バッテリー上がり!ブースターケーブルの繋ぎ方は?間違えると故障する?

お役立ち情報 トラブル解決 ドライブ関係 車用品関係

スポンサーリンク

寒い冬の季節になってくると、心配になってくるのはバッテリー上がり。

いざ車を出そうとするとエンジンがかからない!そんなトラブルを巻き起こしてしまった方も多いのではないでしょうか?

 

教習所で習った気がするけど、そんなこと忘れちゃって正しいやり方わからない!!

今回はそんな方に、バッテリー上がりになってしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

寒い冬はバッテリー上がりが起こりやすい?

yukimichi160218550i9a9325_tp_v

結論から言うと、バッテリーは寒いと性能が落ちてしまうからです。
原因としてはバッテリー内にあるバッテリー液(硫酸と水が混合した無色透明で無臭の希硫酸と言われるもの)の液温も下がってしまうからなのです。

 

  • 因みに、新品のバッテリーであったとしても外気温-20℃(25℃で100%、1度の変化で1%の能力低下と言われる)という条件下では、その性能は約50%にまでダウンしてしまいます。

 

また、気温が低くなることでエンジンオイルは硬くなってしまう特性があります。そのためエンジン始動時により多くの電力を要する、ということがもう一つの原因です。

 

バッテリー上がりも怖くない!ジャンピングスタートを行う際のブースターケーブルの繋ぎ方

illust_cable_02
引用元 ジーエスユアサバッテリー
  • まずは確認しておきたいこと

一部のSUV車やトラックだった場合は電圧が24Vとなるので、同じ電圧の車からジャンプスタートを行いましょう。電圧が12V同士の車両であることが前提です。また、ブースターケーブルも12V車に24V用を使用しないように注意することも必要です。

また、ハイブリッド車や電気自動車など、バッテリージャンプが不可能なモデルも存在するようなので、こちらも事前に確認が必要となります。

 

  • 接続前に車両の配置から

ブースターケーブルを接続する前に、まずはバッテリー上がりを起こした車両とバッテリー上がりから救護する車両を近づけましょう。この時に注意したいのはバッテリーの搭載位置で、バッテリー同士を近づけるということです。

 

  • ブースターケーブルの繋ぎ方手順

双方の車のエンジンがOFFになっている状態で、ブースターケーブルを以下の順番で繋いでいきます。

 

  1. バッテリー上がり車の+端子(赤色)
  2. 救護車の+端子(赤色)
  3. 救護車の-端子(黒色)
  4. バッテリー上がり車のエンジン金属部分(黒色)

 

手順4.のエンジン金属部分(エンジンフックやエンジンブロックなどと呼ばれる)に接続する理由としては、接続した時に「バチッ」という音と共に飛び散った火花によってバッテリーから発生する水素ガスへ引火、爆発してしまう恐れがあるからです。

 

ただ、最近の車はエンジンフックの露出が少ないため、-端子に繋ぐことも多いようです。

 

5.救護車のエンジンをかけて約1分間アイドリング

 

この時、アクセルを少し踏んでエンジンの回転数を上げましょう。

 

6.バッテリー上がり車のエンジンをかける

 

 

手順6.の注意点としては、セルモーターを10秒以上回さないこととエンジンがかからなかった時は30秒ほど待ちましょう。

 

7.車体へ接触しないように逆の順番で外していく

8.バッテリー上がり車はエンジンがかかったらそのまま30分~1時間ぐらいはエンジンを止めないようにしてバッテリーを充電する

 

間違えてしまったらどうなるの?故障?

スポンサーリンク

 

とにかく接続を間違えてしまうと危険なので、絶対に間違えないようしっかり確認しながら確実に行っていきましょう。もし間違えてしまった場合に考えられるトラブルは以下の通りです。

 

繋ぎ間違えでの考えられるトラブル

 

  • ショートによる引火

 

ブースターケーブルをバッテリー上がり車のバッテリーの+端子、-端子と繋いだ後に救護車の+端子、-端子と接続する人もいるようです。この場合、金属片などが端子に付着するとショートを起こして引火を招き、大変危険なので絶対にやめましょう。

 

  • 救護車が動かなくなる

 

+端子と-端子の接続を間違えてしまったというケースもよくあるようです。この場合の多くは救護車が動かなくなってしまい、原因としてはヒューズが切れてしまっていることによるものです。万が一繋間違えた場合は、ヒューズの交換あるいはショップに見てもらうようにしなければなりません。

 

自信がない!あるいは救護車がいない!という場合は?

b6040c5c98f5a132b65e7b298049efc3_s

 

  • 任意保険に付帯しているロードサービスを利用する

 

費用がかからないので最もオススメの方法がこちらです。大体の場合、任意保険にロードサービスが無料で付いているので、こちらを利用しましょう。条件によってはディーラー保証やメーカー保証が適用になるかもしれませんので、問い合わせてみても良いでしょう。

 

  • 最寄りのガソリンスタンドを利用する

 

もしロードサービスが付帯されていないという場合、次はガソリンスタンドに救助を求めましょう。出張費などが必要にならなければ費用は数千円程度で済む場合もあるようです。

 

  • JAFを呼ぶ

 

上記のどれにも当てはまらない場合、最終手段としてJAFを呼ぶしかないでしょう。非会員だった場合でもその場で会員になった場合でも費用をかなり必要とすることになるでしょう。実際に、JAFにおける冬の救助の多くがこのバッテリー上がりなのだそうです。

ブースターケーブルはいくら?

41hmruxxwal

車に常備している方は少ないと思います!筆者も持ってはいるのですが荷物になるため物置にしまいっぱです・・・・・w

ただ一つ購入しておくだけでも状況は変わるので、家には置いておきましょう♪

ブースターケーブルの値段は大体2000円前後が多いです!
できれば車内に常備しておくのが好ましいですね。

まとめ

「バッテリー上がり!ブースターケーブルの繋ぎ方は?間違えると故障する?」は参考になりましたか?

普段は乗らないで休日しか運転しない・買い物のみの短距離などでは、十分にバッテリー充電がされないので突然のバッテリー上がりの原因の一つです・・・

冬になって急にバッテリー上がりになってしまうと、少なからず寒い中翻弄されてしまうことになってしまいます。
そうなってしまわないためにも、きちんとした時期での交換など、事前の対応が必要だと言えそうです。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

バッテリー上がり!ブースターケーブルの繋ぎ方は?間違えると故障する?

お役立ち情報 トラブル解決 ドライブ関係 車用品関係

スポンサーリンク

寒い冬の季節になってくると、心配になってくるのはバッテリー上がり。

いざ車を出そうとするとエンジンがかからない!そんなトラブルを巻き起こしてしまった方も多いのではないでしょうか?

 

教習所で習った気がするけど、そんなこと忘れちゃって正しいやり方わからない!!

今回はそんな方に、バッテリー上がりになってしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

寒い冬はバッテリー上がりが起こりやすい?

yukimichi160218550i9a9325_tp_v

結論から言うと、バッテリーは寒いと性能が落ちてしまうからです。
原因としてはバッテリー内にあるバッテリー液(硫酸と水が混合した無色透明で無臭の希硫酸と言われるもの)の液温も下がってしまうからなのです。

 

  • 因みに、新品のバッテリーであったとしても外気温-20℃(25℃で100%、1度の変化で1%の能力低下と言われる)という条件下では、その性能は約50%にまでダウンしてしまいます。

 

また、気温が低くなることでエンジンオイルは硬くなってしまう特性があります。そのためエンジン始動時により多くの電力を要する、ということがもう一つの原因です。

 

バッテリー上がりも怖くない!ジャンピングスタートを行う際のブースターケーブルの繋ぎ方

illust_cable_02
引用元 ジーエスユアサバッテリー
  • まずは確認しておきたいこと

一部のSUV車やトラックだった場合は電圧が24Vとなるので、同じ電圧の車からジャンプスタートを行いましょう。電圧が12V同士の車両であることが前提です。また、ブースターケーブルも12V車に24V用を使用しないように注意することも必要です。

また、ハイブリッド車や電気自動車など、バッテリージャンプが不可能なモデルも存在するようなので、こちらも事前に確認が必要となります。

 

  • 接続前に車両の配置から

ブースターケーブルを接続する前に、まずはバッテリー上がりを起こした車両とバッテリー上がりから救護する車両を近づけましょう。この時に注意したいのはバッテリーの搭載位置で、バッテリー同士を近づけるということです。

 

  • ブースターケーブルの繋ぎ方手順

双方の車のエンジンがOFFになっている状態で、ブースターケーブルを以下の順番で繋いでいきます。

 

  1. バッテリー上がり車の+端子(赤色)
  2. 救護車の+端子(赤色)
  3. 救護車の-端子(黒色)
  4. バッテリー上がり車のエンジン金属部分(黒色)

 

手順4.のエンジン金属部分(エンジンフックやエンジンブロックなどと呼ばれる)に接続する理由としては、接続した時に「バチッ」という音と共に飛び散った火花によってバッテリーから発生する水素ガスへ引火、爆発してしまう恐れがあるからです。

 

ただ、最近の車はエンジンフックの露出が少ないため、-端子に繋ぐことも多いようです。

 

5.救護車のエンジンをかけて約1分間アイドリング

 

この時、アクセルを少し踏んでエンジンの回転数を上げましょう。

 

6.バッテリー上がり車のエンジンをかける

 

 

手順6.の注意点としては、セルモーターを10秒以上回さないこととエンジンがかからなかった時は30秒ほど待ちましょう。

 

7.車体へ接触しないように逆の順番で外していく

8.バッテリー上がり車はエンジンがかかったらそのまま30分~1時間ぐらいはエンジンを止めないようにしてバッテリーを充電する

 

間違えてしまったらどうなるの?故障?

スポンサーリンク

 

とにかく接続を間違えてしまうと危険なので、絶対に間違えないようしっかり確認しながら確実に行っていきましょう。もし間違えてしまった場合に考えられるトラブルは以下の通りです。

 

繋ぎ間違えでの考えられるトラブル

 

  • ショートによる引火

 

ブースターケーブルをバッテリー上がり車のバッテリーの+端子、-端子と繋いだ後に救護車の+端子、-端子と接続する人もいるようです。この場合、金属片などが端子に付着するとショートを起こして引火を招き、大変危険なので絶対にやめましょう。

 

  • 救護車が動かなくなる

 

+端子と-端子の接続を間違えてしまったというケースもよくあるようです。この場合の多くは救護車が動かなくなってしまい、原因としてはヒューズが切れてしまっていることによるものです。万が一繋間違えた場合は、ヒューズの交換あるいはショップに見てもらうようにしなければなりません。

 

自信がない!あるいは救護車がいない!という場合は?

b6040c5c98f5a132b65e7b298049efc3_s

 

  • 任意保険に付帯しているロードサービスを利用する

 

費用がかからないので最もオススメの方法がこちらです。大体の場合、任意保険にロードサービスが無料で付いているので、こちらを利用しましょう。条件によってはディーラー保証やメーカー保証が適用になるかもしれませんので、問い合わせてみても良いでしょう。

 

  • 最寄りのガソリンスタンドを利用する

 

もしロードサービスが付帯されていないという場合、次はガソリンスタンドに救助を求めましょう。出張費などが必要にならなければ費用は数千円程度で済む場合もあるようです。

 

  • JAFを呼ぶ

 

上記のどれにも当てはまらない場合、最終手段としてJAFを呼ぶしかないでしょう。非会員だった場合でもその場で会員になった場合でも費用をかなり必要とすることになるでしょう。実際に、JAFにおける冬の救助の多くがこのバッテリー上がりなのだそうです。

ブースターケーブルはいくら?

41hmruxxwal

車に常備している方は少ないと思います!筆者も持ってはいるのですが荷物になるため物置にしまいっぱです・・・・・w

ただ一つ購入しておくだけでも状況は変わるので、家には置いておきましょう♪

ブースターケーブルの値段は大体2000円前後が多いです!
できれば車内に常備しておくのが好ましいですね。

まとめ

「バッテリー上がり!ブースターケーブルの繋ぎ方は?間違えると故障する?」は参考になりましたか?

普段は乗らないで休日しか運転しない・買い物のみの短距離などでは、十分にバッテリー充電がされないので突然のバッテリー上がりの原因の一つです・・・

冬になって急にバッテリー上がりになってしまうと、少なからず寒い中翻弄されてしまうことになってしまいます。
そうなってしまわないためにも、きちんとした時期での交換など、事前の対応が必要だと言えそうです。

コメントをどうぞ