
  • インテリジェントインターフェース
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • ドライバーモニター

このような先進装備でハンズオフを可能にしています。

発売日や価格は?

今現在最有力候補なのが、2020年夏頃のフルモデルチェンジとなっています

まずは2019年東京モーターショーに、コンセプトモデルの出展が予想されます

販売価格については現行モデルより、プラス10万程度の上がるとの情報があります

そこまで大きな価格アップはなく、先進装備搭載など価格分以上の魅力があるのは間違いないですね

 

まとめ

「2020年新型ノート フルモデルチェンジ!エンジン・装備・価格は?」は参考になりましたか?

現行ノートは2012年に販売され2、019年現在で7年経過している基本設計の古いモデルとなっています

マイナーチェンジでe-Powerを採用することで、販売台数は大きく向上しましたが、やはり内装などに目を向けると古臭さが目につく

今回の新型ノートフルモデルチェンジによって、インテリアの質感向上が期待されます

コンパクトモデルで今現在インテリア質感が、最も高いといえるのがマツダ3となっており、それを超えるのは難しいかもしれませんが頑張ってもらいたいです!

 

新型ノートの最新情報が入り次第お伝えします。

 

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【レアな車両をチェック】ズバット車販売

新型車カテゴリの最新記事