2020年12月 新型オデッセイ マイナーチェンジ!搭載エンジン・価格・装備は?

この記事は約2分で読めます。

2020年12月 新型オデッセイ マイナーチェンジ(安全装備)

  • CMBS〈衝突軽減ブレーキ〉

搭載されたセンサー&カメラで前方の障害物を感知します。

衝突の危険が高まると、ドライバーの警告音でお知らせします。

それでも衝突の危険が高まった場合自動ブレーキ制御で衝突防止または軽減を行います。

  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

ドライバーが設定した速度内で自動アクセル・ブレーキ制御で車間距離を保ちながらスピードコントロールをしてくれます。

ハイブリッドモデルは渋滞時追従もついた全車速対応となっています。

  • 誤発進抑制機能

停車中か時速10キロ以下の速度の時に。前方に障害物がある場合。急なアクセル操作が入った場合出力制御を行い急発進を防止します。

  • 歩行者事故低減ステアリング

路側帯を歩く歩行者を検知することで、近づきすぎた場合ステアリングアシストが入ってぶつからないように支援

  • 路外逸脱抑制機能

路肩にはみ出しそうになった場合ステアリングアシストで逸脱防止してくれます。

  • 車線維持支援システム〈LKAS〉

クルーズコントロール使用時に車線を検知して、中央を維持するようにアシストします。

運転手の疲労軽減にも役立ちます。

  • 先行車発進お知らせ機能

自車が赤信号などで停車中に、前方の車が発進しても動かない場合、ドライバーに警告音でお知らせします。

  • 標識認識機能

搭載されたカメラが標識を読みよってインフォメーションディスプレイに表示してくれます。

 

上記の安全運転支援システムが搭載されており、マイナーチェンジでも引き続き搭載されます。

新型オデッセイマイナーチェンジでは、上記の機能に加えて以下の機能が追加されます。

オートハイビーム

搭載されたセンサーによってハイビーム・ロービームの切り替えを自動で行い夜間ドライブをサポートしてくれます。

後方誤発進抑制機能

停車時や10km/h以下の低速後退時に、後方に障害物を感知した状態で、ドライバーがアクセル踏んでもエンジン出力制御を行い急発進を抑制

コメント

タイトルとURLをコピーしました