新型レクサスISが2020年にビッグマイナーチェンジ!搭載エンジンや安全装備は?

この記事は約2分で読めます。

 

新型レクサスISが2020年にビッグマイナーチェンジ(安全装備)

 

  • プリクラッシュセーフティー
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)(LDA)
  • オートマチックハイビーム(AHB)
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

現行ISはこのような安全装備を搭載しています。

しかし各社の安全装備と比較すると機能面でかなり劣っています。

 

そこで今回の新型ISビッグマイナーチェンジによって最新の「次世代Lexus Safety System+(LSS+)」を採用

  • 歩行者検知機能付きプリクラッシュセーフティシステム
  • レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト
  • ロードサインアシスト
  • 先行車発進告知機能
  • アダプティブハイビームシステム(AHS)

本来であればフルモデルチェンジの機会に搭載される予定でしたが、フルモデルチェンジを先送りして現行モデルで勝負するために大幅なアップデートが予定されているとのことです。

新型ISでは電動パーキング採用

またISの泣き所である「足踏み式パーキング」が「電動パーキング」にアップデートされる

前回のビッグマイナーチェンジで搭載されると期待されていましたが、結局搭載されませんでしたが遂に搭載の情報が!

 

ハリアーのビッグマイナーチェンジは電動パーキング搭載の実績があるので、マイナーチェンジで搭載することは出来るので可能性が高いです。

信号待ちなどでの利便性に加えて、クルーズコントロールが全車速対応となり大幅なアップデートとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました