【2020年 新型プリウスα フルモデルチェンジ最新情報】搭載エンジン・安全装備・価格は?エスティマと統合!?

この記事は約3分で読めます。

新型プリウスαフルモデルチェンジではTNGA採用

新型プリウスα TNGA

 

車体の基本プラットフォームも最新TNGAを採用してきます。

重心を低くした新プラットフォームは軽量化・剛性に優れているのが特徴です。

 

溶接もスクリュー式が採用され従来のスポット式よりも剛性に効いてきます。

そのためふらつきの少ない走行のため車酔い軽減や楽しい走りを実現

 

ばね上制振制御

この新プラットフォームを採用する新型プリウスαには乗り心地をよくするため車体の揺れを抑制。

これは路面のデコボコを感知して、モータートルクをリアルタイム制御して振動を軽減

 

E-Four(電気式4WDシステム)搭載

新型プリウスα 4WD

 

新型プリウスαでは待望の4WDが採用される見込みです。

機械式4WDと比較すると確かに能力は劣りますが、雪国に住んでる方には必須ともいえる装備です。

 

クロスオーバー風になるのならばこの4WD無くては話になりませんね。

マルチインフォメーションディスプレイには前後輪トルク配分量表示してくれます。

 

4WD搭載による燃費低下は極力抑えられ、最低でも現行モデルの26.2km/lより下になることはないと思われます。

 

しかし4WDにすることで5人乗りモデルのみの設定になる可能性もあります。

三列目のスペースがリアモーターなどに占拠されるため3列モデルは難しくなると思います。

 

2020年 新型プリウスα フルモデルチェンジ最新情報(安全装備)

新型エスティマ 安全性能

 

現行モデルでも「トヨタセーフティセンスP」が採用されているので必要十分な性能はありますが、新型プリウスαではもう一歩進化させた「第二世代セーフティセンス」が採用されます。

 

  • プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

搭載されたセンサーで障害物を検知することで、万が一の衝突回避または軽減

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)

車線を感知してはみ出さないようにハンドル操作をアシスト

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

設定した速度内でアクセル&ブレーキ操作を行い車間距離を保ちます

  • オートマチックハイビーム

夜間走行時に対向車など検知してハイロー切り替えを自動でします。

  • ロードサインアシスト

道路標識をカメラが読み込んでディスプレイに表示します。

 

夜間歩行者検知が一番のポイントですね。

これで夜間でも万が一の事故を防いだり軽減したりします。

 

他にもこのような安全装備が搭載

  • リヤクロストラフィックアラート〈RCTA〉
  • ドライブスタートコントロール
  • ブラインドスポットモニター〈BSM〉
  • インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)
  • シンプルインテリジェントパーキングアシスト(巻き込み警報機能付)

 

現行モデルと比較すると安全装備面は進化して安心できる車にパワーアップ

新しいプラットフォームは衝突安全性能も向上されています。

 

コメント

  1. ミヤジマヒロシ より:

    新型プリウスαの時期を遅らせてもして欲しいことは、国産最高峰の7人乗りでもう一周りサイズアップして欲しい。350ps前後、デュアルモーター、エンジンは2.500cc程度以内、レヴォーグに対抗。
    燃費はエコモード25km、パワーモードで10km前後、エコとパワーモードの区別をしっかり分けれるようなシステム。
    以上をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました