【2021年 新型Tjクルーザー 最新情報】搭載エンジン・装備・発売日・価格は?

【2021年 新型Tjクルーザー 最新情報】搭載エンジン・装備・発売日・価格は?

 

近年のSUVブームはいまだに途切れることなく各メーカー売り上げが順調となっています

各メーカー次々と新型車を投入してきており、トヨタからもCセグメントSUVが2021年にも新発売される予定だ

 

その新SUVは東京モーターショーにも出展され話題を呼んだ「Tjクルーザー」となります

クロスオーバーSUV「C-HR」や「RAV4」の中間に位置する車として投入される予定

 

今回はそんな新型Tjクルーザーの最新情報をまとめてみました。

 

 

2021年 新型Tjクルーザー 最新情報(搭載エンジン)

Tjクルーザー搭載エンジン

 

搭載されるエンジンラインアップは2種類でガソリンとハイブリッドが用意されます

このエンジンはRAV4やUXにも搭載されている「ダイナミックフォースエンジン」

 

2.0Lダイナミックフォースエンジン

  • 最高出力:171PS/6,600
  • 最大トルク:21.1kgf・m/4,800

従来の2.0Lエンジンよりも出力・トルクを上回りながらもルチホールの直噴インジェクタやロングストローク化や、VVT-iEを採用してレスポンスや燃費性能を向上させたエンジンとなっています

 

 

組み合わされるトランスミッションは「Direct Shift-CVT(ギヤ機構付自動無段変速機+10速シーケンシャルシフトマチック)」となっています。

発進用のギアを用意することで力強いスタートは勿論伝達率もアップしているので燃費向上のメリットも!

またマニュアル感覚も楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックもポイントです

 

2.0Lハイブリッド

  • 最高出力:約143PS/6,000
  • 最大トルク:180Nm/4,400
  • トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
  • モーター最高出力:109PS
  • モーター最大トルク:20.6kgf・m

RAV4では2.5Lハイブリッドが搭載されていますが、新型Tjクルーザーは2.0Lハイブリッドを搭載する予定です。

 

「先読み減速支援」と「先読みSOC (State Of Charge) 制御」で燃費性能向上

日々の運転履歴を蓄積することでアクセルオフした際に従来よりも多くの充電が出来るように進化
下り坂SOC制御ではナビからの情報を元に長い下り坂では積極的にEV走行を行いバッテリー充電量を増加させます

渋滞SOC制御ではナビの渋滞情報を元に、渋滞に入る前にバッテリーを積極的に充電して渋滞中のEV走行時間を増やします

新型Tjクルーザーの燃費は?

  • 2.0Lガソリンモデル:16.0~18.0km/l
  • 2.0ハイブリッド:22.0~25.0km/

このような燃費性能となる予想です

 

軽量化された新プラットフォームや新エンジン・システムで燃費性能は良好

新型Tjクルーザーの走行性能は?

 

RAV4に採用されている世界初機構が組み込まれた「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が新型Tjクルーザーにも搭載されます

走行状況に応じて左右のトルクを制御する「トルクベクタリング機構」は高い旋回能力・悪路走破性能を実現

 

世界初となる機構は「ラチェット式ドグクラッチ」で2WD走行では、後輪に伝わる動力系を完全に停止するディスコネクト機構で従来よりも燃費損失分80%低減させました。

ハイブリッド4WD「E-Four」では従来よりも1.3倍トルク増大&走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を新たに採用

 

エンジン、トランスミッション、ブレーキ、4WDを同時制御するAWD Integrated Management(AIM)を採用

このシステムによってどんな路面状況でも最適な制御を行い走破性能を高めることが可能となっている

 

走行モード切替も搭載

RAV4のように状況に応じた走行モードが選択できる

  • MUD&SAND
  • NORMAL
  • ROCK&DIRT

AIMが駆動力、4WD、ブレーキを路面状況に合わせて総合制御することで安定した走行性能を実現

新型Tjクルーザーのエクステリアは?

Tjクルーザーエクステリア前Tjクルーザーエクステリア後ろ

Tjクルーザーエクステリア横

 

上記はコンセプトモデルとなっていますが、市販モデルは近い形を維持して販売される予定だ。

最近はマ売りデザインが多いですが新型ジムニーのように四角いデザインでの販売となるようです

 

スタイルと走りを重視したC-HRとは違って道具感あふれるエクステリアが魅力的な新型Tjクルーザー

商用車の積載性とSUVの力強さが融合したデザインですね

  • 参考ボディサイズ
  • 全長4300mm
  • 全幅1775mm
  • 全高1620mm
  • ホイールベース:2750mm

全幅が1800mm以内に収まってるのはかなりのポイントだ!

近年の車は1800mm超える物が多く、1800以内を欲しがるユーザーには嬉しい

 

また新型TjクルーザーはSUVとしては珍しいスライドドアを装備しているのは注目ポイントでしょう!

利便性は勿論、これまでSUVはスライドドアがないから買い控えていたファミリー層もターゲットとなります
市販モデルでの採用が決まれば話題になること間違いなしで売れる車となる

更に3列モデルの設定もあると情報があるのでミニバンユーザーを本気で引き込める車となりそうだ

 

インテリアは使い勝手を考えられた作り

Tjクルーザインテリア前Tjクルーザインテリア横

 

ホンダが販売したN-バンのようにフルフラットになるのが特徴です

C-HRやRAV4とはまったく違った設計で正に道具車といった使い勝手を実現しています

 

スノーボードやサーフボードなど長物も簡単に収納でき、汚れが付きにくい素材を採用します

また固定用のフックなども用意されておりバイクなども積載可能だ

2021年 新型Tjクルーザー 最新情報(安全装備)

 

安全装備は最新の「トヨタセーフティセンス」が搭載されます。

  • プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーントレーシングアシスト[LTA]

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

  • アダプティブハイビームシステム[AHS]/オートマチックハイビーム[AHB]

  • ロードサインアシスト[RSA]

  • 先行車発進告知機能[TMN]

その他安全装備

  • インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]
  • ドライブスタートコントロール
  • ブラインドスポットモニター[BSM]
  • デジタルインナーミラー
  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)+SRSニーエアバッグ(運転席)+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)+SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

 

上記の安全増備もオプション又はグレード別設定で用意されます

 

2021年 新型Tjクルーザー 最新情報(発売日と価格)

 

今現在の発売日は2020年後半~2021年にかけての販売が予定されているようです。

日本国内だけではなく北米もターゲット開発が進められている

 

販売価格は

  • ガソリンモデル:250万前後から
  • ハイブリッドモデル:300万前後から

このようになっており若干RAV4より安い価格設定になる予定

 

まとめ

「【2021年 新型Tjクルーザー 最新情報】搭載エンジン・装備・発売日・価格は?」は参考になりましたか?

スライドドアを採用したSUVとして他社からのミニバンユーザーも引き込める車に仕上がりそうです

 

大きすぎない車体に使い勝手がいいインテリアなど、購買欲をそそる車なので人気が出る事間違いなし

C-HRとRAV4の中間モデルで4WD性能も高くレジャーなどで活躍するでしょう

 

新型Tjクルーザーの最新情報が入ってきたらすぐにお伝えしますね!

 

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【レアな車両をチェック】ズバット車販売

新型車カテゴリの最新記事