2020年12月 ホンダ新型グレイス フルモデルチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?

この記事は約2分で読めます。

2020年12月 ホンダ新型グレイス フルモデルチェンジ(搭載エンジン)

 

現行グレイスはガソリンエンジンとハイブリッドの二本立てで販売されています。

  • 1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジン
  • 最高出力:97kW(132PS)/6,600rpm
  • 最大トルク:155N・m(15.8kgf・m)/4,600rpm

 

こちらと1モーター式SPORT HYBRID i-DCD ハイブリッドを用意しています。

  • SPORT HYBRID i-DCD
  • エンジン最高出力:81KW(110PS)/6,000rpm
  • エンジン最大トルク:134Nm(13.7kgm)/5,000rpm
  • モーター最高出力22KW(29.5PS)/1,313-2,000rpm
  • モーター最大トルク160Nm(16.3kgm)/0-1,313rpm

 

こちらのパワートレインを採用してユーザーの使用状況に応じて選択することが可能です。

新型グレイスのフルモデルチェンジでもガソリンとハイブリッドの二本立てを予定しています。

 

変更される搭載エンジン

ガソリンエンジンは1.5Lから1.0Lターボエンジンにダウンサイジングされて、ハイブリッドは2モーター式の最新式に変更されます。

  • 1.0リッター直列3気筒VTECターボエンジン
  • 最高出力:122ps/5,500rpm
  • 最大トルク:200Nm/2,000rpm~4,500rpm

最高出力は若干下がりますが、最大トルクが向上しているので街乗りなどでは乗りやすくなっています。

 

ハイブリッドは新型フィット4にも搭載された1.5L2モーター式ハイブリッドシステム「e:HEV」

  • 1.5L2モーター式ハイブリッドシステム「e:HEV」
  • エンジン最高出力:80kW(109PS)/6,000rpm
  • エンジン最大トルク:134Nm(13.7kgm)/5,000rpm
  • モーター最高出力:96kW(131PS)/4,000-8,000rpm
  • モーター最大トルク:267Nm(27.2kgm)/0-2,000rpm

1モーター式よりも燃費性能・動力性能が向上しており上質な走りを実現します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました