2020年夏 新型ヤリスクロス発売!搭載エンジン・装備・価格は?

この記事は約3分で読めます。

2020年夏 新型ヤリスクロス(搭載エンジン)

 

ヤリスクロスに搭載されるエンジンラインアップはガソリン・ハイブリッドから選択することが可能となっています。

ガソリンエンジンは2ラインナップ・ハイブリッドは1ラインナップとなります。

  • 1.0L直列3気筒エンジン
  • 最高出力:69ps
  • 最大トルク:9.4kg-m

 

  • 1.5L直列3気筒エンジン
  • 最高出力:120ps
  • 最大トルク:14.8kg-m

雑誌情報によると搭載されるエンジンは1.5Lのみになる可能性があるようです。

 

  • ハイブリッドモデルスペック
  • 1.5Lエンジン
  • 最高出力:91ps
  • 最大トルク:12.2kg-m
  • フロント・モーター
  • 最高出力:80ps
  • 最大トルク:14.4kg-m

このようなハイブリッドシステムが新型ヤリスクロスにも搭載されます。

ガソリン・ハイブリッド共にFF・4WDが選択することが可能です。

 

ハイブリッドモデルで4WDを選択するとリアモーターが追加される「E-four」となります。

  • リアモータースペック
  • 最高出力:5.3ps
  • 最大トルク:5.3kg-m

 

リアサスペンションをダブルウィッシュボーン式を採用することで、ハイブリッドでも4WDにすることが可能となっております。

2020年夏 新型ヤリスクロスのエクステリアは?

 

トヨタは新型ヤリスクロスのエクステリアデザインとみられるスケッチを公開しました。

このスケッチから想像するに、ただ単にヤリスの車高をアップさせただけの簡単なものに留まらなそうです。

 

雑誌情報にも開発車両はレクサスUXに似たシルエットになっているとのことです。

予想ボディサイズ

  • 全長:4300mm
  • 全幅:1745mm
  • 全高:1650mm

トヨタ他のコンパクトSUVのサイズ

  • C-HR
  • 全長4,360mm
  • 全幅1,795mm
  • 全高1,550mm

 

  • ライズ
  • 全長 3,995 mm
  • 全幅 1,695 mm
  • 全高 1,620 mm

このようなボディサイズとなっており、新型ヤリスクロスはライズ以上・C-HR未満となりますね。

プラットフォームは当然ヤリスに採用されたTNGA「GA-Bプラットフォーム」が与えられます。

GA-Bプラットフォームとは?

 

トヨタが新開発したプラットフォームとなっており

  • 軽量化
  • 高剛性
  • 低重心

などを実現したプラットフォームとなっています。

 

以前のものと比較して50キロの軽量化・ねじり剛性30%以上強化・重心高マイナス15mmを実現しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました