2020年夏 新型ヤリスクロス発売!搭載エンジン・装備・価格は?

この記事は約2分で読めます。

2020年夏 新型ヤリスクロス(機能)

 

新型ヤリスクロスでは最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備してきます。

ドライバーの安全運転をサポートして万が一の事故の回避または軽減をおこないます。

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト[LTA]
  • オートマチックハイビーム[AHB]
  • ロードサインアシスト[RSA]

このような機能でドライバーの運転を見守ってくれます。

 

駐車支援システム搭載

最新の駐車支援システム「Advanced Park」が新型ヤリスクロスに採用されます。

  • ハンドル
  • アクセル
  • ブレーキ

これらの操作を搭載されたカメラとセンサーの情報を元に自動制御して駐車支援してくれます。

また事前に駐車場所を登録することで白線のない場所にも駐車が可能となっています。

 

電動パーキング採用

新型ヤリスクロスではヤリスでは採用が見送られた「電動パーキング」が採用されます。

ヤリスは海外モデルでは搭載されているのですが、なぜか国内モデルでは省かれています・・・

 

最新のコネクティッドサービス

各メーカーともに力を入れている繋がる車「コネクティッドサービス」が新型ヤリスクロスにも搭載される。

全車にディスプレイオーディオ(DA)およびDCMを標準装備することで手持ちのスマートフォンと連携させることが可能です。

  • SmartDeviceLink
  • Apple CarPlay
  • Android Auto

 

オプションで月額など支払うことで以下のサービスも利用可能です。

  • 基本サービズ
  • ヘルプネット(エアバッグ連動)
  • eケア(走行アドバイス/ヘルスチェックレポート)
  • マイカーサーチ(うっかり通知/リモート確認・操作[ドアロックやハザード消灯]等)
  • マップオンデマンド
  • ハイブリッドナビ
  • Tルート探索、
  • エージェント/リモートメンテナンスメール等
  • オプションサービス
  • マイカーサーチ Plus
  • アラーム通知
  • 車両位置追跡
  • 警備員の派遣
  • エンジン始動通知
  • オペレーターサービス
  • オペレーターサービスPlus

コメント

タイトルとURLをコピーしました