【新型ランドクルーザー「ランクル300系」2020年フルモデルチェンジ】新エンジン・ハイブリッド搭載か?

【新型ランドクルーザー「ランクル300系」2020年フルモデルチェンジ】新エンジン・ハイブリッド搭載か?

 

トヨタが販売する大型SUV「ランドクルーザー」は世界的にも大人気の車です。

その走破性能はお墨付きになっており、300系ランクルではどのように進化するかも注目されています。

 

200系ランクルは2007年に販売されてから12年経過しています。

2020年にも新型ランドクルーザーにフルモデルチェンジされると情報が入ってきており、新エンジンやハイブリッドを搭載するとも言われています。

新型ランドクルーザー「ランクル300系」フルモデルチェンジ(搭載エンジン)

 

新型ランクル300系に搭載されるエンジンは販売される国によって設定が異なります。

現在日本仕様では「V8 4.6L」が搭載されてます。

新型ランドクルーザー フルモデルチェンジではV6ダウンサイジング&ハイブリッドモデルが設定されるとのことです。

 

レクサスLSより搭載がスタートした「V35A・FTS」をランクル300系に向けてチューニングされたものが搭載

  • 3.5L V6ツインターボ
  • 最高出力 :421ps/5,200-6,000rpm
  • 最大トルク:61kgm/1,600-4,800rpm
  • 10速オートマチック・トランスミッション

こちらにスペックから若干変更があり最大トルクなどが増強されると思われます。

 

また注目ポイントなのが初のハイブリッドモデル設定です。

こちらもLSより搭載が始まった「マルチステージハイブリッド」を用意

  • マルチステージハイブリッドシステム
  • V型6気筒 3.5Lエンジン+モーター
  • 最高出力:299ps(220kW)/6,600rpm
  • 最大トルク:348Nm/4,900rpm
  • トータル最高出力:358ps(264kw)

 

200系と300系ランクルのエンジン比較すると?

200系ランクルに搭載されているV8 4.6Lのスペックは

  • 最高出力:318PS
  • 最大トルク:46.9kgm

300系ランクル搭載予定V6ターボ

  • 最高出力:421PS
  • 最大トルク:61kgm

 

最高出力+103PS・最大トルク+14.1kgmと大幅なパワーアップとなっています。

現行モデルはJC08燃費6.9km/lとなっていますが、ダウンサイジングターボを搭載することでJC08燃費8.0km/前後となるでしょう。

またマルチステージハイブリッドモデルはJC08燃費10.0km/l程と予想され300系ランクルでは燃費性能も向上します。

 

ディーゼルエンジンは搭載される?

搭載の可能性が高いエンジンは「1VD-FTV」の改良型となります。

現在では海外モデルで搭載されているもので、

  • 最高出力:265PS/3,400rpm
  • 最大トルク:65.8kgm/1,600~2,800rpm

十分なスペックとなっていますね!

 

しかし日本で販売するには排ガス規制をクリアする必要があり、ディーゼルエンジンの改良や付帯装置によって車両価格が大幅に向上してしまう恐れがあります。

またトヨタ方針としてディーゼルとハイブリッドの同時設定はしないとしていますので日本仕様では難しいのでは?と考えます。

 

日本では道路状況やハイブリッドの方がディーゼルよりも好まれるので日本仕様は現段階で投入される予定はないと思われます。

この辺については最新情報が入り次第お伝えします。

新型ランドクルーザー「ランクル300系」フルモデルチェンジ(エクステリア)

エクステリアデザインはキープコンセプトとなり、アダプティブヘッドライト・シーケンシャルウィンカーなど搭載

ボディサイスは

  • 全長:4950mm
  • 全幅:1980mm
  • 全高:1920mm

大きさはほとんど変化はないですが全高が50mmほどアップしますので、300系ランクルは迫力のあるエクステリアになりそうですね。

ボディ一部にアルミ素材使用?

 

ライバルであるレンジローバーはオールアルミボディを採用

更に新型Gクラスでは超高張力鋼板やアルミ合金を適材適所によって170kg軽量化を達成。

 

新型300系ランクルでもアルミ素材や超高張力鋼板を使用することで車体の軽量化をしてきます。

レクサスではすでにドア・ボンネットなどにアルミ・超高張力鋼板使用拡大などされていますので、新型ランドクルーザーのフルモデルチェンジでもその流れが組み込まれる。

新開発ラダーフレームで走破性能向上

初代ランクルからラダーフレームを採用することで高い走破性能を実現しています。

より高剛性・軽量化されたラダーフレームは走破性能だけではなく乗り心地も向上されます。

 

またランクルに採用されている「マルチテレインセレクト」

  • MUD&SAND
  • LOOSE ROCK
  • MOGUL
  • ROCK&DIRT
  • ROCK

これらもより細かい制御を行えるようになり走破性能向上へ!

新型ランドクルーザー「ランクル300系」フルモデルチェンジ(安全装備)

 

300系ランクルでは次世代セーフティセンスを採用します。

  • プリクラッシュセーフティシステム(夜間歩行者・自転車運転手感知)
  • レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • 先行者発進告知

このような機能でより安全な運転をサポートしてくれます。

 

現行モデルと新型ランクルの違い

  • 搭載エンジンが4.6L V8からダウンサイジングターボ3.5 V6&ハイブリッドへ
  • エクステリはキープコンセプト
  • アルミ素材使用などによって車体軽量化
  • 新開発ラダーフレーム採用
  • 新世代セーフティセンス採用

まとめ

「【新型ランドクルーザー「ランクル300系」2020年フルモデルチェンジ】新エンジン・ハイブリッド搭載か?」は参考になりましたか?

2020年に新発売される予定で、200系が販売開始されて13年目の新型となります。

この13年でどのように進化して登場するか楽しみです。

 

弟分であるプラドはマイナーチェンジで新クリーンディーゼルが搭載されて話題になりましたが、新型ランクルでは現在の情報ではディーゼル搭載の可能性は低いです。

2019 東京モーターショーではコンセプトモデル出展が期待されていますので、また新しい情報入ってきたらお伝えします!

 

新型車カテゴリの最新記事