クリーンディーゼル車のデメリットとは?国産で買えるおススメな車は?

この記事は約2分で読めます。

国産で買えるおススメの車5選

それでは最後に、国産で買えるおススメの車種を紹介させていただきます。

●トヨタ・ランドクルーザープラド TZ-G

大型クロスカントリー車として知られるランドクルーザーの派生車種で、ライトデューティ用途として位置づけられているランドクルーザープラド。

2015年6月の一部改良以降に、ディーゼルモデルが復活しました。

トヨタ最新のクリーンディーゼルエンジンが搭載されています。

●マツダ・CX-5 XD


マツダから発売されているクロスカントリーSUV車で、新開発のSH-VPTS型2.2Lディーゼルターボエンジンである「SKYACTIV-D 2.2」が搭載されています。

マツダの新世代技術である「SKYACTIV TECHNOLOGY」が全てにおいて採用されている車種でもあります。

●マツダ・デミオ

マツダから発売されているコンパクトカーです。

実は、現時点でこのクラスにディーゼルエンジンを採用したモデルは存在していないため、マツダの独占状態といっても過言ではありません。

●三菱・パジェロ

三菱から発売されているオフロードSUVとしては、長い歴史を持っている上に国内屈指の知名度を誇るパジェロ。

現行モデルの中期型(2011年~)では、排出ガス規制をクリアしたクリーンディーゼルエンジン新4M41が搭載されていて、パジェロ史上では最大となるトルクがあります。

■まとめ

「クリーンディーゼル車のデメリットとは?国産で買えるおススメな車は?」はいかがだったでしょうか。

クリーンディーゼルには、ガソリン車やハイブリッド車とは違った特徴やメリット・デメリットを持っています。

末永く燃費の良い車に乗り続けたいのであれば、クリーンディーゼルはとてもおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました