ガソリン車に軽油入れたら故障するの?入れた場合の対処や予防方法!

この記事は約2分で読めます。

間違えない為の予防策

これは是非とも覚えておいて欲しい予防策です。

セルフスタンドを利用してる方なら分かると思いますが、給油ノズルの握る部分って何色かに分かれていますよね?
全国のほぼ100%のスタンドでは、燃料の種類ごとにグリップの色分けがされているんです。

67920591dd892be2ec47e27d9fcb2be8_s

  • レギュラーガソリンは赤色
  • ハイオクガソリンは黄色
  • 軽油は緑色
  • 灯油は青色

と言う風に分けられています。

レギュラーとハイオクを間違える分には走れるのですが、軽油だけは間違えて入れてはいけません。(灯油を入れても走りますが、軽油と同等の事態になる事に加えて、脱税にもなってしまいます)
という事は、給油する時に緑色や青色のグリップを握っていないかどうかを確認しておけば予防出来るのです。

それでも心配であれば、工事現場などでよく使われる指さし確認をするしかありません。
「現金投入よし!燃料の種類よし!ガソリンよし!」

何をやっても不安なのであれば、店員さんが給油してくれる普通のガソリンスタンドへ行きましょう。
過度の心配も良くはありませんが・・・

ハイオクを間違えて入れた場合はどうなるか詳しく記事にしました↓

間違えたら故障するの?レギュラー・ハイオクの違いを解説!

最後に

「ガソリン車に軽油入れたら故障するの?入れた場合の対処や予防方法!」は参考になりましたでしょうか?

たった一つのささいなミスで、ガソリンと軽油を間違えてしまっただけで大惨事。
ついさっきまで元気だった愛車が危篤状態。
慌てふためいてパニック、どうしたらいいかわからない。

「そんな馬鹿な話があるか」「自分は大丈夫」と思っているあなた。
なにか考え事をしてたり、ボーっとしながら給油したりしていると、いつかひどい目に会うかもしれませんよ?

もし間違えて入れてしまった時は、この記事を思い出してみてください。
あ、まさか自分が間違えるとは・・・と思うはずです。
同時に、すぐにプロを呼んでください。

車は、ただガソリンを入れれば動いてくれる物ではありません。
自分の相棒、愛車なのですから、我が身の様に大切にしてあげましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました