2020年9月新型RAV4PHV発売!航続距離・装備・価格は?

この記事は約2分で読めます。

2020年9月新型RAV4PHVの装備は?

 

ベースとなるRAV4同様に最新のトヨタセーフティセンスを搭載してドライバーの安全運転をサポートしてくれます。

 

・プリクラッシュセーフティ 

搭載されたカメラとセンサーによって昼間・夜間の障害物・車・人・自転車に対応しています。

衝突の危険が高まるとディスプレイやブザーで警告してブレーキが踏まれた場合はブレーキ力のアシストを行います。

万が一ブレーキ操作がなかったら自動ブレーキで被害の軽減または回避

・レーントレーシングアシスト

オートクルーズを使用時に車線中央を維持しやすいようにステアリング操作をアシストしてくれます。

道路線だけではなく、縁石やアスファルトの境界でも反応してくれます

レーダークルーズコントロール時ではなくても、車線維持支援機能以外の車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能は作動します。

・レーダークルーズコントロール 

搭載されたセンサーによってドライバーがセットした速度域内でアクセル&ブレーキ操作を行ってくれます

渋滞時でも停止まで自動制御してドライバーの疲労を大きく軽減してくれます。

・オートマチックハイビーム 

オートマッチクスイッチをセットすることで、ハイビーム・ロービームを自動的に切り替えてくれます。

夜間走行時の視界確保をサポートしてくれます。

ロードサインアシスト 

搭載されたカメラで道路標識を読み取ってディスプレイに表示してくれます

見落としやすい標識などをドライバーに知らせてくれます。

 

 

これらの機能で万が一の事故を軽減したり防いでくれます。

その他以下の支援装備も用意されます。

  • インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]
  • ドライブスタートコントロール
  • ブラインドスポットモニター[BSM]
  • デジタルインナーミラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました