2020年新型フェアレディZ フルモデルチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?

2020年新型フェアレディZ フルモデルチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?

フェアレディzが販売されて2019年で9年が経とうとしています

そんな結構フェアレディzにそろそろフルモデルチェンジとの噂が立っています

 

スカイラインクーペと兄弟車で、スカイラインクーペは日本に導入されていませんが、新型モデルが北米などで販売されています

今回はフルモデルチェンジされる新型フェアレディzについて、搭載されるエンジン・装備・価格などをまとめてみました

 

 

新型フェアレディZ フルモデルチェンジ(エンジン)

 

搭載されるエンジンは2種類用意され、エントリーモデルとハイパワーモデルを用意する予定となっています

ライバルである新型スープラも、2種類のエンジンを搭載し3グレード体系で販売をしている

 

エントリーモデル

搭載される予定の2.0Lエンジンは何種類か候補があり、ダイムラー製2リッターターボや可変圧縮比エンジンVCターボなどです!

↓ダイムラー製2.0Lエンジン

  • 直4・2.0L直噴ターボ
  • 最高出力は211ps/5500rpm
  • 最大トルク35.7kg-m

↓可変圧縮比エンジンVCターボ

  • 直列4気筒 2.0L ガソリンターボエンジン
  • 最高出力:270ps
  • 最大トルク:39.8kgm

 

ハイパワーモデル

モデルに搭載されるエンジンは新開発ターボユニットで、新型タービンスピードセンサー・インタークーラー・電動アクチュエーター

これらを採用することで、レスポンス・燃費性能を従来のエンジンより向上させることを可能になった

  • VR30型V6ツインターボエンジン
  • 最高出力 304ps/6400rpm
  • 最大トルク40.7kg-m/

こちらも二種類用意されて400PSオーバーも用意される

 

  • VR30型V6ツインターボエンジン
  • 最高出力 405s/6400rpm
  • 最大トルク48.4kg-m/

ともに同じエンジンだが最高出力がことなり、ハイパワーモデルは405PS一本なのか現在不明となっています!

ハイブリッドモデルも用意?

新型フェアレディz フルモデルチェンジでは、以前噂されでレンジエクステンダー EV が搭載されるとなっていました

しかしレンジエクステンダーEVの搭載計画はなくなり、代わりに新型フェアレディ Z ではマイルドハイブリッドが採用される見込みです

 

 

このマイルドハイブリッドは、常時アシストするようなものではなく、停止状態から発進する際にモーターアシストすることで加速をサポートしてくれます

燃費性能向上にも役立ち街乗りでも、現行フェアレディzを凌ぐ燃費性能が期待されます

トランスミッション

搭載されるトランスミッションは、オートマとマニュアルの2種類が用意される予定となっています

  • 7速AT
  • 6速MT

新型スープラはATモデルのみとなっていますが、新型フェアレディZは今現在AT・MTを用意する予定です

 

 

さすペンションは現在の情報では、フロントダブルウィッシュボーン・リアがマルチリンク

駆動方式はFRとなります!

 

新型車らしく走行モードを切り替えることができる

  • エコ
  • ノーマル
  • スポーツ
  • スポーツ+
  • カスタム

走行モードによって、電子サスペンションやダイレクトアダプティブステアリングなどの、設定も変更され走りに合わせたチューニングがされる予定です

 

 

ニスモ仕様は過激に!?

 

新型フェアレディZに当然用意されるニスモ仕様では、かなり過激なスペックになる可能性があります!

F1ハイブリッド採用したインフィニティ「ブラックS」の技術が搭載されるかもしれません

 

搭載エンジンはVR30型V6ツインターボこそ変更はありません

  • エネルギー回収システム「ERS」
  • 3モーター発電機ユニット(MGU)

 

デュアルハイブリッド電動パワートレイン技術によってなんと

  • 最高出力:571PS
  • 0~100km/h加速4.0秒以下

ベンツAMGやBMWのMに匹敵するパフォーマンスを手に入れている

 

新型フェアレディZニスモにもこの過激なエンジンやシステムが採用されたら楽しいですね♪

 

新型フェアレディZ フルモデルチェンジ(エクステリア)

 

 

新型フェアレディz では日産が発表した、コンセプトモデルのV モーション2.0デザインをもとに設計される

V モーション2.0の特徴としては、日産がグローバル展開する V モーションデザインを大きくアピールしている点です

 

現行モデルより全長・全幅を伸ばして、ボディサイズを大きくし剛性・安全性能を向上させる予定です

  • 全長 4,520mm
  • 全幅 1,890mm
  • 全高 1,300mm
  • ホイールベース 2,550mm

ボディサイズが大きくなるのですが、ホイールベースは現行モデルよりも短縮され、旋回性能が向上されます

 

先進装備も用意

日産自慢のプロパイロット搭載の可能性も考えられます!

スカイラインより初搭載「プロパイロット2.0」

  • 360度センシング
  • 3D高精度地図データ
  • インテリジェントインターフェース
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • ドライバーモニター

これらの機能で高速道路ハンズオフを可能にしています

 

国産で一番自動運転技術が進んでいるのは間違いなく日産です!

 

 

新型フェアレディZ フルモデルチェンジ(価格)

  • エントリーモデル:400~500万スタート
  • ハイパワーモデル:600~700万スタート

ライバルである新型スープラと価格帯ぶつけてくると予想できますね

 

発売日は最速で2020年頃で有力は2022年となると情報があります

東京モーターショー2019年で何らかのコンセプトモデル発表してほしいところです!

 

まとめ

「2020年新型フェアレディZ フルモデルチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?」は参考になりましたか?

新型スープラ復活に続いて新型フェアレディZも販売してほしいところです

 

2017年には新型フェアレディZの、開発OKサインが出ているとのことですので開発は進められています。

また最新情報が入ったらすぐにお伝えします!

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【レアな車両をチェック】ズバット車販売

新型車カテゴリの最新記事