【2019年 新型フィット4にフルモデルチェンジ最新情報】現行モデルとエンジン・安全装備・価格など比較

この記事は約3分で読めます。

 

2019年 新型フィット4にフルモデルチェンジ最新情報【エンジン】

 

新型フィット4に用意されるエンジンは最新情報では、1.0Lダウンサイジングターボとi-MMD2モーター式ハイブリッドの二種類になります。

  • 1.0L直3ダウンサイジングターボエンジン
  • 最高出力:126ps
  • 最大トルク:18.4kg-m
  • ボア:73mm
  • ストローク:78.7mm

これは新型シビックから搭載されているエンジンでになっています。

シビックの燃費が21.3km/リットル・CO2排出量は、107~110g/kmとなっていて、新型フィット4ではこれよりも燃費性能が向上されます。

現行フィットのエンジンは?

  • 1.3Lエンジン
  • 最高出力:100 PS
  • 最大トルク:12.1 kgm
  • 1.5Lエンジン
  • 最高出力:132 PS
  • 最大トルク:15.8 kgm

 

このように1.5Lエンジンと大差ない馬力で最大トルクは完全に上回っています。

1.0Lダウンサイジングエンジンは最大トルクが1700rpmから発生するので街中で力強い走りが期待できます。

新型フィット4のハイブリッドが2モーター

 

すでにアコード・オデッセイ・ステップワゴンハイブリッドに搭載されている、2.0L2モーター式i-MMDのダウンサイジングバージョンが新型フィット4に搭載されます。

このハイブリッドシステムは復活するインサイトから搭載が始まります。

1.5L 直列4気筒アトキンソンサイクルエンジン・2モーターにリチウムイオンバッテリーの組み合わせ

  • エンジン出力 107ps
  • エンジン最大トルク 13.7kgm
  • モーター出力 129ps
  • モーター最大トルク 27.2kgm
  • システム最高出力:153ps
  • 最大トルク:27.2kgm

 

システム出力こそ現行i-DCDと大差はありませんが、モーター出力が大きく向上され2モーターにすることで滑らかな走りとパワフルな走りの両立がなされます。

もう一つのモーターは駆動用モーターまたはバッテリーパックに電流を供給

またインサイトには「NORMAL」「ECON」「SPORT」の走行モード切替が採用されていますので、新型フィットでも搭載されると思われます。

現行フィットハイブリッドと比較

フィット3のハイブリッドはi-DCDと呼ばれる1モーター式ハイブリッドになり、ヴェゼル・フリードなどに搭載されています。

  • エンジン出力 132ps
  • エンジン最大トルク 15.9kgm
  • モーター出力 29.5ps
  • モーター最大トルク 16.3kgm
  • システム出力 152ps

 

エンジン出力はこちらが上ですがi-MMDはモーターが主役で約100PSの差があります。

最大トルクも約10kgm上回っており相当パワーがあります。

フィット3の燃費性能は37.2km/Lになっており、新型フィット4では40.0km/l越えは間違いないとのこと!

 

この燃費性能でアクアの38.0km/lを超えてアピールポイントとなります。

 

2モーターi-MMDについてもう少し詳しく説明

 

このi-MMDの特徴として走行シーンのほとんどがモーターによる駆動となります。

街中ではエンジンは発電に徹して、高速走行になってある一定の速度域になるとクラッチがガソリンと駆動輪をつなぎます。

 

これは高速走行ではモーターよりもエンジンの方が効率が良いため、高速走行ではエンジン主体に切り替わります。

似たような仕組みは日産ノートeパワーですが、ホンダのi-MMDの方がよりエンジン・モーターの切り替えを効率よく行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました