2020年 新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!搭載エンジンや安全装備はどうなる?

新型車 車おもしろ情報・動画 車ニュース

ヴォクシー・ノアと言えば5ナンバーミニバンで売り上げトップを誇るミニバンです。

セレナ・ステップワゴンとともに5ナンバーでありながら、広い室内空間と使い勝手が自慢の車です。

 

上記で上げたライバルと比較すると設計・安全装備などが半周遅れとなっており、フルモデルチェンジが待たれる一台となっています。

今現在の予定としては2020年頃の販売を目指して開発中とのことですから、新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジの最新情報をまとめてみました。

  • 新エンジン
  • 安全機能パワーアップ
  • 乗り心地向上

などが予定されています!

スポンサーリンク

2020年 新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!エンジンは?

現在ヴォクシー・ノアに設定されているラインナップは以下の通りです

  • 2.0L自然吸気エンジン
  • 1.8L+ハイブリッドシステム

 

新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジでもこのラインアップに変更はありませんが、新開発エンジンと新開発ハイブリッドシステムが搭載されて動力性能は勿論、燃費性能も向上されて発売されます。

 

搭載されるエンジンについてはカムリより搭載が始まった「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれるもので簡単に説明すると以下になります。

  • 熱効率ガソリン40%・HV専用41%
  • ガソリンエンジンの燃費:約20%向上・動力性能:約10%向上
  • ハイブリッドの燃費最大20パーセント向上・40キロ~70キロの中間加速10パーセントアップ

これまでのエンジンより効率が上がり燃費の向上しています。

 

2018年現在では2.5L用しか市販モデルの搭載されていませんが、2.0Lも発表されており新型ヴォクシー・ノアでは2.0Lエンジンを搭載してきます。

ダイナミックフォースエンジン2.0Lのスペックとは?

  • 2.0Lダイナミックフォースエンジン
  • 最高出力:170PS/6,600rpm
  • 最大トルク:205Nm/4,800rpm

 

今現在搭載されている3ZR-FAEエンジンのスペックは

  • 最高出力:152ps/6200rpm
  • 最大トルク:193Nm/3800rpm

 

馬力・トルク共に向上されているのが確認できます。

しかし出力・トルクともに発生回転数が上がっているので燃費悪くなる?と思われる方もいると思いますが心配無用です!

熱効率アップなどの技術に加えて新開発のトランスミッションに注目です!

新開発ダイレクトシフトCVT

 

新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジで採用するトランスミッションはCVTに変更はないのですが、このCVTが従来の物より力のロスが少ないものとなります。

 

  • 発進用ギア搭載

いままでのCVTは全域でベルト駆動でしたので発進時のダイレクト感に欠ける・効率が悪いなどの弱点がありました。

新開発のダイレクトシフトCVTは、発進時は搭載された発進用ギアを利用することで効率向上・ダイレクト感のある走りを実現しています。

 

この新開発CVTの採用によってエンジンの最高出力・トルク発生回転数は上がりましたが全域で合わすことなくパワーをしようできるので動力性能・燃費向上が可能となっています。

新型ヴィクシー・ノア  フルモデルチェンジではハイブリッドも進化

 

  • HV用ダイナミックフォース2.0Lエンジン
  • 最高出力:約143PS/6,000
  • 最大トルク:180Nm/4,400
  • トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
  • モーター最高出力:109PS
  • モーター最大トルク:20.6kgf・m

 

現在はプリウスの1.8Lハイブリッドシステムが採用されており、車両重量が重いミニバンには少し力不足な面がありました。

参考までにスペックをのせます。

  • エンジン最高出力:99PS
  • モーター最高出力:82PS

単純に合計181PSとなり、新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジで搭載する新ハイブリッドは約252PSと71PSものパワー向上となっています!

 

またシステム出力などだけではなく一時的にモーターパワー上げるや、ナビゲーションの情報を元に最適な充電制御を行うなど燃費性能でもパワーアップしています。

 

2020年 新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジでエクステリアは?

エクステリアはキープコンセプトでヴェルファイア譲りの迫力のある二段ヘッドライトや大型グリルを採用してきます。

シエンタのように奇抜なデザインではなく皆が想像するエクステリアとなり驚きはないでしょう。

 

価格帯的に難しいかもしれんせんが、マイナーチェンジ後のヴェル・アルのように2眼・3眼ヘッドライトの選択など出来ればユーザー側からすれば嬉しいです。

5ナンバーミニバンにも夜間安全走行のためにアダプティハイビームの搭載が望ましいです。

 

あと最近トヨタ・レクサスが採用を始めたシーケンシャルウィンカーも搭載されるでしょう。

室内はどのように進化する?

ヴェル・アルのように豪華絢爛な質感は期待できませんが、快適装備の充実などが図られます。

  • 二列目オットマン
  • シートベンチレーション

など上級モデルに採用されている機能が用意される可能性もあります。

スポンサーリンク

フルモデルチェンジで安全装備大幅パワーアップ

 

現行モデルにもセーフティセンスが搭載されていますが、機能面ではライバルと比較して引き離されています。

2018年8月の時点では歩行者対応すらしていませんので、家族をのせる機会が多いので残念です・・・恐らくマイナーチェンジで歩行者対応にはしてくるはずです。

 

この新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジで確実に搭載してくる安全装備は「第二世代セーフティセンス」となります。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーントレーシングアシスト(LTA)(車種による)
  • レーンディパーチャーアラート
  • アダプティブハイビームシステム(車種による)
  • レーダークルーズコントロール
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • 先行者発進告知

 

まず大きな改良点は夜間歩行者・自転車運転手などが感知できるようになり万が一の事故を防いでくれる確率が向上しました。

 

またセレナのように高速道路などの半自動運転を可能にするレーントレーシングアシストや全車速レーダークルーズコントロールも注目と言えます。

このため新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジでは「電動パーキング」が採用されます。

「電動パーキングブレーキの意味やメリット・デメリット!搭載されてる車種は?」

 

この第二世代セーフティセンスによってライバルとそん色ない機能となります♪

コネクテッドカーも搭載

 

新型クラウン・カローラより本格的にサービスが開始された「コネクティッド」が搭載される見込みです

  • eケアサービス
  • オペレーターサービス
  • マップオンデマンド
  • ヘルプネット®(エアバッグ連動タイプ)
  • マイカーSecurity(リモート確認)
  • Lineマイカーアカウント

これらの機能が搭載されあDCM端末を通じて利用できるようになってます。

 

これまではレクサスを中心にサービスしていましたが、クラウン・カローラでは標準装備(3年無料)にするなどしてサービス拡大しています。

流れからすると新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジでも標準搭載となるでしょう。

 

現行ヴォクシー・ノアと簡単に比較すると?

  • エンジンは新開発ダイナミックフォース搭載
  • ハイブリッドは2.0L+新THSとなり燃費・動力性能向上
  • 第二世代セーフティセンス搭載で大幅に安全性・利便性向上
  • コネクティッド標準装備
  • エクステリアは基本キープコンセプト

価格や発売日は?

現状では確定情報はなく発売時期は2020年頃で価格は15万前後アップとなれています。

価格については15万以上のアップも予想され商品力を相当高めてくるでしょう。

まとめ

「2020年 新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!搭載エンジンや安全装備はどうなる?」は参考になったでしょうか?

ここ最近のトヨタは新型車に力を入れて開発しているので、ライバルを凌駕する仕上がりを期待しちゃいます。

新エンジン・新トランスミッションなど走りの面でも期待できますので、発売されたら試乗に行きたいですね!

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

2020年 新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!搭載エンジンや安全装備はどうなる?

新型車 車おもしろ情報・動画 車ニュース

ヴォクシー・ノアと言えば5ナンバーミニバンで売り上げトップを誇るミニバンです。

セレナ・ステップワゴンとともに5ナンバーでありながら、広い室内空間と使い勝手が自慢の車です。

 

上記で上げたライバルと比較すると設計・安全装備などが半周遅れとなっており、フルモデルチェンジが待たれる一台となっています。

今現在の予定としては2020年頃の販売を目指して開発中とのことですから、新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジの最新情報をまとめてみました。

  • 新エンジン
  • 安全機能パワーアップ
  • 乗り心地向上

などが予定されています!

スポンサーリンク

2020年 新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!エンジンは?

現在ヴォクシー・ノアに設定されているラインナップは以下の通りです

  • 2.0L自然吸気エンジン
  • 1.8L+ハイブリッドシステム

 

新型ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジでもこのラインアップに変更はありませんが、新開発エンジンと新開発ハイブリッドシステムが搭載されて動力性能は勿論、燃費性能も向上されて発売されます。

 

搭載されるエンジンについてはカムリより搭載が始まった「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれるもので簡単に説明すると以下になります。

  • 熱効率ガソリン40%・HV専用41%
  • ガソリンエンジンの燃費:約20%向上・動力性能:約10%向上
  • ハイブリッドの燃費最大20パーセント向上・40キロ~70キロの中間加速10パーセントアップ

これまでのエンジンより効率が上がり燃費の向上しています。

 

2018年現在では2.5L用しか市販モデルの搭載されていませんが、2.0Lも発表されており新型ヴォクシー・ノアでは2.0Lエンジンを搭載してきます。

ダイナミックフォースエンジン2.0Lのスペックとは?

  • 2.0Lダイナミックフォースエンジン
  • 最高出力:170PS/6,600rpm
  • 最大トルク:205Nm/4,800rpm

 

今現在搭載されている3ZR-FAEエンジンのスペックは

  • 最高出力:152ps/6200rpm
  • 最大トルク:193Nm/3800rpm

 

馬力・トルク共に向上されているのが確認できます。

しかし出力・トルクともに発生回転数が上がっているので燃費悪くなる?と思われる方もいると思いますが心配無用です!

熱効率アップなどの技術に加えて新開発のトランスミッションに注目です!

新開発ダイレクトシフトCVT

 

新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジで採用するトランスミッションはCVTに変更はないのですが、このCVTが従来の物より力のロスが少ないものとなります。

 

  • 発進用ギア搭載

いままでのCVTは全域でベルト駆動でしたので発進時のダイレクト感に欠ける・効率が悪いなどの弱点がありました。

新開発のダイレクトシフトCVTは、発進時は搭載された発進用ギアを利用することで効率向上・ダイレクト感のある走りを実現しています。

 

この新開発CVTの採用によってエンジンの最高出力・トルク発生回転数は上がりましたが全域で合わすことなくパワーをしようできるので動力性能・燃費向上が可能となっています。

新型ヴィクシー・ノア  フルモデルチェンジではハイブリッドも進化

 

  • HV用ダイナミックフォース2.0Lエンジン
  • 最高出力:約143PS/6,000
  • 最大トルク:180Nm/4,400
  • トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
  • モーター最高出力:109PS
  • モーター最大トルク:20.6kgf・m

 

現在はプリウスの1.8Lハイブリッドシステムが採用されており、車両重量が重いミニバンには少し力不足な面がありました。

参考までにスペックをのせます。

  • エンジン最高出力:99PS
  • モーター最高出力:82PS

単純に合計181PSとなり、新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジで搭載する新ハイブリッドは約252PSと71PSものパワー向上となっています!

 

またシステム出力などだけではなく一時的にモーターパワー上げるや、ナビゲーションの情報を元に最適な充電制御を行うなど燃費性能でもパワーアップしています。

 

2020年 新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジでエクステリアは?

エクステリアはキープコンセプトでヴェルファイア譲りの迫力のある二段ヘッドライトや大型グリルを採用してきます。

シエンタのように奇抜なデザインではなく皆が想像するエクステリアとなり驚きはないでしょう。

 

価格帯的に難しいかもしれんせんが、マイナーチェンジ後のヴェル・アルのように2眼・3眼ヘッドライトの選択など出来ればユーザー側からすれば嬉しいです。

5ナンバーミニバンにも夜間安全走行のためにアダプティハイビームの搭載が望ましいです。

 

あと最近トヨタ・レクサスが採用を始めたシーケンシャルウィンカーも搭載されるでしょう。

室内はどのように進化する?

ヴェル・アルのように豪華絢爛な質感は期待できませんが、快適装備の充実などが図られます。

  • 二列目オットマン
  • シートベンチレーション

など上級モデルに採用されている機能が用意される可能性もあります。

スポンサーリンク

フルモデルチェンジで安全装備大幅パワーアップ

 

現行モデルにもセーフティセンスが搭載されていますが、機能面ではライバルと比較して引き離されています。

2018年8月の時点では歩行者対応すらしていませんので、家族をのせる機会が多いので残念です・・・恐らくマイナーチェンジで歩行者対応にはしてくるはずです。

 

この新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジで確実に搭載してくる安全装備は「第二世代セーフティセンス」となります。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーントレーシングアシスト(LTA)(車種による)
  • レーンディパーチャーアラート
  • アダプティブハイビームシステム(車種による)
  • レーダークルーズコントロール
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • 先行者発進告知

 

まず大きな改良点は夜間歩行者・自転車運転手などが感知できるようになり万が一の事故を防いでくれる確率が向上しました。

 

またセレナのように高速道路などの半自動運転を可能にするレーントレーシングアシストや全車速レーダークルーズコントロールも注目と言えます。

このため新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジでは「電動パーキング」が採用されます。

「電動パーキングブレーキの意味やメリット・デメリット!搭載されてる車種は?」

 

この第二世代セーフティセンスによってライバルとそん色ない機能となります♪

コネクテッドカーも搭載

 

新型クラウン・カローラより本格的にサービスが開始された「コネクティッド」が搭載される見込みです

  • eケアサービス
  • オペレーターサービス
  • マップオンデマンド
  • ヘルプネット®(エアバッグ連動タイプ)
  • マイカーSecurity(リモート確認)
  • Lineマイカーアカウント

これらの機能が搭載されあDCM端末を通じて利用できるようになってます。

 

これまではレクサスを中心にサービスしていましたが、クラウン・カローラでは標準装備(3年無料)にするなどしてサービス拡大しています。

流れからすると新型ヴィクシー・ノアのフルモデルチェンジでも標準搭載となるでしょう。

 

現行ヴォクシー・ノアと簡単に比較すると?

  • エンジンは新開発ダイナミックフォース搭載
  • ハイブリッドは2.0L+新THSとなり燃費・動力性能向上
  • 第二世代セーフティセンス搭載で大幅に安全性・利便性向上
  • コネクティッド標準装備
  • エクステリアは基本キープコンセプト

価格や発売日は?

現状では確定情報はなく発売時期は2020年頃で価格は15万前後アップとなれています。

価格については15万以上のアップも予想され商品力を相当高めてくるでしょう。

まとめ

「2020年 新型ヴィクシー・ノアが フルモデルチェンジ最新情報!搭載エンジンや安全装備はどうなる?」は参考になったでしょうか?

ここ最近のトヨタは新型車に力を入れて開発しているので、ライバルを凌駕する仕上がりを期待しちゃいます。

新エンジン・新トランスミッションなど走りの面でも期待できますので、発売されたら試乗に行きたいですね!

 

コメントをどうぞ