ウォータースポットとイオンデポジットの違いは?原因と除去方法は?

洗車関係 車用品関係

スポンサーリンク

皆さん車の洗車はしていますか?

新車で購入して洗車しているけど最近塗装面についたシミが取れないと困っていませんか?

そのシミは「イオンデポジット」・「ウォータースポット」と呼ばれるものかもしれません。

ホワイトやシルバーなど明るいボディカラーでは目立ちにくいのですが、黒などでは結構目立っているかと思います。

そのシミを消すためにコンパウンドなど使用するのはちょっと待ってほしいです。

限りある塗装面をなるべく傷めない除去方法や「イオンデポジット」・「ウォータースポット」の違いを説明していきます!

ウォータースポットとイオンデポジットの違いは何?

パッと見は両者とも同じように見えますが、出来る経緯や塗装に与えるダーメジも違うのです。

基本的に余程ひどい状態でなければ、殆んどがイオンデポジットと呼ばれるシミと考えられます♪

ではこの違いを見ていきましょう!

イオンデポジットができる原因

簡単に説明すると「固着物」とされています。

  • 雨上がりの乾燥
  • 洗車時の水分の蒸発
  • ウォッシャー液使用

ウォッシャー液も様々な溶剤が含まれていますので、シミになりやすいです!

水に含まれるミネラル分が塗装面に残り白い輪っか上のシミとなります。

皆さんのお風呂場にも沢山ありませんか?

 

鏡や浴槽などにこびりついてるのが正にイオンデポジットなんです!

風呂掃除しても落ちませんよね・・・これが車の塗装面でもおこっていると考えてください。

これを放置すると除去しきれない強力な汚れにパワーアップしてしまします。

 

一度固着した場所に再度水分が乗っかって乾燥すると、二重三重と重なっていきます。

また紫外線による化学変化によって最悪、塗装面を侵食する「クレーター」と呼ばれるもに進化する恐れがあります・・・

塗装が浸食されて陥没していますので、コンパウンドによる除去作業が必要になってくるので素人では難しいでしょう。

軽度であれば何とか細かいコンパウンドで除去は可能でしょうが、重度の場合は専門店に相談するのが最適です。

ウォータースポットができる原因

コーティング剤やワックスなどで撥水状態にしている方も多いと思います。

ウォータースポットはこの撥水状態の水滴が原因で発生するシミ!

イオンデポジットは乾燥によるものですが、ウォータースポットは水滴が集めた熱による塗装損傷を示します。

  • 水滴によって塗装下地が焼かれてしまう
  • 酸性雨が原因で塗装が凹む

水滴が原因なら撥水系のコーティングやばいじゃん・・・

安心してください!現在の塗装品質では熱によるダメージでシミになることはないようです。

ですのでこの被害はある程度古いクルマに多いということになります!

古い車に乗っている方は気を付けてください。

ウォータースポットとイオンデポジットの除去方法は?

それでは塗装面の落ちないシミの除去方法について説明していきたいと思います。

まずは洗車することが大事ですので、一回車を綺麗にしましょう!

新車や黒系を傷つけない洗車方法は?洗う手順や洗車用品は?

綺麗になりましたか?

それでは本題に移りたいと思います。

イオンデポジットの具合によって対処方法が変わってきます♪

軽いイオンデポジットの場合

洗車を定期的にしているユーザーは市販の水垢とり洗剤で除去出来る可能性があります。

管理人が定期的にメンテナンスで使用しているが、

カーメイト本当によく落ちる水アカシャンプー

 

  1. 綺麗にした塗装面に、適量スポンジに染み込ませ塗り広げる
  2. 二、三分放置する(化学分解)
  3. 軽くこする
  4. 洗い流す

このステップで軽いものならば綺麗さっぱり落とせるでしょう。

 

注意点としては

  • 放置しすぎると逆にシミになる
  • コーティングも落ちてします
  • BMWのゴムモールに付着厳禁

また粒子は小さいですが研磨剤の表記もありますので、明るいカラーでもダーク&メタリックの購入をお勧めします♪

使用方法的に殆ど気にしなくても大丈夫ですけど念のために!

 

管理人の車は簡易系コーティングを使用してますので月一回のリセットを行ってます。

強固なイオンデポジットの場合

上記の方法を試したけど無理だった・・・

そんな車には酸性のクリーナーを使用してみてください!

使用方法にちょっと注意が必要なのですが効果が期待できます。

(シリカスケール/イオンデポジット)除去剤プラス

 

  1. 洗車後の水分をふき取る
  2. 付属スポンジで一定区画づつ塗り広げる
  3. 30秒ほど待ったら洗い流す

塗装面を侵食していないものでしたら、この酸性クリーナーで除去可能です。

 

ただ守らなければならない注意点があります!

  • 窓ガラスに付着しない
  • 金属面全般、無垢のアルミ使用不可
  • 顔料に反応するためイエローなどには使用できない
  • 手荒れ防止のため手袋装着

強力なのですが上記の注意事項は必ず守ってください。

すすぎもいつも以上に念入りにして確実に、洗い流すように気を付けてるようにしましょう。

 

とりあえず上記の二種類を試してみることをお勧めします。

これで落ちなければコンパウンド除去になってしまいます・・・

ウォータースポットや塗装浸食の除去方法は?

基本的に塗装面を削り取って除去するしか方法はありません。

ただ素人判断でコンパウンドの目が粗いものを使用してしまうと、プロでもリカバリー不可になる恐れがあります!

またブラックカラーですと磨き傷をつけてしまい、今度はそちらを気にするようになります・・・

どうしてみ使ってみたいという人は、研磨剤が微粒子の物を選ぶようにしてください!

シュアラスター スピリット

 

こちらの製品は洗車傷も同時に落としてくれるもので、塗装面に深刻なダメージをいれたくない方にはお勧めの製品です。

これで落ちなかったら潔く専門店に行くことが後悔しないで済む方法だと思います!

 

  1. 本当によく落ちる水アカシャンプー
  2. (シリカスケール/イオンデポジット)除去剤プラス
  3. シュアラスター スピリット

の順番でイオンデポジットとウォータースポットの除去を試してみてください。

もし完全に落ちなくても、使用する前よりは確実に綺麗になるはずですので、今度の洗車時にチャレンジしてみましょう♪

イオンデポジットとウォータースポットを付かないようにするには?

完全に防ぐことは難しいのですが、少しの工夫で軽減することは可能です!

かりに出来てしまってもすぐに除去することが出来ますので、紹介する方法を実践してみてください。

炎天下での洗車を避ける

上記でも説明したとおり、水分が蒸発した際のミネラル分が原因ですので、夏場の昼などの炎天下では洗車しないほうがいいです。

特に黒系のカラーだとすぐにボディが熱を持つのであっという間に水分が乾燥します。

強力な日光がイオンデポジットを超強固に固着させてしまします・・・・

晴天時のウォッシャー液使用を控える

原因でも説明した通りウォッシャー液には薬液が配合されていますので、ミネラル分と同じくシミになりやすいです。

飛び散ったウォッシャー液とボディの残留物が混じってスグに落ちない汚れに進化してしまいます!

貴方の車のルーフもシミだらけじゃありませんか??

井戸水はなるべく使用しない

くみ上げた水はミネラルタップリで体にはいいのですが、車にとっては天敵です・・・

すぐに吹き上げたりすれば大丈夫と思いがちですが、やはり拭き取り切れない水分もありますので可能であれば避けてもらいたいです!

また洗車機などは井戸水を使用している場所も多くありますので、洗車機を通した後は必ず拭き上げゾーンで水分を拭いてくださいね。

ボディ表面の水滴を残さない

これは時間がある方しかできませんが、雨の後などボディに水滴が残っていたらスグに洗車するのが好ましいです。

水道水ほどイオンデポジットは付きにくいですが、小まめに洗車できる環境であればおススメです!

中々そんな時間ある人いないと思いますが・・・

コーティング剤で予防はできる?

残念ながら完璧に予防できるコーティング剤はありません・・・

プロ・DIYに限らず難しいようです!

 

しかしコーティングしてる車、してない車では除去するときに違ってきますので簡易系でもいいのでコートしておきましょう♪

また親水性とも言われていますが、この親水状態を保つのが難しく撥水系でも変わらないようです。

 

コーティング剤も一か月に一回リセットしてあげれば綺麗なボディを維持できます。

面倒ですが愛車の手入れは大切ですので、後で後悔しないように休みを利用して一回本格的に除去~コーティングまでしてみてはどうでしょうか?

きっと愛着が今以上に沸くと思います♪

情報まとめ

「ウォータースポットとイオンデポジットの違いは?原因と除去方法は?」はいかがでしたか?

強力なシミになる前に紹介した除去方法を試してみてください!

またプロのコーティングと簡易系コーティングのどちらがいいか悩みますよね・・・

管理人は簡易系を愛用しています。その理由はスピリットなどの微粒子研磨剤入りクリーナーなどを気軽に使用できるからです。

何万もするプロコーティングには使用したくないですからね(笑)

お金に余裕がある人は最初から最後まで、プロと相談してメンテナンスするのが一番のおススメですが、自分で愛車のメンテナンスするのもいいものです。

今回の記事を参考に読者様の車が綺麗になることを願います♪

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ウォータースポットとイオンデポジットの違いは?原因と除去方法は?

洗車関係 車用品関係

スポンサーリンク

皆さん車の洗車はしていますか?

新車で購入して洗車しているけど最近塗装面についたシミが取れないと困っていませんか?

そのシミは「イオンデポジット」・「ウォータースポット」と呼ばれるものかもしれません。

ホワイトやシルバーなど明るいボディカラーでは目立ちにくいのですが、黒などでは結構目立っているかと思います。

そのシミを消すためにコンパウンドなど使用するのはちょっと待ってほしいです。

限りある塗装面をなるべく傷めない除去方法や「イオンデポジット」・「ウォータースポット」の違いを説明していきます!

ウォータースポットとイオンデポジットの違いは何?

パッと見は両者とも同じように見えますが、出来る経緯や塗装に与えるダーメジも違うのです。

基本的に余程ひどい状態でなければ、殆んどがイオンデポジットと呼ばれるシミと考えられます♪

ではこの違いを見ていきましょう!

イオンデポジットができる原因

簡単に説明すると「固着物」とされています。

  • 雨上がりの乾燥
  • 洗車時の水分の蒸発
  • ウォッシャー液使用

ウォッシャー液も様々な溶剤が含まれていますので、シミになりやすいです!

水に含まれるミネラル分が塗装面に残り白い輪っか上のシミとなります。

皆さんのお風呂場にも沢山ありませんか?

 

鏡や浴槽などにこびりついてるのが正にイオンデポジットなんです!

風呂掃除しても落ちませんよね・・・これが車の塗装面でもおこっていると考えてください。

これを放置すると除去しきれない強力な汚れにパワーアップしてしまします。

 

一度固着した場所に再度水分が乗っかって乾燥すると、二重三重と重なっていきます。

また紫外線による化学変化によって最悪、塗装面を侵食する「クレーター」と呼ばれるもに進化する恐れがあります・・・

塗装が浸食されて陥没していますので、コンパウンドによる除去作業が必要になってくるので素人では難しいでしょう。

軽度であれば何とか細かいコンパウンドで除去は可能でしょうが、重度の場合は専門店に相談するのが最適です。

ウォータースポットができる原因

コーティング剤やワックスなどで撥水状態にしている方も多いと思います。

ウォータースポットはこの撥水状態の水滴が原因で発生するシミ!

イオンデポジットは乾燥によるものですが、ウォータースポットは水滴が集めた熱による塗装損傷を示します。

  • 水滴によって塗装下地が焼かれてしまう
  • 酸性雨が原因で塗装が凹む

水滴が原因なら撥水系のコーティングやばいじゃん・・・

安心してください!現在の塗装品質では熱によるダメージでシミになることはないようです。

ですのでこの被害はある程度古いクルマに多いということになります!

古い車に乗っている方は気を付けてください。

ウォータースポットとイオンデポジットの除去方法は?

それでは塗装面の落ちないシミの除去方法について説明していきたいと思います。

まずは洗車することが大事ですので、一回車を綺麗にしましょう!

新車や黒系を傷つけない洗車方法は?洗う手順や洗車用品は?

綺麗になりましたか?

それでは本題に移りたいと思います。

イオンデポジットの具合によって対処方法が変わってきます♪

軽いイオンデポジットの場合

洗車を定期的にしているユーザーは市販の水垢とり洗剤で除去出来る可能性があります。

管理人が定期的にメンテナンスで使用しているが、

カーメイト本当によく落ちる水アカシャンプー

 

  1. 綺麗にした塗装面に、適量スポンジに染み込ませ塗り広げる
  2. 二、三分放置する(化学分解)
  3. 軽くこする
  4. 洗い流す

このステップで軽いものならば綺麗さっぱり落とせるでしょう。

 

注意点としては

  • 放置しすぎると逆にシミになる
  • コーティングも落ちてします
  • BMWのゴムモールに付着厳禁

また粒子は小さいですが研磨剤の表記もありますので、明るいカラーでもダーク&メタリックの購入をお勧めします♪

使用方法的に殆ど気にしなくても大丈夫ですけど念のために!

 

管理人の車は簡易系コーティングを使用してますので月一回のリセットを行ってます。

強固なイオンデポジットの場合

上記の方法を試したけど無理だった・・・

そんな車には酸性のクリーナーを使用してみてください!

使用方法にちょっと注意が必要なのですが効果が期待できます。

(シリカスケール/イオンデポジット)除去剤プラス

 

  1. 洗車後の水分をふき取る
  2. 付属スポンジで一定区画づつ塗り広げる
  3. 30秒ほど待ったら洗い流す

塗装面を侵食していないものでしたら、この酸性クリーナーで除去可能です。

 

ただ守らなければならない注意点があります!

  • 窓ガラスに付着しない
  • 金属面全般、無垢のアルミ使用不可
  • 顔料に反応するためイエローなどには使用できない
  • 手荒れ防止のため手袋装着

強力なのですが上記の注意事項は必ず守ってください。

すすぎもいつも以上に念入りにして確実に、洗い流すように気を付けてるようにしましょう。

 

とりあえず上記の二種類を試してみることをお勧めします。

これで落ちなければコンパウンド除去になってしまいます・・・

ウォータースポットや塗装浸食の除去方法は?

基本的に塗装面を削り取って除去するしか方法はありません。

ただ素人判断でコンパウンドの目が粗いものを使用してしまうと、プロでもリカバリー不可になる恐れがあります!

またブラックカラーですと磨き傷をつけてしまい、今度はそちらを気にするようになります・・・

どうしてみ使ってみたいという人は、研磨剤が微粒子の物を選ぶようにしてください!

シュアラスター スピリット

 

こちらの製品は洗車傷も同時に落としてくれるもので、塗装面に深刻なダメージをいれたくない方にはお勧めの製品です。

これで落ちなかったら潔く専門店に行くことが後悔しないで済む方法だと思います!

 

  1. 本当によく落ちる水アカシャンプー
  2. (シリカスケール/イオンデポジット)除去剤プラス
  3. シュアラスター スピリット

の順番でイオンデポジットとウォータースポットの除去を試してみてください。

もし完全に落ちなくても、使用する前よりは確実に綺麗になるはずですので、今度の洗車時にチャレンジしてみましょう♪

イオンデポジットとウォータースポットを付かないようにするには?

完全に防ぐことは難しいのですが、少しの工夫で軽減することは可能です!

かりに出来てしまってもすぐに除去することが出来ますので、紹介する方法を実践してみてください。

炎天下での洗車を避ける

上記でも説明したとおり、水分が蒸発した際のミネラル分が原因ですので、夏場の昼などの炎天下では洗車しないほうがいいです。

特に黒系のカラーだとすぐにボディが熱を持つのであっという間に水分が乾燥します。

強力な日光がイオンデポジットを超強固に固着させてしまします・・・・

晴天時のウォッシャー液使用を控える

原因でも説明した通りウォッシャー液には薬液が配合されていますので、ミネラル分と同じくシミになりやすいです。

飛び散ったウォッシャー液とボディの残留物が混じってスグに落ちない汚れに進化してしまいます!

貴方の車のルーフもシミだらけじゃありませんか??

井戸水はなるべく使用しない

くみ上げた水はミネラルタップリで体にはいいのですが、車にとっては天敵です・・・

すぐに吹き上げたりすれば大丈夫と思いがちですが、やはり拭き取り切れない水分もありますので可能であれば避けてもらいたいです!

また洗車機などは井戸水を使用している場所も多くありますので、洗車機を通した後は必ず拭き上げゾーンで水分を拭いてくださいね。

ボディ表面の水滴を残さない

これは時間がある方しかできませんが、雨の後などボディに水滴が残っていたらスグに洗車するのが好ましいです。

水道水ほどイオンデポジットは付きにくいですが、小まめに洗車できる環境であればおススメです!

中々そんな時間ある人いないと思いますが・・・

コーティング剤で予防はできる?

残念ながら完璧に予防できるコーティング剤はありません・・・

プロ・DIYに限らず難しいようです!

 

しかしコーティングしてる車、してない車では除去するときに違ってきますので簡易系でもいいのでコートしておきましょう♪

また親水性とも言われていますが、この親水状態を保つのが難しく撥水系でも変わらないようです。

 

コーティング剤も一か月に一回リセットしてあげれば綺麗なボディを維持できます。

面倒ですが愛車の手入れは大切ですので、後で後悔しないように休みを利用して一回本格的に除去~コーティングまでしてみてはどうでしょうか?

きっと愛着が今以上に沸くと思います♪

情報まとめ

「ウォータースポットとイオンデポジットの違いは?原因と除去方法は?」はいかがでしたか?

強力なシミになる前に紹介した除去方法を試してみてください!

またプロのコーティングと簡易系コーティングのどちらがいいか悩みますよね・・・

管理人は簡易系を愛用しています。その理由はスピリットなどの微粒子研磨剤入りクリーナーなどを気軽に使用できるからです。

何万もするプロコーティングには使用したくないですからね(笑)

お金に余裕がある人は最初から最後まで、プロと相談してメンテナンスするのが一番のおススメですが、自分で愛車のメンテナンスするのもいいものです。

今回の記事を参考に読者様の車が綺麗になることを願います♪

 

コメントをどうぞ