2022年 レクサス新型コンパクトSUV発売!搭載エンジン・装備・価格は?

この記事は約2分で読めます。

 

2022年 レクサス新型コンパクトSUVに搭載されるエンジンは?

 

まずラインナップされるエンジンはガソリンモデルとハイブリッドモデルで分けられる予定となっています。

  • 1.5L直3気筒ダイナミックフォースエンジン
  • 最高出力:120ps
  • 最大トルク:14.8kg-m

こちらのエンジンに組み合わされるのが「ダイレクトシフトCVT」となります。

ダイレクトシフトCVTとは、従来のCVTは発進からベルト駆動でしたがこのCVTは発進用ギアを用意することで、発進時のロスの軽減&ドライバーの求めている走りを実現します。

こちらのCVTを採用することで動力性能&燃費性能が向上しています。

 

ハイブリッドも1.5L直3気筒ハイブリッド用エンジン&ハイブリッドの組み合わせとなります。

  • ハイブリッド用1.5Lエンジン
  • 最大出力:91ps
  • 最大トルク:12.2kg-m
  • フロント・モーター
  • 最高出力:80ps
  • 最大トルク:14.4kg-m

 

駆動用リチウムイオン組み合わせたシステムを採用している。

上記のスペックはトヨタ ヤリスのものになっており、レクサスに搭載される際にはレクサスに相応しい走りを実現するために、新型コンパクトSUVに搭載される際にはスペック向上される可能性があります。

4WDも設定されて販売

SUVモデルとなっているためガソリン&ハイブリッド車に4WDが設定される

ハイブリッドは後輪にモーターを配置する「E-Four」となります。

  • 後輪用モーター
  • 最高出力:5.3ps
  • 最大トルク:5.3kg-m

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました