【2019年 新型フィット4にフルモデルチェンジ最新情報】現行モデルとエンジン・安全装備・価格など比較

【2019年 新型フィット4にフルモデルチェンジ最新情報】現行モデルとエンジン・安全装備・価格など比較

 

ホンダが販売するコンパクトカー「フィット」が2019年頃にフルモデルチェンジされる予定となっています。

初代フィットが販売されたときは爆発的ヒットになりましたが、三代目フィット3ではトランスミッションのリコールや軽自動車人気に押されてかつての人気より落ちました。

後期型ではそのようなネガティブ部分は解消され、フェイスリフトなどして復活しました。

 

フィットが採用するセンタータンクレイアウトはシートアレンジ・室内空間・ラゲッジなどすべての面でライバルであるヴィッツを上回ります。

新型フィットでは新開発ハイブリッドシステムを採用することで、現行モデルより更なる走りの質も向上させてきます。

今回はそんな新型フィット4のフルモデルチェンジ情報を、現行フィット3と比較しながらまとめてみたいと思います。

 

 

2019年 新型フィット4にフルモデルチェンジ最新情報【エンジン】

 

新型フィット4に用意されるエンジンは最新情報では、1.0Lダウンサイジングターボとi-MMD2モーター式ハイブリッドの二種類になります。

  • 1.0L直3ダウンサイジングターボエンジン
  • 最高出力:126ps
  • 最大トルク:18.4kg-m
  • ボア:73mm
  • ストローク:78.7mm

これは新型シビックから搭載されているエンジンでになっています。

シビックの燃費が21.3km/リットル・CO2排出量は、107~110g/kmとなっていて、新型フィット4ではこれよりも燃費性能が向上されます。

現行フィットのエンジンは?

  • 1.3Lエンジン
  • 最高出力:100 PS
  • 最大トルク:12.1 kgm
  • 1.5Lエンジン
  • 最高出力:132 PS
  • 最大トルク:15.8 kgm

 

このように1.5Lエンジンと大差ない馬力で最大トルクは完全に上回っています。

1.0Lダウンサイジングエンジンは最大トルクが1700rpmから発生するので街中で力強い走りが期待できます。

新型フィット4のハイブリッドが2モーター

 

すでにアコード・オデッセイ・ステップワゴンハイブリッドに搭載されている、2.0L2モーター式i-MMDのダウンサイジングバージョンが新型フィット4に搭載されます。

このハイブリッドシステムは復活するインサイトから搭載が始まります。

1.5L 直列4気筒アトキンソンサイクルエンジン・2モーターにリチウムイオンバッテリーの組み合わせ

  • エンジン出力 107ps
  • エンジン最大トルク 13.7kgm
  • モーター出力 129ps
  • モーター最大トルク 27.2kgm
  • システム最高出力:153ps
  • 最大トルク:27.2kgm

 

システム出力こそ現行i-DCDと大差はありませんが、モーター出力が大きく向上され2モーターにすることで滑らかな走りとパワフルな走りの両立がなされます。

もう一つのモーターは駆動用モーターまたはバッテリーパックに電流を供給

またインサイトには「NORMAL」「ECON」「SPORT」の走行モード切替が採用されていますので、新型フィットでも搭載されると思われます。

現行フィットハイブリッドと比較

フィット3のハイブリッドはi-DCDと呼ばれる1モーター式ハイブリッドになり、ヴェゼル・フリードなどに搭載されています。

  • エンジン出力 132ps
  • エンジン最大トルク 15.9kgm
  • モーター出力 29.5ps
  • モーター最大トルク 16.3kgm
  • システム出力 152ps

 

エンジン出力はこちらが上ですがi-MMDはモーターが主役で約100PSの差があります。

最大トルクも約10kgm上回っており相当パワーがあります。

フィット3の燃費性能は37.2km/Lになっており、新型フィット4では40.0km/l越えは間違いないとのこと!

 

この燃費性能でアクアの38.0km/lを超えてアピールポイントとなります。

 

2モーターi-MMDについてもう少し詳しく説明

 

このi-MMDの特徴として走行シーンのほとんどがモーターによる駆動となります。

街中ではエンジンは発電に徹して、高速走行になってある一定の速度域になるとクラッチがガソリンと駆動輪をつなぎます。

 

これは高速走行ではモーターよりもエンジンの方が効率が良いため、高速走行ではエンジン主体に切り替わります。

似たような仕組みは日産ノートeパワーですが、ホンダのi-MMDの方がよりエンジン・モーターの切り替えを効率よく行います。

2019年 新型フィット4にフルモデルチェンジ最新情報【エクステリア】

今回のフィットは5つのタイプバリエーションが用意される予定で、ユーザーの好みに合わせた選択が可能となっています。

ベーシック

ホーム

ネス

クロスター

リュクス

 

またボディサイズが現行の

  • 全長3,990mm
  • 全幅1,695mm
  • 全高1,525mm
  • ホイールベース2,530mm

から拡大される予定で全長が4メートルになるとの情報もあり少し大きくなるようです。

衝突安全性能向上などでボディ拡大などです。

新型フィットの予想ボディサイズ

  • 全長4050mm
  • 全幅1,695mm
  • 全高1,520mm
  • ホイールベース2,530mm

雑誌情報ではこのような数値になっております。

これより若干大きくなるとの情報もあるので続報お待ちください

 

今回のフィットは初代のような丸みを帯びたシルエットになり女性人気も出る予感です。

 

インテリアは?

 

最近のホンダ車のように水平に広がるインテリアを採用します。

エアコン操作形状など、どこか欧州車のような感じですね。

 

面白いのがダッシュボードの形状がフラットになっており、かなり見晴らしがいいです。

これは実車に乗ったら結構すっきりと前方の景色を楽しむことが出来、安全確認もしやすいでしょう

 

2019年 新型フィット4にフルモデルチェンジ最新情報【安全装備】

 

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)

搭載されたセンサーによって障害物を検知することで万が一の事故を回避または軽減

  • 車線維持支援システム(LKAS)

カメラによって車線中央を維持しやすいようにハンドルアシスト

  • 先行車発進お知らせ機能

自分が停車中に先行車が発進しても動かない場合はドライバーにお知らせ

  • 歩行者事故低減ステアリング

歩行者との接触の恐れがある場合接触回避のハンドルアシスト

  • 路外逸脱抑制機能

路肩にはみ出さないようにハンドルアシスト

  • 誤発進抑制機能

 

  • アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)

設定した速度キープするようにアクセル・ブレーキ制御

  • 標識認識機能

ドライバーが見落とさないようにディスプレイに道路標識を表示

  • オートハイビーム

夜間走行時にハイロー切り替えを自動でしてくれます

  • 後方誤発進抑制機能

 

現行モデルにも搭載しているホンダセンシングを新型フィット4でも引き続き採用します。

比較して違う点はオートハイビーム・後方誤発進抑制機能の搭載です!

 

また電子パーキングの採用によって全車速クルーズコントロールにアップグレード

これによって渋滞時の追従&停止も可能となり疲労軽減につながります

プラットフォームも一新

現在採用されているセンタータンクレイアウトはそのまま継承されてプラットフォームが一新される

軽量化技術が採用されつつも剛性はアップして走りの質が上がります。

 

セカンドシートチップアップなど現行モデルの利便性はそのまま受け継がれます。

このようなシートアレンジはライバルを寄せ付けません

 

ホンダも繋がる車に?

トヨタのコネクテッド技術のように、ホンダも同じようなサビースを開始する予定となっています。

現在でもホンダは独自のインターナビで防災情報・渋滞回避ルートなどを提供してます。

 

そのサビースを発展させて事故発生時などはセンターに通報・スマホ連携車内WiFiなどを用意

このサービスは各社とも充実させてきており今までレクサスなどの高級車にしかなかったものが搭載されるようになってきました

各グレードの装備

ベーシック

●Honda SENSING※1
●LEDヘッドライト〈プロジェクタータイプ〉
●前席用i-サイドエアバッグシステム+
サイドカーテンエアバッグシステム〈前席/後席対応〉
●フルオート・エアコンディショナー
●電子制御パーキングブレーキ
●オートブレーキホールド機能

ホーム

【BASIC の装備に加えて】

●本革巻ステアリングホイール
●コンビシート(プライムスムース×ナチュラルテキスタイル)
●プライムスムース・ソフトパッド
(助手席インストルメントパネル/コンソールニーパッドなど)
●クロームメッキ・フロントグリルモールディング

ネス

【BASIC の装備に加えて】
●16インチアルミホイール
●撥水ファブリックシート
●撥水ファブリック・ソフトパッド
(助手席インストルメントパネル/コンソールニーパッドなど)

クロススター

【BASIC の装備に加えて】
●CROSSTAR専用デザイン16インチアルミホイール
●CROSSTAR専用エクステリア(フロントグリル、フロントバンパー、
ホイールアーチプロテクター〈ブラック〉、
サイドシルガーニッシュ〈ブラック〉、
ドアロアーガーニッシュ〈ブラック〉、リアバンパー)
●撥水ファブリックシート
●撥水ファブリック・ソフトパッド
(助手席インストルメントパネル/コンソールニーパッドなど)
◎ルーフレール

リュックス

【BASIC の装備に加えて】
●LUXE専用デザイン16インチアルミホイール
●本革シート
●本革巻ステアリングホイール
●プライムスムース・ソフトパッド
(助手席インストルメントパネル/コンソールニーパッドなど)
●プラチナ調クロームメッキ・フロントグリルモールディング
●プラチナ調クロームメッキ・ドアミラー
●プラチナ調クロームメッキ・ドアロアーガーニッシュ
◎アームレスト付センターコンソールボックス

 

発売日や価格は?

現在の最新情報では2019年後半頃のフルモデルチェンジ予定となっております。

販売価格は現行モデルと比較すると約10万から15万前後アップするとの情報があります!

 

現行フィット3が約169万~205万円となっているので新型フィット4は約180万~220万前後の価格となります。

この価格や発売日の最新情報入り次第随時お伝えします。

雑誌情報などでは7月や9月の発売と情報が出ていましたが、先日ホンダから2019年東京モーターショーにて新型フィット4を世界初発表すると記者会見で明言されました。

東京モータショーは2019年10月24日木曜日開幕で発売はこれ以降となります。

もしかしたら発表&発売かもしれませんね!

また新型フィット4では正式に2モーター「i-MMD」の搭載も明言されました。

今後はi-MMDに切り替えていく方針となります。

まとめ

「【2019年 新型フィット4にフルモデルチェンジ最新情報】現行モデルとエンジン・安全装備・価格など比較」は参考になりましたか?

新型フィット4で大きな注目ポイントは

  1. 新エンジン
  2. 新ハイブリッド

この2点が楽しみですね!

インサイトより搭載がスタートする1.5L i-MMDがどのような走りを見せるのかワクワクします。

ステップワゴンハイブリッド試乗した時にモーターの力強さに驚きました。

またエンジンも回転数が大きくならず街中でが黒子に徹していて気にならなかったのもポイント♪

 

ボディサイズ拡大の情報もあり、室内空間がより一増広くなると予想される新型フィット4が軽自動車至上主義の市場にどのような影響を与えてくれるのか楽しみですね。

また最新情報入り次第お伝えしていきます!

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【レアな車両をチェック】ズバット車販売

新型車カテゴリの最新記事