最新の洗車機は傷がつくの?おススメの使い方やメリット・デメリットは??

この記事は約2分で読めます。

洗車機で傷がつく原因とは?

この記事を読んでる方は一番気になるポイントですね。

まず初めに言ってしまうと最新の洗車機であれば素人の手洗いと大差ない!!

後ほど手洗いでも傷がつく理由をお話ししますが、最新の洗車機であれば心配するような傷はつきません。

(ソリッドブラックなどは傷が目立つ)

 

ただどうしても日に当たると見えるような細かい傷が手洗い同様つきます。

この傷が機械だろうが手洗いだろうが避けて通れない傷になります。

昔の洗車機は傷がついた??

  • 化繊ブラシ
  • 布ブラシ
  • スポンジブラシ

最新の洗車機ではこのような素材が使用され、車の塗装に面に優しい素材が使用されています。

しかし昔の洗車機ではナイロン・プラスチック製など固い素材が使用されていたため簡単にボディ表面に傷をつけていました・・・

 

またブラシに付着傷をつける原因となっています。

した小石・砂なども最新の物では、前の車の洗浄が終わったらブラシを自動洗浄することでブラシを綺麗にしてくれます。

 

昔のモデルでは

  • ブラシ素材が固い
  • 洗浄機能がないため前の車の汚れが残る

このように最新モデルと比べて傷をつける原因がありました。

 

酷すぎる汚れ状態で洗車機使用

最新モデルがいかに塗装面に優しくても、ギトギトに泥汚れがついてる状態での使用はNGです・・・

カピカピに乾燥してる状態で入れたら、その泥汚れがブラシの回転によって塗装面に擦りつけられます!

酷すぎる汚れがある場合は手洗い洗車をしましょう。

 

通常利用であれば洗車機の傷は気にしなくても大丈夫

このように最新モデルであれば気にする必要はないと言えます。

メーカーによると一回の利用で塗装面に与える影響は0.02ミクロン以下としています。

 

車の塗装は個体差がありますが100ミクロン前後・クリア層は数十ミクロンとなっていますので、殆んど傷がつかないと言えます。

仮に傷が入っても簡単に消せるレベルです。

 

余談ですが管理人の知り合いのレクサス店では洗車サービスがあるのですが、そこの店舗では洗車機を利用しています。

試乗車などは毎日洗車機を利用しているそうですが、ほとんど傷は目立たないそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました