スポンサーリンク

数年前から話題の、高音質をさらに上回る「ハイレゾ」
ハイレゾ対応のイヤホンで聞くと耳が新世界、それは車でも可能なのでしょうか?
方法は様々で、簡単な物から難しいものまであります。
当記事では、ハイレゾの概要と車内サウンドのハイレゾ化の方法を分かりやすくご紹介していきます!

そもそもハイレゾって?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

簡単に言うと、CDでは出し切れなかった音の細かい部分が聞けるようになった音源です。
と言っても、今までのCDの音が悪かった訳ではなく、CD音源を再生する時に出し切れなかった音があるだけなのです。

CDの約6.5倍の情報が楽器など緒細かい音を再生することが可能なのです!

ハイレゾは、その出し切れなかった音を出し切り、まるでスタジオでの収録を聞いてるような繊細な音を出してくれます。

p9

デジカメでも、解像度が高い方がキレイに写るのと考え方は一緒です。

音の響き・低音の迫力などのクオリティが格段に上がるので、ハイレゾで音楽を聞く人は着々と増えています。

スマホやテレビでも対応機種が続々登場!

top_onshitsu

音楽を聴く専用端末「ウォークマン」・「CDコンポ」などでは早い時期からハイレゾ対応が増えてきました。

また最近ではスマートフォンで再生できる機種が多くなっています!

ソニーが販売する上級液晶テレビではハイレゾ音源を再生できるものや、プレイステーションでもアップデートによって対応するなど再生環境が浸透してきていますね!

車でもハイレゾが聞きたい!

それではハイレゾ対応イヤホンを耳に着けて運転してください!って訳にはいきません。
周囲の音が聞こえずに状況把握が出来ず、大変危険なので止めてください。
スピーカーでも音量の上げすぎにはご注意を!
音量適量、周囲の音が聞こえる環境は確保しておきましょう・・・。

ちょっと長い前置き(笑)はさておき、車でもハイレゾ音質で音楽を聞くことはできます。
方法は以下の通り。

ハイレゾ対応カーオーディオとスピーカーの搭載
ハイレゾ対応のプレイヤーを非ハイレゾオーディオに有線接続
ハイレゾ対応のプレイヤーを非ハイレゾオーディオに無線接続

となります。

下記に詳細を挙げますので、どれが一番自分に向いているかなどを見ていきましょう!

高音質なら・・・

ハイレゾにも、音の出力方法によっては音質の高低があります。
どうせなら一番高音質の状態で聞きたいですよね?
であれば、ハイレゾ対応のカーオーディオとスピーカーに取り換えてしまいましょう。

なぜオーディオとスピーカーの2つを変えるのか、理由は簡単です。
オーディオ機器が良い物なのに、音を飛ばす為のスピーカーがお粗末な物では結局いい音が出ないからです。(逆もまた同じです)
宝の持ち腐れにするぐらいなら徹底的に取り換えてしまいましょう。

ちなみに、オーディオ+スピーカーで30~100万円で、そこに工賃(ご自分で付けるならタダ)が含まれるので値段は半端ない事になってしまいます・・・。

相当音楽が好きでないと出来なさそうですが、その先には感動のハイレゾドライブが待っています・・・。

もっとお手軽に・・・

main

え~、そんなにお金かけられないよ・・・。
って方もいるかと思います。

筆者なんかだと間違いなく尻尾を巻いて逃げ、安くて良い方に突撃しちゃいます。(こ、こんな事考えるの筆者だけじゃないですよね?)

スポンサーリンク

低価格なおかつ高音質にする方法だって、ちゃんとあるんです!

  • その方法は実に簡単で、ハイレゾ音質で再生できるプレイヤーを既存のカーオーディオに接続する。
    たったこれだけなんです。

ハイレゾオーディオにまるごと交換するよりも音質は下がってしまいますが、今までの音質を超えるレベルで音楽を聞くことが出来ます。

これまで、スマホやウォークマンなどをカーオーディオに繋いで音楽を流したことがある人はいませんか?

やったことがある人なら分かると思いますが、イコライザーで自分好みの音質や高音質に調整したりすると、カーオーディオで音楽を流すよりも音質が良くなる事はありませんでしたか?

その「音質が良くなる」部分をハイレゾ音質に置き換えただけなので、仕組みとしては非常に簡単なものになります。

ただ、この方法の場合注意しなければならない事が2つあります。

1つ目は、カーオーディオ側にAUX入力があるどうか。
そもそも、カーオーディオとプレイヤーを繋ぐことが出来なければ始まりません。
繋ぐことさえできれば、一番手軽に低コストでハイレゾ化が可能です。

2つ目は、有線接続と無線接続による音質の違いです。
有線(ケーブル)と無線(Bluetoothなど)では音質が上下します。
Bluetoothで接続した場合、ケーブルで接続した場合よりも音のデータがダイレクトに伝わりにくいので、その分音質にも影響がでます。
音質を優先するなら有線、ケーブルを無くしてスッキリスタイリッシュがいいのであれば無線。
どちらを取るかはあなた次第と言う事になります。

ハイレゾ音源の入手方法は?

冒頭でも説明したとおりCDには収まりきらないデータですので、基本的にはハイレゾ配信サイトからダウンロード販売を通じて入手することになります。

基本的にはパソコン・WiFi環境が揃っていれば割りと簡単に手に入れることが可能です!

ダウンロードする際の注意としては、再生機種の対応フォーマット確認して購入することで、主に配信しているフォーマットは

  • wav
  • flac
  • dff
  • dsf

の形式で販売されていますのから購入時は必ずチェックするようにしてください!

少し様子見でもいいかも・・・

「車でも高音質「ハイレゾ」って何のこと?再生方法・費用・簡単にできるもの?」を、ここまで読まれていかがでしたか?

カーオーディオをまるごと変えると、莫大なお金がかかってしまいますよね・・・
これは、まだハイレゾ対応のカーオーディオの種類が無く、高い機材の選択しか出来ない事に理由があります。

これから各メーカーの努力により、誰にでも安価で手軽にハイレゾ対応カーオーディオが手に入る時が訪れるかと思います。

現状、大金をはたいてまでハイレゾ化する必要性はそこまでないと、筆者は感じます。

とりあえずは、プレイヤーのイコライザーで音質をあげる、もしくは、ハイレゾ対応プレイヤーを既存のカーオーディオにつなげる、いずれかの方法が今の所ベストだと思います。

最後に、ミュージックドライブもいいのですが、安全運転の気は抜かずに車に乗りましょう。

スポンサーリンク