信号待ちでヘッドライトを消す意味は?バッテリーに負担はないの?

この記事は約2分で読めます。

ヘッドライトを消す意味

 

ヘッドライトを消すにはさまざまな意味や理由が存在しています。

特にヘッドライトを消灯しているのは、年配の方に多い傾向があります。

というのも、昔は信号待ちのときにはヘッドライトを消すのが当たり前で、その名残が現在も残っているのです。

●ヘッドライトを消す意味①:バッテリー上がりを防ぐため

昔の車というのは、現在ほどの性能がなく、アイドリング時に発電する能力が低かったため、信号待ちのときにバッテリー上がりを起こすことがありました。

停車時にヘッドライトを消灯することで、バッテリー上がりを防止していたようです。

●ヘッドライトを消す意味②:対向車や歩行者に対して眩しくないようにする

対向車や歩行者に対して眩しくならないように、という心づかいからヘッドライトを消すドライバーも多いようです。

しかし、歩行者に対して眩しくはならないものの、車の存在に気づかずに赤信号で横断歩道を渡ろうとする方も中にはいて、意外と危険を伴うこともあります。

●ヘッドライトを消す意味③:ヘッドライトの寿命を延ばすため

ヘッドライトの寿命を延ばすために消灯しているという意見もあります。昔の車は今のような性能がなかったため、停車中にヘッドライトが消えてしまうということがあったようです。

つまり、先述の理由と同じで昔ながらの名残が残っているものと思われます。

●ヘッドライトを消す意味④:周りに合わせている

特に理由はないけれど、周りが消灯しているから自分もそれに合わせて消灯しているという方もおられるようです。

また、マナーだと思って消灯しているという場合もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました