トヨタ 新型S-FR 2020発売予定!搭載されるエンジンや価格は?

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

現在トヨタ86やスバルBRZが街中で走ってる姿多く見かけます!

軽自動車のS660やコペンなど、今ライトスポーツカーに乗るユーザーが増えていますね。

トヨタは小型FRスポーツカー「新型S-FR」を2020年に向けて開発中とのことです。

東京モーターショーにて出展されたコンセプトモデルを元に市販化に向けて準備しているようです♪

新型S-FRの今流れている情報わかりやすくまとめました!

2020年発売 新型S-FRって?

 

86やBRZの弟分のような存在になっており、普通車と軽自動車の中間と言える存在です!

  • 全長:3,990mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,320mm
  • ホイールベース:2,480mm
  • 車両重量:1,000kg前後

ボディサイズはコンセプトモデルの段階では上記のようになっています。

このボディサイズでなんと4人乗りだから驚き!

比較としてマツダ ロードスターと86・BRZのボディサイズをどうぞ

  • ロードスター
  • 全長 3,955mm
  • 全幅 1,680mm
  • 全高 1,235mm
  • ホイールベース 2,265mm

 

  • 86、BRZ
  • 全長:4240 mm
  • 全幅:1775 mm
  • 全高:1300 mm
  • ホイールベース:2570 mm

ロードスターのサイズに近く、兄貴分の86、BRZより一回り小さいことがわかります。

ライバルはロードスターといった感じでしょうか!

新型S-FRのプラットフォームは専用開発

5ナンバーサイズで販売を目指して日本やヨーロッパをターゲットに開発が進んでいる。

注目すべきは専用プラットフォームの採用だろう。

 

1トンをきる車両重量やコスト削減のためにも新型S-FR専用プラットフォームが開発中途の事

TNGA技術によって軽量化しつつも、高剛性によって気持ちい走りと乗り心地が両立。

搭載されるエンジンは何がある?

新型S-FRにどのようなエンジンが乗るかまだ正式に決まっていないようで、数種類の案があるようです。

可能性が高いのはNA 1.5Lとターボ 1.2Lになるのでは?

  • 1.5L直4 自然吸気エンジン
  • 最高出力:140PS前後
  • 最大トルク:15.0kgm前後
  • トランスミッション 6MT

 

  • 1.2L直列4気筒ターボエンジン
  • 最高出力:116PS/ 5,200・5,600rpm
  • 最大トルク:18.9kgm / 1,500・4,000rpm
  • トランスミッション 6MT

 

上の1.5L自然吸気エンジンは新開発となっています。

下の1.2LターボはオーリスやC-HRの搭載されているものになります。

 

1.5Lエンジンであればますますロードスターと真っ向勝負となりそうですね♪

他の情報では1.6Lになるとも言われています。

スポンサーリンク

新型S-FRのエクステリアは?

 

丸みがあり可愛らしい外見になっており女性にも人気が出そうです。

小さいながらもロングノーズ、ショートデッキスタイル

 

きちんとトランクルームもあるので、ちょっとした旅行や買い物にも使用できます。

さすがに4人乗車で長時間のドライブは厳しそうですが!

インテリアは?

 

インテリアもエクステリア同様に丸をモチーフにデザインされているのがわかります。

装飾やボタン類は最小限に抑えて、操作性・視認性が高いです。

メーターはフル液晶ディスプレイになっており、ここに様々なインフォメーションが表示できるのでしょう。

 

ドライブモード切替でメーターの演出が変わるなどありそうですね♪

シートはセミバケットになっており体をホールドしてくれてスポーツ走行に対応

S-FRレーシングコンセプトにも注目

こちらは東京モーターショーで発表されたS-FRレーシングコンセプトになっています。

エアロパーツにカーボンを使用して軽量化

ホイールはセンターロック方式でタイヤは205/55R16ポテンザを装備

オーバーフェンダー装着によってワイド感が増し迫力がありますね。

  • 全長:4,100mm
  • 全幅:1,735mm
  • 全高:1,270mm
  • ホイールベース:2,480mm

86やBRZのボディサイズに近くなりました。

それでもコンパクトには変わりありませんが♪

新型S-FRの価格は?

間違いなく86、BRZよりも安い価格設定になるでしょう。

まだまだ予想に域を出ませんが、150万~190万円の間になると思われます!

これであれロードスターより安く、S660やコペンを検証しているユーザーを取り込むことが出来ます。

今度こそ若者が気軽に買えるFRスポーツカーお願いします!

情報まとめ

「トヨタ 新型S-FR 2020発売予定!搭載されるエンジンや価格は?」は参考になりましたか?

トヨタのCMでも登場して話題になりました。

一時期は開発中止との情報が流れましたが、現在開発が順調に進んでいるようです。

ただデザイン案が複数あるらしく、コンセプトモデルをベース・ハッチバック・本格スポーツカータイプなどが検討されているみたいです。

発売の遅れはデザイン案が決まらないからと噂もあります。

 

2017年東京モーターショーではS-FR関連の発表があることを期待しています!

S-FRに関する新しい情報が入ったらまた更新しますね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

トヨタ 新型S-FR 2020発売予定!搭載されるエンジンや価格は?

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

現在トヨタ86やスバルBRZが街中で走ってる姿多く見かけます!

軽自動車のS660やコペンなど、今ライトスポーツカーに乗るユーザーが増えていますね。

トヨタは小型FRスポーツカー「新型S-FR」を2020年に向けて開発中とのことです。

東京モーターショーにて出展されたコンセプトモデルを元に市販化に向けて準備しているようです♪

新型S-FRの今流れている情報わかりやすくまとめました!

2020年発売 新型S-FRって?

 

86やBRZの弟分のような存在になっており、普通車と軽自動車の中間と言える存在です!

  • 全長:3,990mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,320mm
  • ホイールベース:2,480mm
  • 車両重量:1,000kg前後

ボディサイズはコンセプトモデルの段階では上記のようになっています。

このボディサイズでなんと4人乗りだから驚き!

比較としてマツダ ロードスターと86・BRZのボディサイズをどうぞ

  • ロードスター
  • 全長 3,955mm
  • 全幅 1,680mm
  • 全高 1,235mm
  • ホイールベース 2,265mm

 

  • 86、BRZ
  • 全長:4240 mm
  • 全幅:1775 mm
  • 全高:1300 mm
  • ホイールベース:2570 mm

ロードスターのサイズに近く、兄貴分の86、BRZより一回り小さいことがわかります。

ライバルはロードスターといった感じでしょうか!

新型S-FRのプラットフォームは専用開発

5ナンバーサイズで販売を目指して日本やヨーロッパをターゲットに開発が進んでいる。

注目すべきは専用プラットフォームの採用だろう。

 

1トンをきる車両重量やコスト削減のためにも新型S-FR専用プラットフォームが開発中途の事

TNGA技術によって軽量化しつつも、高剛性によって気持ちい走りと乗り心地が両立。

搭載されるエンジンは何がある?

新型S-FRにどのようなエンジンが乗るかまだ正式に決まっていないようで、数種類の案があるようです。

可能性が高いのはNA 1.5Lとターボ 1.2Lになるのでは?

  • 1.5L直4 自然吸気エンジン
  • 最高出力:140PS前後
  • 最大トルク:15.0kgm前後
  • トランスミッション 6MT

 

  • 1.2L直列4気筒ターボエンジン
  • 最高出力:116PS/ 5,200・5,600rpm
  • 最大トルク:18.9kgm / 1,500・4,000rpm
  • トランスミッション 6MT

 

上の1.5L自然吸気エンジンは新開発となっています。

下の1.2LターボはオーリスやC-HRの搭載されているものになります。

 

1.5Lエンジンであればますますロードスターと真っ向勝負となりそうですね♪

他の情報では1.6Lになるとも言われています。

スポンサーリンク

新型S-FRのエクステリアは?

 

丸みがあり可愛らしい外見になっており女性にも人気が出そうです。

小さいながらもロングノーズ、ショートデッキスタイル

 

きちんとトランクルームもあるので、ちょっとした旅行や買い物にも使用できます。

さすがに4人乗車で長時間のドライブは厳しそうですが!

インテリアは?

 

インテリアもエクステリア同様に丸をモチーフにデザインされているのがわかります。

装飾やボタン類は最小限に抑えて、操作性・視認性が高いです。

メーターはフル液晶ディスプレイになっており、ここに様々なインフォメーションが表示できるのでしょう。

 

ドライブモード切替でメーターの演出が変わるなどありそうですね♪

シートはセミバケットになっており体をホールドしてくれてスポーツ走行に対応

S-FRレーシングコンセプトにも注目

こちらは東京モーターショーで発表されたS-FRレーシングコンセプトになっています。

エアロパーツにカーボンを使用して軽量化

ホイールはセンターロック方式でタイヤは205/55R16ポテンザを装備

オーバーフェンダー装着によってワイド感が増し迫力がありますね。

  • 全長:4,100mm
  • 全幅:1,735mm
  • 全高:1,270mm
  • ホイールベース:2,480mm

86やBRZのボディサイズに近くなりました。

それでもコンパクトには変わりありませんが♪

新型S-FRの価格は?

間違いなく86、BRZよりも安い価格設定になるでしょう。

まだまだ予想に域を出ませんが、150万~190万円の間になると思われます!

これであれロードスターより安く、S660やコペンを検証しているユーザーを取り込むことが出来ます。

今度こそ若者が気軽に買えるFRスポーツカーお願いします!

情報まとめ

「トヨタ 新型S-FR 2020発売予定!搭載されるエンジンや価格は?」は参考になりましたか?

トヨタのCMでも登場して話題になりました。

一時期は開発中止との情報が流れましたが、現在開発が順調に進んでいるようです。

ただデザイン案が複数あるらしく、コンセプトモデルをベース・ハッチバック・本格スポーツカータイプなどが検討されているみたいです。

発売の遅れはデザイン案が決まらないからと噂もあります。

 

2017年東京モーターショーではS-FR関連の発表があることを期待しています!

S-FRに関する新しい情報が入ったらまた更新しますね。

コメントをどうぞ