2020年 新型ヴォクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!搭載エンジンや安全装備はどうなる?

2020年 新型ヴォクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!搭載エンジンや安全装備はどうなる?

 

ヴォクシー・ノアと言えば5ナンバーミニバンで売り上げトップを誇るミニバンです。

セレナ・ステップワゴンとともに5ナンバーでありながら、広い室内空間と使い勝手が自慢の車です。

 

上記で上げたライバルと比較すると設計・安全装備などが半周遅れとなっており、フルモデルチェンジが待たれる一台となっています。

今現在の予定としては2020年頃の販売を目指して開発中とのことですから、新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジの最新情報をまとめてみました。

  • 新エンジン
  • 安全機能パワーアップ
  • 乗り心地向上

などが予定されています!

 

 

2020年 新型ヴォクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!エンジンは?

現在ヴォクシー・ノアに設定されているラインナップは以下の通りです

  • 2.0L自然吸気エンジン
  • 1.8L+ハイブリッドシステム

 

新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジでもこのラインアップに変更はありませんが、新開発エンジンと新開発ハイブリッドシステムが搭載されて動力性能は勿論、燃費性能も向上されて発売されます。

ダイナミックフォースエンジンに注目!

搭載されるエンジンについてはカムリより搭載が始まった「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれるもので簡単に説明すると以下になります。

  • 熱効率ガソリン40%・HV専用41%
  • ガソリンエンジンの燃費:約20%向上・動力性能:約10%向上
  • ハイブリッドの燃費最大20パーセント向上・40キロ~70キロの中間加速10パーセントアップ

これまでのエンジンより効率が上がり燃費の向上しています。

 

レクサス新型UXよりダイナミックフォースエンジンの2.0Lバージョンが搭載スタートしました。

このエンジンを新型ヴォクシー・ノアでは2.0Lエンジンを搭載してきます。

 

ダイナミックフォースエンジン2.0Lのスペックとは?

  • 2.0Lダイナミックフォースエンジン
  • 最高出力:171PS/6,600rpm
  • 最大トルク:20.9kgm/4,800rpm

 

今現在搭載されている3ZR-FAEエンジンのスペックは

  • 最高出力:152ps/6200rpm
  • 最大トルク:19.7kgm/3800rpm

 

現行モデル比プラス19PS・1.2kgmとなっている。

  • 燃料噴射システム, D-4S
  • 電動ウォーターポンプ
  • 電動モーター制御VVT-iE

などの技術が採用され、始動後素早く機能するように後方排気方式にすることで触媒の温度を上げやすくしている。

 

新エンジンは馬力・トルク共に向上されているのが確認できます。

しかし出力・トルクともに発生回転数が上がっているので燃費悪くなる?と思われる方もいると思いますが心配無用です!

熱効率アップなどの技術に加えて新開発のトランスミッションに注目です!

 

新開発ダイレクトシフトCVT

 

新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジで採用するトランスミッションはCVTに変更はないのですが、このCVTが従来の物より力のロスが少ないものとなります。

 

  • 発進用ギア搭載

いままでのCVTは全域でベルト駆動でしたので発進時のダイレクト感に欠ける・効率が悪いなどの弱点がありました。

新開発のダイレクトシフトCVTは、発進時は搭載された発進用ギアを利用することで効率向上・ダイレクト感のある走りを実現しています。

 

この新開発CVTの採用によってエンジンの最高出力・トルク発生回転数は上がりましたが全域で合わすことなくパワーをしようできるので動力性能・燃費向上が可能となっています。

新型ヴォクシー・ノア  フルモデルチェンジではハイブリッドも進化

 

  • HV用ダイナミックフォース2.0Lエンジン
  • 最高出力:約143PS/6,000
  • 最大トルク:180Nm/4,400
  • トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
  • モーター最高出力:109PS
  • モーター最大トルク:20.6kgf・m

 

現在はプリウスの1.8Lハイブリッドシステムが採用されており、車両重量が重いミニバンには少し力不足な面がありました。

参考までにスペックをのせます。

  • エンジン最高出力:99PS
  • モーター最高出力:82PS

単純に合計181PSとなり、新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジで搭載する新ハイブリッドは約252PSと71PSものパワー向上となっています!

またシステム出力などだけではなく一時的にモーターパワー上げるや、ナビゲーションの情報を元に最適な充電制御を行うなど燃費性能でもパワーアップしています。

 

駆動用バッテリーはニッケルから変更はないものの、構造が見直されることでコンパクト化されセル数が168から180に増やされる

より積極的にモーターアシストを利用する事が可能となります。

 

現在ライバルであるステップワゴンハイブリッドの2モーター式ハイブリッドが動力性能で頭一つ出ていますが、新型ヴォクシー・ノアで搭載されるハイブリッドでいい勝負ができるでしょう。

 

2020年 新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジでエクステリアは?

エクステリアはキープコンセプトでヴェルファイア譲りの迫力のある二段ヘッドライトや大型グリルを採用してきます。

ノアもアルファードのように大型グリルで採用するがヴォクシーよりは落ち着いたデザインとなるでしょう。

 

シエンタのように奇抜なデザインではなく皆が想像するエクステリアとなり驚きはないでしょう。

 

価格帯的に難しいかもしれんせんが、マイナーチェンジ後のヴェル・アルのように2眼・3眼ヘッドライトの選択など出来ればユーザー側からすれば嬉しいです。

5ナンバーミニバンにも夜間安全走行のためにアダプティハイビームの搭載が望ましいです。

 

あと最近トヨタ・レクサスが採用を始めたシーケンシャルウィンカーも搭載されるでしょう。

  • 予想ボディサイズ
  • 全長:4695mm
  • 全幅:1695mm
  • 全高:1820mm

5ナンバーサイズのため現行とボディサイズに大きな変更はありません。

 

TNGAプラットフォーム採用

 

すでにトヨタ新型車にはお馴染みのTNGAプラットフォームが新型ヴォクシー・ノアにも与えられます。

ミニバン専用プラットフォームとしてアルファード・ヴェルファイアにも用いられます。

 

  • 前半分には実用化済のTNGA
  • 後ろ半分は専用設計のフラットフロアのコンポーネンツ

このTNGAは剛性がアップしているので、ミニバン特有の揺れやロールなども現行モデルと比べて良くなる。

また室内空間もこれまで以上に効率よく利用できるので、空間拡大も期待されます。

 

乗り心地だけではなく衝突安全性能も向上されるので、家族をのせる機会が多いミニバンですのでユーザーとして嬉しいですね。

室内はどのように進化する?

ヴェル・アルのように豪華絢爛な質感は期待できませんが、快適装備の充実などが図られます。

  • 二列目オットマン
  • シートベンチレーション

など上級モデルに採用されている機能が用意される可能性もあります。

 

今現在5ナンバーミニバンで2列目にオットマンが採用されている車はないので、アルヴェルのような豪華な座席を望んでるユーザーもいると思われます。

現在オプションで後付けオットマンは用意されていますが、標準装備となってほしいところです!

5人乗りモデルも登場か?

シエンタに設定されている5人乗り仕様が設定される可能性があります。

アウトドアなどで広大な荷室を利用するユーザーに需要があります。

 

フルモデルチェンジで安全装備大幅パワーアップ

 

現行モデルにもセーフティセンスが搭載されていますが、機能面ではライバルと比較して引き離されています。

2018年8月の時点では歩行者対応すらしていませんので、家族をのせる機会が多いので残念です・・・恐らくマイナーチェンジで歩行者対応にはしてくるはずです。

 

この新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジで確実に搭載してくる安全装備は「第二世代セーフティセンス」となります。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーントレーシングアシスト(LTA)(車種による)
  • レーンディパーチャーアラート
  • アダプティブハイビームシステム(車種による)
  • レーダークルーズコントロール
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • 先行者発進告知

 

まず大きな改良点は夜間歩行者・自転車運転手などが感知できるようになり万が一の事故を防いでくれる確率が向上しました。

 

またセレナのように高速道路などの半自動運転を可能にするレーントレーシングアシストや全車速レーダークルーズコントロールも注目と言えます。

このため新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジでは「電動パーキング」が採用されます。

「電動パーキングブレーキの意味やメリット・デメリット!搭載されてる車種は?」

 

この第二世代セーフティセンスによってライバルとそん色ない機能となります♪

コネクテッドカーも搭載

 

新型クラウン・カローラより本格的にサービスが開始された「コネクティッド」が搭載される見込みです

  • eケアサービス
  • オペレーターサービス
  • マップオンデマンド
  • ヘルプネット®(エアバッグ連動タイプ)
  • マイカーSecurity(リモート確認)
  • Lineマイカーアカウント

これらの機能が搭載されあDCM端末を通じて利用できるようになってます。

 

これまではレクサスを中心にサービスしていましたが、クラウン・カローラでは標準装備(3年無料)にするなどしてサービス拡大しています。

流れからすると新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジでも標準搭載となるでしょう。

 

新型ヴォクシー・ノアは一本化される?

兄貴分であるヴェルファイア・アルファードが新型では一本化されるように、新型ヴォクシー・ノアもフルモデルチェンジで一本化されるとの情報があります。

エアロモデルはヴォクシーで装備を充実させたグレードがノアといった感じになる。

 

今後は全販売チャンネルで全車種が購入できるようになるので、車種統合がどんどん行われていきます。

エスティマやマークXなどは統合されないで消滅との情報もありますので、今の多彩なラインナップは縮小されていくでしょう。

 

アルヴェルのフルモデルチェンジもこの一本化の影響で2022年頃に延ばされると情報が入ってきています。

全チャンネル販売に向けてユーザーにわかりやすく車種を絞られますね。

 

「【2022年次期新型アルファード、ヴェルファイアにフルモデルチェンジ】搭載エンジン・エクステリア・装備はどうなる?」

現行ヴォクシー・ノアと簡単に比較すると?

  • エンジンは新開発ダイナミックフォース搭載
  • ハイブリッドは2.0L+新THSとなり燃費・動力性能向上
  • 新トランスミッション搭載で発進加速や燃費向上
  • 第二世代セーフティセンス搭載で大幅に安全性・利便性向上
  • コネクティッド標準装備
  • エクステリアは基本キープコンセプト
  • ノア・ヴォクシー・エスクァイアなど一本化され全チャンネルで販売

価格や発売日は?

現状では確定情報はなく発売時期は2020年頃のフルモデルチェンジ予定となっています

価格については15万以上のアップも予想され商品力を相当高めてくる!

 

最近では5ナンバーミニバンでも400万の大台に乗るようになってきました

その分安全装備や先進装備が充実されているのですが、高い買い物ですので慎重に見極めたいですね

まとめ

「2020年 新型ヴォクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!搭載エンジンや安全装備はどうなる?」は参考になったでしょうか?

ここ最近のトヨタは新型車に力を入れて開発しているので、ライバルを凌駕する仕上がりを期待しちゃいます。

新エンジン・新トランスミッションなど走りの面でも期待できますので、発売されたら試乗に行きたいですね!

 

 

一本化される事でユーザーがどのような反応してくるのかも気になります。

安全装備・新プラットフォームで進化するヴォクシー&ノアの最新情報入ったらすぐにお伝えします

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」「クルマコネクト」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【電話で相談】ズバット車販売
【チャット相談】クルマコネクト

※クルマコネクトのページに行くと「今すぐサクッと相談」「じっくり相談」の2つがあります。すぐ売れてしまう人気車両や非公開車両を紹介してもらうには「じっくり相談」にしてください。「今すぐサクッと相談」は機械が自動的に答えるだけなので、非公開車両は紹介てもらえません。

新型車カテゴリの最新記事