車のガラス撥水はフッ素とシリコーンの違いは?メリットやデメリットを解説!

洗車関係 車用品関係

スポンサーリンク

こんにちは!皆さんは雨の日に車の運転はしますか?

雨の日って視界が悪くて運転がしにくいですよね・・・

フロントガラスに撥水剤を施工していれば、水玉になって視界も何もしていない状態よりは良くなります!

これからガラス撥水を考えていて、カー用品店に買いに行った際に同じように見える撥水剤でも値段差があるの気づいていますか?

あれは成分が違うためで大概は2種類に分類されます!

  • シリコーン系
  • フッ素系

などにわえられていますので、それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説していきたいと思います♪

車のガラス撥水のフッ素とシリコーンの違いとは?

基本的に価格はシリコーン系の方が安くて、フッ素は約倍の価格になっていると思います。

そんな両者の違いを分かりやすく解説したいと思います!

シリコーン系撥水剤

成分にシリコーンを主体としたものになっており、比較的安価で手に入ります。

有名どころですとオレンジ色の「ガラコ」の名前は一度聞いたことがるのでは?

量販店などで最も多く販売されている商品で、ホームセンターなどでも購入することが可能です!

簡単に説明すると油をガラスに塗っているような感じです。イメージですが!

フッ素系撥水剤

フライパンなどで焦げ付かない加工がフッ素です。

面白いように目玉焼きなど滑りますよね?

その成分をガラス撥水用に応用して販売されています!

長持ちするのですがその分高価になっています。

メリットは?

シリコーン系

  • 商品が安い
  • 撥水力が強い
  • 再施工時の除去が容易

になっていおり、商品が600円もあれば購入可能です。

また撥水性能も高く走行していると気持ちいいくらい水玉が飛んでいきます!

高価が弱くなって落としたいときにもそんなに苦労しないで除去可能がポイント♪

フッ素系

  • 耐久性が高い
  • 防汚・撥油性能に優れる

高価持続期間が3倍ほどシリコーンに比べてあるので、再施工の手間が省ける。

イオンデポジット、ガラスの水垢、ウロコなどの付着を防ぐことができます。

施工方法もシリコーンと変わらないので安心です♪

デメリットは?

シリコーン系

  • 効果期間が短い
  • 撥水が切れかかると油膜になる

しっかり施工して雨が多いと1か月程度ので撥水性能が低下してきます。

低下したシリコーン撥水剤は油膜となり逆に視界不良の原因になる恐れがあります。

フッ素系

  • 価格が高い
  • 撥水はシリコーンに劣る
  • 除去が大変

ガラコのフッ素系ですと1500円はするため、なかなか手が出しづらいです・・・

撥水力はシリコーンの方が水玉が飛んでいきます!

また劣化したフッ素撥水剤は除去が大変なので、再施工時には苦労してしまう。

スポンサーリンク

メリット・デメリットまとめ

こうやって比較すると価格は高いけど長持ちするフッ素がいいかな?って思われた方が多いと思います。

管理人は場所によって使い分けがおススメと考えてます!

  • ワイパーがないサイド・リアガラスには撥水性能が高いシリコーン
  • ワイパーのあるフロントには耐久性が高いフッ素

 

実際このように使い分けをしています。

サイドガラスなどは走行中の風で飛んでいかせたいので、速度域は低い状態でも効果があるシリコーン系を使用します。

ワイパー使用するフロントには摩擦に強いフッ素を施工することで、長い間撥水状態を維持してくれるからです♪

 

ただ再施工が苦にならないユーザーは全面シリコーンが良いと思います!市販の油膜除去で比較的簡単に落とせますので。

フッ素だと通常の油膜除去だと結構重労働で中々大変・・・

 

 

また凄く細かい点をお話しするとワイパー傷に対してはシリコーン系の方がつきにくいのです!!

フッ素と比べて摩擦抵抗が少ないので比較すると傷はつきにくいので、ワイパー傷を気にする人はシリコーンを使用してみてはどうでしょう?

ガラス撥水施工の利点

両者の違いはわかっていただけたでしょうか?自分に合った撥水剤を選択してもらえれば幸いです♪

ガラス撥水の効果って視界向上だけじゃないんです!ちょっと紹介しますね。

雨天時の視界向上

これは基本で誰もが知っていますよね!撥水状態に慣れていると何もメンテナンスされてないガラスで運転すると恐怖です(笑)

代車のときの大雨はワイパーで拭き取るまでの数秒視界ゼロで危ない思いをしました・・・

イオンデポジットを防ぐ

関連記事でも紹介しますが、雨などの水分が乾燥して強力なシミになったものをイオンデポジットといいます。

油膜同様に視界不良の原因となるのを撥水施工していれば防ぐことが可能です。

車の塗装面にシミ!ウォータースポットとイオンデポジットの違い原因や除去方法は?

霜の除去が簡単に!

冬の時期にフロントガラス凍結がありますが、撥水施工してると氷の除去が何もしてない状態と比較して簡単になります。

またフロントガラスに付いた鳥糞・虫などの汚れも落ちやすい効果も!

フロントガラスに氷が!凍結の溶かし方と予防方法・ワイパー作動は禁止!?

 

このようにガラス撥水施工は利点がありますので、まだ施工してないってユーザーは今度の休みに是非ともチャレンジしてみてください!

梅雨の時期・夏のゲリラ豪雨・冬のガラス凍結対策になりますので、安全運転にも欠かせません♪

管理人が使用してる製品は?

  • CCIスマートビュー「ガラス撥水スプレー撥水長持ちタイプ」

 

 

この商品はガラスに噴きつけて付属のマイクロファイバーで塗り広げる簡単施工が特徴です!

従来の物は塗り込んで乾かしてふき取りの3ステップだったのが、2ステップに短縮♪

最近はこれを愛用しています。

ちょっとした難点ですが簡単なのですが白くならないためどこまで塗れてる?と不安になる場合があります(笑)

意外と伸びるので問題なく施工できるのですが、心配であれば二回塗るのが確実ですね!

 

情報まとめ

「車のガラス撥水はフッ素とシリコーンの違いは?メリットやデメリットを解説!」はいかがでしたか?

両者の違いを把握して自分に合った撥水剤は判明したでしょうか?

また意外と皆さんおろそかにするのが下地処理なんです・・・

ガラスに汚れが残っている状態で施工しても効果を十分に発揮できませんので、関連記事に詳しくまとめていますので目を通しておいてくださいね♪

雨の日のドライブを少しでも快適にできるお手伝いが出来れば幸いですので、何か質問があればお気軽にコメントなどどうぞ!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車のガラス撥水はフッ素とシリコーンの違いは?メリットやデメリットを解説!

洗車関係 車用品関係

スポンサーリンク

こんにちは!皆さんは雨の日に車の運転はしますか?

雨の日って視界が悪くて運転がしにくいですよね・・・

フロントガラスに撥水剤を施工していれば、水玉になって視界も何もしていない状態よりは良くなります!

これからガラス撥水を考えていて、カー用品店に買いに行った際に同じように見える撥水剤でも値段差があるの気づいていますか?

あれは成分が違うためで大概は2種類に分類されます!

  • シリコーン系
  • フッ素系

などにわえられていますので、それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説していきたいと思います♪

車のガラス撥水のフッ素とシリコーンの違いとは?

基本的に価格はシリコーン系の方が安くて、フッ素は約倍の価格になっていると思います。

そんな両者の違いを分かりやすく解説したいと思います!

シリコーン系撥水剤

成分にシリコーンを主体としたものになっており、比較的安価で手に入ります。

有名どころですとオレンジ色の「ガラコ」の名前は一度聞いたことがるのでは?

量販店などで最も多く販売されている商品で、ホームセンターなどでも購入することが可能です!

簡単に説明すると油をガラスに塗っているような感じです。イメージですが!

フッ素系撥水剤

フライパンなどで焦げ付かない加工がフッ素です。

面白いように目玉焼きなど滑りますよね?

その成分をガラス撥水用に応用して販売されています!

長持ちするのですがその分高価になっています。

メリットは?

シリコーン系

  • 商品が安い
  • 撥水力が強い
  • 再施工時の除去が容易

になっていおり、商品が600円もあれば購入可能です。

また撥水性能も高く走行していると気持ちいいくらい水玉が飛んでいきます!

高価が弱くなって落としたいときにもそんなに苦労しないで除去可能がポイント♪

フッ素系

  • 耐久性が高い
  • 防汚・撥油性能に優れる

高価持続期間が3倍ほどシリコーンに比べてあるので、再施工の手間が省ける。

イオンデポジット、ガラスの水垢、ウロコなどの付着を防ぐことができます。

施工方法もシリコーンと変わらないので安心です♪

デメリットは?

シリコーン系

  • 効果期間が短い
  • 撥水が切れかかると油膜になる

しっかり施工して雨が多いと1か月程度ので撥水性能が低下してきます。

低下したシリコーン撥水剤は油膜となり逆に視界不良の原因になる恐れがあります。

フッ素系

  • 価格が高い
  • 撥水はシリコーンに劣る
  • 除去が大変

ガラコのフッ素系ですと1500円はするため、なかなか手が出しづらいです・・・

撥水力はシリコーンの方が水玉が飛んでいきます!

また劣化したフッ素撥水剤は除去が大変なので、再施工時には苦労してしまう。

スポンサーリンク

メリット・デメリットまとめ

こうやって比較すると価格は高いけど長持ちするフッ素がいいかな?って思われた方が多いと思います。

管理人は場所によって使い分けがおススメと考えてます!

  • ワイパーがないサイド・リアガラスには撥水性能が高いシリコーン
  • ワイパーのあるフロントには耐久性が高いフッ素

 

実際このように使い分けをしています。

サイドガラスなどは走行中の風で飛んでいかせたいので、速度域は低い状態でも効果があるシリコーン系を使用します。

ワイパー使用するフロントには摩擦に強いフッ素を施工することで、長い間撥水状態を維持してくれるからです♪

 

ただ再施工が苦にならないユーザーは全面シリコーンが良いと思います!市販の油膜除去で比較的簡単に落とせますので。

フッ素だと通常の油膜除去だと結構重労働で中々大変・・・

 

 

また凄く細かい点をお話しするとワイパー傷に対してはシリコーン系の方がつきにくいのです!!

フッ素と比べて摩擦抵抗が少ないので比較すると傷はつきにくいので、ワイパー傷を気にする人はシリコーンを使用してみてはどうでしょう?

ガラス撥水施工の利点

両者の違いはわかっていただけたでしょうか?自分に合った撥水剤を選択してもらえれば幸いです♪

ガラス撥水の効果って視界向上だけじゃないんです!ちょっと紹介しますね。

雨天時の視界向上

これは基本で誰もが知っていますよね!撥水状態に慣れていると何もメンテナンスされてないガラスで運転すると恐怖です(笑)

代車のときの大雨はワイパーで拭き取るまでの数秒視界ゼロで危ない思いをしました・・・

イオンデポジットを防ぐ

関連記事でも紹介しますが、雨などの水分が乾燥して強力なシミになったものをイオンデポジットといいます。

油膜同様に視界不良の原因となるのを撥水施工していれば防ぐことが可能です。

車の塗装面にシミ!ウォータースポットとイオンデポジットの違い原因や除去方法は?

霜の除去が簡単に!

冬の時期にフロントガラス凍結がありますが、撥水施工してると氷の除去が何もしてない状態と比較して簡単になります。

またフロントガラスに付いた鳥糞・虫などの汚れも落ちやすい効果も!

フロントガラスに氷が!凍結の溶かし方と予防方法・ワイパー作動は禁止!?

 

このようにガラス撥水施工は利点がありますので、まだ施工してないってユーザーは今度の休みに是非ともチャレンジしてみてください!

梅雨の時期・夏のゲリラ豪雨・冬のガラス凍結対策になりますので、安全運転にも欠かせません♪

管理人が使用してる製品は?

  • CCIスマートビュー「ガラス撥水スプレー撥水長持ちタイプ」

 

 

この商品はガラスに噴きつけて付属のマイクロファイバーで塗り広げる簡単施工が特徴です!

従来の物は塗り込んで乾かしてふき取りの3ステップだったのが、2ステップに短縮♪

最近はこれを愛用しています。

ちょっとした難点ですが簡単なのですが白くならないためどこまで塗れてる?と不安になる場合があります(笑)

意外と伸びるので問題なく施工できるのですが、心配であれば二回塗るのが確実ですね!

 

情報まとめ

「車のガラス撥水はフッ素とシリコーンの違いは?メリットやデメリットを解説!」はいかがでしたか?

両者の違いを把握して自分に合った撥水剤は判明したでしょうか?

また意外と皆さんおろそかにするのが下地処理なんです・・・

ガラスに汚れが残っている状態で施工しても効果を十分に発揮できませんので、関連記事に詳しくまとめていますので目を通しておいてくださいね♪

雨の日のドライブを少しでも快適にできるお手伝いが出来れば幸いですので、何か質問があればお気軽にコメントなどどうぞ!

 

 

 

コメントをどうぞ