自動車シェア「Anyca(エニカ)」の特徴と危険なデメリットは?

お役立ち情報 トラブル解決 ドライブ関係

スポンサーリンク

最近話題が多い自動車シェア「Anyca(エニカ)」はディー・エヌ・エー(DeNA)が2015年9月から開始した新しいサービスです。

いままでの自動車シェアと大きく違うのは

  • 事業者→ユーザーのレンタルではなく、ユーザー→ユーザーでの車の貸し借りです!

大手自動車レンタルでは中々乗れなかった車も登録されてるとあり、いま話題のサービスになっています♪

今回はそんな自動車シェア「Anyca(エニカ)」の詳しいサービスとメリット・デメリットなど解説していきますね!

やはりどんなサービスにも危険なトラブルはつきものですのでよく理解してから利用しましょう。

自動車シェア「Anyca(エニカ)」の特徴とは?

20150909_img01

 

自動車オーナーが普段利用していない時間や曜日などで貸し出しを行うサービズになっており、乗りたい車と時間が合えばレンタルできるものです!

嬉しいことに基本的に月額料金などは発生しません。

支払うお金は利用料金のみ!

またポルシェ・ベンツ・BMWなどの高級車もラインアップされており、普段は乗れない車をレンタルすることが出来ます。管理人が確認したところアウディR8というスーパーカーまでありました!!

利用方法も簡単で

  • スマホに専用アプリインストール
  • 会員登録
  • 場所・日時・車種から検索
  • お目当ての車に予約リクエスト
  • オーナーから連絡があり承認
  • 引き渡し場所で引き取り

といった流れになっています!料金はクレジットカード決済ですので双方ともに安心ですね♪

このようにスマホで簡単に車のレンタルができるが一番の特徴ですね!

しかしこのような便利なサービズにも注意しなければならない危険なトラブルやデメリットが存在していますので詳しく見ていきましょう!!

スポンサーリンク

自動車シェア「Anyca(エニカ)」のデメリットとは?

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s

  • 手元にまとまった現金がない場合

エニカでは事故の際の免責が15万円ですので、万が一の時には支払い義務が生じます
通常のレンタカーでは払わなくていいお金を払う場合に備えてまとまったお金があるときにレンタルしましょう!

  • 高級車では実費分が凄いことに・・・

エニカでの保険は車が廃車になった際に支払われる金額は300万円ですので、借りる車が高級車で300万円を超える場合はその分実費で支払わないとなりません。

  • 車両盗難に注意

基本的にエニカ利用時に入る保険には車両盗難保険がついていません!オーナーの方で個別に対応しているか確認しましょう。

  • 車の傷には注意

個人間のレンタルですので、貸出前にちゃんと傷のチェックをしないとトラブルのもとになります・・・
お互いに気持ちい取引ができるように必ず双方で確認!!

  • 傷の確認では注意しきれない

上記のように双方で確認していても内装の細かい傷まではチェックしきれない場合があるようで、その際にはオーナーはある程度諦める必要があります。

  • 走行距離がのびる

走行距離制限もありますが、貸し出すオーナーは貸した回数が多いほど走行距離が伸びで将来、車売却時の査定が下がる可能性があります。

情報まとめ

「自動車シェア「Anyca(エニカ)」の特徴と危険なデメリットは?」は参考になりましたか?

近年では若者が車を持たないと騒がれていますが、車の弄って結構お金がかかるので給料が上がらない状態で所有したいと思うはずありません!

便利な反面デメリットが存在していますので貸すユーザー・借りるユーザーともに気を付ける必要がある。

こういった自動車シェアは今後の新しい車利用方法として広がってくでしょう♪また2020年東京オリンピックでは多くの外国人が訪れるので、法改正などでエニカに似たサービスが現れることも予想できます!

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

自動車シェア「Anyca(エニカ)」の特徴と危険なデメリットは?

お役立ち情報 トラブル解決 ドライブ関係

スポンサーリンク

最近話題が多い自動車シェア「Anyca(エニカ)」はディー・エヌ・エー(DeNA)が2015年9月から開始した新しいサービスです。

いままでの自動車シェアと大きく違うのは

  • 事業者→ユーザーのレンタルではなく、ユーザー→ユーザーでの車の貸し借りです!

大手自動車レンタルでは中々乗れなかった車も登録されてるとあり、いま話題のサービスになっています♪

今回はそんな自動車シェア「Anyca(エニカ)」の詳しいサービスとメリット・デメリットなど解説していきますね!

やはりどんなサービスにも危険なトラブルはつきものですのでよく理解してから利用しましょう。

自動車シェア「Anyca(エニカ)」の特徴とは?

20150909_img01

 

自動車オーナーが普段利用していない時間や曜日などで貸し出しを行うサービズになっており、乗りたい車と時間が合えばレンタルできるものです!

嬉しいことに基本的に月額料金などは発生しません。

支払うお金は利用料金のみ!

またポルシェ・ベンツ・BMWなどの高級車もラインアップされており、普段は乗れない車をレンタルすることが出来ます。管理人が確認したところアウディR8というスーパーカーまでありました!!

利用方法も簡単で

  • スマホに専用アプリインストール
  • 会員登録
  • 場所・日時・車種から検索
  • お目当ての車に予約リクエスト
  • オーナーから連絡があり承認
  • 引き渡し場所で引き取り

といった流れになっています!料金はクレジットカード決済ですので双方ともに安心ですね♪

このようにスマホで簡単に車のレンタルができるが一番の特徴ですね!

しかしこのような便利なサービズにも注意しなければならない危険なトラブルやデメリットが存在していますので詳しく見ていきましょう!!

スポンサーリンク

自動車シェア「Anyca(エニカ)」のデメリットとは?

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s

  • 手元にまとまった現金がない場合

エニカでは事故の際の免責が15万円ですので、万が一の時には支払い義務が生じます
通常のレンタカーでは払わなくていいお金を払う場合に備えてまとまったお金があるときにレンタルしましょう!

  • 高級車では実費分が凄いことに・・・

エニカでの保険は車が廃車になった際に支払われる金額は300万円ですので、借りる車が高級車で300万円を超える場合はその分実費で支払わないとなりません。

  • 車両盗難に注意

基本的にエニカ利用時に入る保険には車両盗難保険がついていません!オーナーの方で個別に対応しているか確認しましょう。

  • 車の傷には注意

個人間のレンタルですので、貸出前にちゃんと傷のチェックをしないとトラブルのもとになります・・・
お互いに気持ちい取引ができるように必ず双方で確認!!

  • 傷の確認では注意しきれない

上記のように双方で確認していても内装の細かい傷まではチェックしきれない場合があるようで、その際にはオーナーはある程度諦める必要があります。

  • 走行距離がのびる

走行距離制限もありますが、貸し出すオーナーは貸した回数が多いほど走行距離が伸びで将来、車売却時の査定が下がる可能性があります。

情報まとめ

「自動車シェア「Anyca(エニカ)」の特徴と危険なデメリットは?」は参考になりましたか?

近年では若者が車を持たないと騒がれていますが、車の弄って結構お金がかかるので給料が上がらない状態で所有したいと思うはずありません!

便利な反面デメリットが存在していますので貸すユーザー・借りるユーザーともに気を付ける必要がある。

こういった自動車シェアは今後の新しい車利用方法として広がってくでしょう♪また2020年東京オリンピックでは多くの外国人が訪れるので、法改正などでエニカに似たサービスが現れることも予想できます!

 

コメントをどうぞ