5ナンバー、3ナンバーだと税金が違う?排気量とボディサイズで変わる?

お役立ち情報 車解説&比較 車関係のお金

スポンサーリンク

自動車のナンバープレートには、地域の横に5から始まる「5ナンバー」と呼ばれるものと、3から始まる「3ナンバー」の2つが記載されているものをよく見かけます。

5ナンバーと3ナンバーの違いを、実はよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、5ナンバーと3ナンバーの違いについてご紹介させていただきます。

今まであまり考えたことがなかったという方や、2つのナンバーの違いが気になるという方は、最後までお付き合いいただければ幸いです。

5ナンバーと3ナンバーでは税金が違う?

まず、3ナンバーと聞くと少し豪華なイメージがあります。

ひと昔前であれば、3ナンバーというと高級車というイメージが定着していて、ステータス性が高く高嶺の花のような存在であったようです。

しかし、最近では3ナンバーの車が増えているため、豪華というイメージは薄まっているようですが、それでも3ナンバーの車と聞くと少し「いい車」と思われる方は多いのではないでしょうか。

そんな3ナンバーと5ナンバーですが、税金に違いはあるのでしょうか?

5ナンバーと3ナンバー、税金は同じ

結論からいうと、5ナンバーでも3ナンバーでも税金は同じです。

自動車の税金は、ナンバープレートによる種類で分けられているのではなく、排気量によって支払う額が決められているのです。

つまり、5ナンバーでも排気量が大きくなれば税金は高くなりますし、3ナンバーでも排気量が小さければ税金は安くなるということになります。

自動車に関する税金は全部で3種類

因みに、自動車に関する税金というのは全部で3種類あり、それぞれの特徴は以下のようになっています。

  • 自動車税

毎年4月になると納付書が届く税金です。
こちらが排気量によって決められている税金になります。
金額については後述しますので、そちらを参考にしてください。

  • 自動車重量税

新車購入時と車検のときに支払う税金です。
車重によって支払う金額が決められています(車重0.5tあたり年間4,100円)
支払うタイミングは、新車購入時と車検時で、新車購入時には次の車検までの3年間分をまとめて、車検時には同じく次の車検時までの2年間分をまとめて支払います。
余談ですが、自動車税と重量税に関しては二重課税だとの声も挙がっています。

  • 自動車取得税

自動車の購入時に課せられる税金で、中古車でも支払う必要があります。取得価格に応じて課税額が変わります。
こちらに関しても消費税と同時に支払うので、やはり二重課税との声もあります。

▼自動車税の一覧

総排気量 ナンバー 課税額

  • 660cc 軽自動車(黄色のナンバープレート) 7,200円/
    10,800円 ※
  • ~1,000cc 5ナンバー :29,500円
  • 1,001cc~1,500cc 5ナンバー: 34,500円
  • 1,501cc~2,000cc 5ナンバー/3ナンバー: 39,500円
  • 2,001cc~2,500cc 3ナンバー: 45,000円
  • 2,501cc~3,000cc 3ナンバー: 5,1000円
  • 3,001cc~3,500cc 3ナンバー :5,8000円
  • 3,501cc~4,000cc 3ナンバー: 66,500円
  • 4,001cc~4,500cc 3ナンバー: 76,500円
  • 4,501cc~6,000cc 3ナンバー: 88,000円
  • 6,000cc~ 3ナンバー :111,000円
    ※軽自動車は平成27年4月1日以降に新規取得の場合、10,800円となります。

自動車税は13年(ディーゼル車は11年)を経過すると、こちらの価格の約15%が増税となります。

 

▼自動車重量税の一覧(2年間)

車両重量 エコカー 13年未満 13年経過 18年経過

  • ~0.5t :5,000円・ 8,200円・ 11,400円・ 12,600円
  • ~1.0t :10,000円 ・16,400円・ 22,800円・ 25,200円
  • ~1.5t: 15,000円・ 24,600円 ・34,200円・ 37,800円
  • ~2.0t :20,000円 ・32,800円 ・45,600円・ 50,400円
  • ~2.5t :25,000円・ 41,000円・ 57,000円 ・63,000円
  • ~3.0t: 30,000円 ・49,200円・ 68,400円・ 75,600円

自動車重量税・自動車税は、平成27年5月以降に法が改正され、制度が変更になっています。

環境性能に優れた車に対してはエコカー減税などが適用されるようになりましたが、逆に年式の古い環境負担の大きな車に対しては増税となりました。

スポンサーリンク

5ナンバーと3ナンバーは、排気量とボディサイズで決まる

結論からいうと、5ナンバーと3ナンバーの区分は排気量とボディサイズの2つで決められます。軽自動車も含めて、全てまとめると以下のようになります。

排気量 ・全長 ・全幅 ・全高

  • 軽自動車 660cc ~3,400mm ~1,480mm ~2,000mm
  • 5ナンバー ~2,000cc ~4,700mm ~1,700mm ~2,000mm
  • 3ナンバー 2,001cc~ 4,701mm~ 1,700mm~ 2,001mm~
    ※ガソリン車のみ。ディーゼル車は排気量区分なし。

5ナンバーの場合、3ナンバーの条件をどれかひとつでも満たせば3ナンバーになります。

例えば、排気量:1,500cc、全長4,000mm、全高1,400mmという5ナンバー規格でも、全幅が1,800mmあれば3ナンバーということになります。

 

同一車種であっても、5ナンバー規格なのにカスタムされたグレードを選択することによって、3ナンバーになってしまうということがあります。

また、ボディサイズは5ナンバー規格で、排気量が細かくラインナップされた車種であれば、3ナンバーと5ナンバーのどちらかを選ぶことができる場合もあります。

人気ミニバンでもボディサイズが違うグレードって?

ステップワゴン・セレナ・ヴォクシー、ノアの、5ナンバー人気ミニバンのエアロモデルは3ナンバー登録になります!

各社の車体寸法を比較してみました!

ホンダ ステップワゴン

標準モデル

  • 全長:4.690mm
  • 全幅:1.695mm
  • 全高:1.840~1.855mm

エアロモデル

  • 全長:4.735mm
  • 全幅:1.695mm
  • 全高:1.840~1.855mm

エアロモデルはリアスポイラー部分が標準モデルより長くなっています。

先代モデルのスパーダはどちらも5ナンバーサイズでしたが、新型になり変更になったようです!

トヨタ ヴォクシー

標準モデル

  • 全長:4,695mm
  • 全幅:1.695mm
  • 全高:1,825~1.865mm

エアロモデル

  • 全長:4,710mm
  • 全幅:1,730mm
  • 全高:1,825~1.865mm

全長・全幅ともにアエロパーツが装着されることでプラスされています。

兄弟車のノアも同様のボディサイズになっていて、もう一つの兄弟車のエスクァイアはエアロモデルが設定されていません。

日産 セレナ

標準モデル

  • 全長:4,690mm
  • 全幅:1.695mm
  • 全高:1.865~1,875mm

エアロモデル

  • 全長:4,770mm
  • 全幅:1,740mm
  • 全高:1.865~1,875mm

人気ミニバン3車種の中で一番車体寸法が大きいのがセレナになっています。

しかしどのミニバンにも言えますが、取り回しなどの使い勝手は標準車と変わりなく、運転な苦手な方や奥さんでも問題ないと思います。

 

 

■まとめ

「5ナンバー、3ナンバーだと税金が違う?排気量とボディサイズで変わる?」いかがだったでしょうか。
昔のイメージによって、3ナンバーというと高級だから高額な税金が待っていると思われる方もおられますが、現在ではどちらも大した違いはありません。

ミニバンでもグレードによっては変わってくるのがわかったと思います!

同じ排気量であれば税金が変わることありませんから、エアロモデル選択しても家計に影響することはありませんので安心して選択してください♪

好きな車に乗って、素敵なカーライフを過ごしてください。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

5ナンバー、3ナンバーだと税金が違う?排気量とボディサイズで変わる?

お役立ち情報 車解説&比較 車関係のお金

スポンサーリンク

自動車のナンバープレートには、地域の横に5から始まる「5ナンバー」と呼ばれるものと、3から始まる「3ナンバー」の2つが記載されているものをよく見かけます。

5ナンバーと3ナンバーの違いを、実はよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、5ナンバーと3ナンバーの違いについてご紹介させていただきます。

今まであまり考えたことがなかったという方や、2つのナンバーの違いが気になるという方は、最後までお付き合いいただければ幸いです。

5ナンバーと3ナンバーでは税金が違う?

まず、3ナンバーと聞くと少し豪華なイメージがあります。

ひと昔前であれば、3ナンバーというと高級車というイメージが定着していて、ステータス性が高く高嶺の花のような存在であったようです。

しかし、最近では3ナンバーの車が増えているため、豪華というイメージは薄まっているようですが、それでも3ナンバーの車と聞くと少し「いい車」と思われる方は多いのではないでしょうか。

そんな3ナンバーと5ナンバーですが、税金に違いはあるのでしょうか?

5ナンバーと3ナンバー、税金は同じ

結論からいうと、5ナンバーでも3ナンバーでも税金は同じです。

自動車の税金は、ナンバープレートによる種類で分けられているのではなく、排気量によって支払う額が決められているのです。

つまり、5ナンバーでも排気量が大きくなれば税金は高くなりますし、3ナンバーでも排気量が小さければ税金は安くなるということになります。

自動車に関する税金は全部で3種類

因みに、自動車に関する税金というのは全部で3種類あり、それぞれの特徴は以下のようになっています。

  • 自動車税

毎年4月になると納付書が届く税金です。
こちらが排気量によって決められている税金になります。
金額については後述しますので、そちらを参考にしてください。

  • 自動車重量税

新車購入時と車検のときに支払う税金です。
車重によって支払う金額が決められています(車重0.5tあたり年間4,100円)
支払うタイミングは、新車購入時と車検時で、新車購入時には次の車検までの3年間分をまとめて、車検時には同じく次の車検時までの2年間分をまとめて支払います。
余談ですが、自動車税と重量税に関しては二重課税だとの声も挙がっています。

  • 自動車取得税

自動車の購入時に課せられる税金で、中古車でも支払う必要があります。取得価格に応じて課税額が変わります。
こちらに関しても消費税と同時に支払うので、やはり二重課税との声もあります。

▼自動車税の一覧

総排気量 ナンバー 課税額

  • 660cc 軽自動車(黄色のナンバープレート) 7,200円/
    10,800円 ※
  • ~1,000cc 5ナンバー :29,500円
  • 1,001cc~1,500cc 5ナンバー: 34,500円
  • 1,501cc~2,000cc 5ナンバー/3ナンバー: 39,500円
  • 2,001cc~2,500cc 3ナンバー: 45,000円
  • 2,501cc~3,000cc 3ナンバー: 5,1000円
  • 3,001cc~3,500cc 3ナンバー :5,8000円
  • 3,501cc~4,000cc 3ナンバー: 66,500円
  • 4,001cc~4,500cc 3ナンバー: 76,500円
  • 4,501cc~6,000cc 3ナンバー: 88,000円
  • 6,000cc~ 3ナンバー :111,000円
    ※軽自動車は平成27年4月1日以降に新規取得の場合、10,800円となります。

自動車税は13年(ディーゼル車は11年)を経過すると、こちらの価格の約15%が増税となります。

 

▼自動車重量税の一覧(2年間)

車両重量 エコカー 13年未満 13年経過 18年経過

  • ~0.5t :5,000円・ 8,200円・ 11,400円・ 12,600円
  • ~1.0t :10,000円 ・16,400円・ 22,800円・ 25,200円
  • ~1.5t: 15,000円・ 24,600円 ・34,200円・ 37,800円
  • ~2.0t :20,000円 ・32,800円 ・45,600円・ 50,400円
  • ~2.5t :25,000円・ 41,000円・ 57,000円 ・63,000円
  • ~3.0t: 30,000円 ・49,200円・ 68,400円・ 75,600円

自動車重量税・自動車税は、平成27年5月以降に法が改正され、制度が変更になっています。

環境性能に優れた車に対してはエコカー減税などが適用されるようになりましたが、逆に年式の古い環境負担の大きな車に対しては増税となりました。

スポンサーリンク

5ナンバーと3ナンバーは、排気量とボディサイズで決まる

結論からいうと、5ナンバーと3ナンバーの区分は排気量とボディサイズの2つで決められます。軽自動車も含めて、全てまとめると以下のようになります。

排気量 ・全長 ・全幅 ・全高

  • 軽自動車 660cc ~3,400mm ~1,480mm ~2,000mm
  • 5ナンバー ~2,000cc ~4,700mm ~1,700mm ~2,000mm
  • 3ナンバー 2,001cc~ 4,701mm~ 1,700mm~ 2,001mm~
    ※ガソリン車のみ。ディーゼル車は排気量区分なし。

5ナンバーの場合、3ナンバーの条件をどれかひとつでも満たせば3ナンバーになります。

例えば、排気量:1,500cc、全長4,000mm、全高1,400mmという5ナンバー規格でも、全幅が1,800mmあれば3ナンバーということになります。

 

同一車種であっても、5ナンバー規格なのにカスタムされたグレードを選択することによって、3ナンバーになってしまうということがあります。

また、ボディサイズは5ナンバー規格で、排気量が細かくラインナップされた車種であれば、3ナンバーと5ナンバーのどちらかを選ぶことができる場合もあります。

人気ミニバンでもボディサイズが違うグレードって?

ステップワゴン・セレナ・ヴォクシー、ノアの、5ナンバー人気ミニバンのエアロモデルは3ナンバー登録になります!

各社の車体寸法を比較してみました!

ホンダ ステップワゴン

標準モデル

  • 全長:4.690mm
  • 全幅:1.695mm
  • 全高:1.840~1.855mm

エアロモデル

  • 全長:4.735mm
  • 全幅:1.695mm
  • 全高:1.840~1.855mm

エアロモデルはリアスポイラー部分が標準モデルより長くなっています。

先代モデルのスパーダはどちらも5ナンバーサイズでしたが、新型になり変更になったようです!

トヨタ ヴォクシー

標準モデル

  • 全長:4,695mm
  • 全幅:1.695mm
  • 全高:1,825~1.865mm

エアロモデル

  • 全長:4,710mm
  • 全幅:1,730mm
  • 全高:1,825~1.865mm

全長・全幅ともにアエロパーツが装着されることでプラスされています。

兄弟車のノアも同様のボディサイズになっていて、もう一つの兄弟車のエスクァイアはエアロモデルが設定されていません。

日産 セレナ

標準モデル

  • 全長:4,690mm
  • 全幅:1.695mm
  • 全高:1.865~1,875mm

エアロモデル

  • 全長:4,770mm
  • 全幅:1,740mm
  • 全高:1.865~1,875mm

人気ミニバン3車種の中で一番車体寸法が大きいのがセレナになっています。

しかしどのミニバンにも言えますが、取り回しなどの使い勝手は標準車と変わりなく、運転な苦手な方や奥さんでも問題ないと思います。

 

 

■まとめ

「5ナンバー、3ナンバーだと税金が違う?排気量とボディサイズで変わる?」いかがだったでしょうか。
昔のイメージによって、3ナンバーというと高級だから高額な税金が待っていると思われる方もおられますが、現在ではどちらも大した違いはありません。

ミニバンでもグレードによっては変わってくるのがわかったと思います!

同じ排気量であれば税金が変わることありませんから、エアロモデル選択しても家計に影響することはありませんので安心して選択してください♪

好きな車に乗って、素敵なカーライフを過ごしてください。

コメントをどうぞ