車酔いの予防と治し方とは?酔い止め薬でおすすめで即効性があるのは?

お役立ち情報 ドライブ関係

スポンサーリンク

多くの方が体験した事があるであろう、車酔い。
せっかくの楽しいドライブも、途端に気分が悪くなっては台無しですよね。

そんな時でも大丈夫!車酔いの予防と酔ってしまった時の治し方さえ知っていれば、快適なドライブを楽しむことが出来ます。

ここでは、予防と治し方の方法をご紹介します。

車酔いとは?

car_kurumayoi

まず車酔いとは、車が揺れたり急加速した時にの衝撃で三半規管が刺激された結果、自律神経がおかしくなってしまう、病的な現象と言われています。(決して重い病気などではありません)

体に起きる変化として、顔が青白くなる、冷や汗が出る等の症状が起きます。
ひどくなると、車酔いのイメージとして一番多い、吐き気や嘔吐が見られるようになります。

酔いやすい年代もあり、3歳ぐらいから小学校高学年ぐらいまでが一番酔いやすい傾向にあります。

体質等もあるようですが、特に小さなお子さんは注意した方がいいのですが、成人の方でも、車やバスに乗る事を避けてきた人だと酔いやすい事があります。

起きてしまう原因

車酔いになってしまう原因は様々ですが、主な原因として、車の揺れ、睡眠不足が挙げられます。

他にも、景色の移り変わりの速さに視覚(脳の反応)が追い付かない、排気ガスのにおい、酔った人を見たことによるもらい酔いがあります。

また風邪をひいてる時や元から体調が悪い場合は、なお酔いやすくなるのは言うまでもないかと思います。

前もって車酔いを予防しよう

車酔いになって治す事も勿論ですが、事前に予防しておくのが一番です。
最初から最後まで快適なドライブを過ごすために知っておきましょう。

・前日はしっかりと寝て、睡眠不足を避ける
・前夜と乗車前の暴飲暴食は避ける(柑橘系の食べ物は消化が悪いので避けましょう。アルコールも良くないです)
・バスに乗るのであれば揺れの少ない後ろの方に座る
・窓を開けられるなら開ける
・読書、ゲーム、スマホを見続るなど、下を向き続けるような事をしない
・友達と話す、歌うなど
・アメをなめたり音楽を聞いたりする
・どうしても不安なら酔い止め薬を飲む
・最終手段として、寝る(気付いたら目的地に着いてた方が、と言う人もいるかと思います)

これだけでも、酔い止めの方法としては充分効果があります。

酔い止め薬の種類と副作用

n811_toridashitajyouzai_tp_v

どうしても不安な方は、酔い止めの薬を飲むしかありません。
飲み薬にも種類があり、それぞれ異なった特徴があります。

ちなみに、どの薬にも言える事ですが、乗り物に乗る30分から1時間前には飲んでおきましょう。
酔ってからでも問題はないのですが、酔ってからのむよりも酔う前に飲んだ方が良く効きますよ。

・抗ヒスタミン作用のある薬

吐き気や嘔吐が起きる時、ヒスタミンという刺激物質が分泌されます。
それを抑制してくれるのが抗ヒスタミン作用のある酔い止めですが、眠くなる副作用があります。
アネロン、トラベルミン、センパア、この3つは薬局でもよく売れているそうです。

トラベルミンRというものなら、眠気の副作用も少なくて済みます。

・副交感神経遮断作用のある薬

漢字だらけで難しく見えますが、簡単に言うと、視界や体の感覚がフラフラした時の脳の混乱を抑え、吐き気と目まいを抑えてくれる作用があります。

トラベルファミリーアネロンニスキャップ、センパア、パンシロントラベルNOW、この3つが良く売れているそうです。
副作用として、喉が渇く事があります。

・中枢神経興奮作用のある薬

中枢神経に作用して、脳の混乱を抑えて頭痛や眠気を抑えてくれます。

アネロンニスキャップ、トラベルミンR、トラベルミン、この3つが特に売れているそうです。
酔い止め薬は飲みたいけど眠くなりたくない、友達と楽しくおしゃべりをしながらドライブを過ごしたい人にはおすすめです。

酔ってしまった時の治し方

スポンサーリンク

どうしても酔ってしまった時の治し方ですが

・シートを倒して横になる
・風にあたる、窓を開けて換気する
・服やベルトを緩める
・あまり変化のない遠くの方を見る
・あまり体を動かさない(特に頭)
・手首の内側を、優しく押し揉む(乗り物酔いに効くツボです)

酔い始めの段階では、これで車酔いを防ぐことが出来ます。
薬を飲む事に抵抗がある場合や薬を飲むのを忘れてしまった場合は、是非試してみてください。

情報まとめ

「車酔いの予防と治し方とは?快適なドライブを楽しもう!」は参考になりましたか??

ここまで、車酔いの予防と治し方について挙げてきましたが、いかがだったでしょうか?
自分は平気だからと思っていても、急に酔ってしまう事だってありますから、しっかりと対策しておきたいところです。

治し方や防止策を言っておいてなんですが、一番楽になる方法があります。
それは、我慢せずに吐く事です。

酔い方は違いますが、お酒で酔って気持ち悪くなったら、無理せず吐いた方が楽になりませんか?
吐いたら楽になるという部分では全く一緒なんです。

万が一の事を考えて、酔いやすい人や酔うかもしれないと思った人は、ビニール袋やエチケット袋を持って旅行へ行きましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車酔いの予防と治し方とは?酔い止め薬でおすすめで即効性があるのは?

お役立ち情報 ドライブ関係

スポンサーリンク

多くの方が体験した事があるであろう、車酔い。
せっかくの楽しいドライブも、途端に気分が悪くなっては台無しですよね。

そんな時でも大丈夫!車酔いの予防と酔ってしまった時の治し方さえ知っていれば、快適なドライブを楽しむことが出来ます。

ここでは、予防と治し方の方法をご紹介します。

車酔いとは?

car_kurumayoi

まず車酔いとは、車が揺れたり急加速した時にの衝撃で三半規管が刺激された結果、自律神経がおかしくなってしまう、病的な現象と言われています。(決して重い病気などではありません)

体に起きる変化として、顔が青白くなる、冷や汗が出る等の症状が起きます。
ひどくなると、車酔いのイメージとして一番多い、吐き気や嘔吐が見られるようになります。

酔いやすい年代もあり、3歳ぐらいから小学校高学年ぐらいまでが一番酔いやすい傾向にあります。

体質等もあるようですが、特に小さなお子さんは注意した方がいいのですが、成人の方でも、車やバスに乗る事を避けてきた人だと酔いやすい事があります。

起きてしまう原因

車酔いになってしまう原因は様々ですが、主な原因として、車の揺れ、睡眠不足が挙げられます。

他にも、景色の移り変わりの速さに視覚(脳の反応)が追い付かない、排気ガスのにおい、酔った人を見たことによるもらい酔いがあります。

また風邪をひいてる時や元から体調が悪い場合は、なお酔いやすくなるのは言うまでもないかと思います。

前もって車酔いを予防しよう

車酔いになって治す事も勿論ですが、事前に予防しておくのが一番です。
最初から最後まで快適なドライブを過ごすために知っておきましょう。

・前日はしっかりと寝て、睡眠不足を避ける
・前夜と乗車前の暴飲暴食は避ける(柑橘系の食べ物は消化が悪いので避けましょう。アルコールも良くないです)
・バスに乗るのであれば揺れの少ない後ろの方に座る
・窓を開けられるなら開ける
・読書、ゲーム、スマホを見続るなど、下を向き続けるような事をしない
・友達と話す、歌うなど
・アメをなめたり音楽を聞いたりする
・どうしても不安なら酔い止め薬を飲む
・最終手段として、寝る(気付いたら目的地に着いてた方が、と言う人もいるかと思います)

これだけでも、酔い止めの方法としては充分効果があります。

酔い止め薬の種類と副作用

n811_toridashitajyouzai_tp_v

どうしても不安な方は、酔い止めの薬を飲むしかありません。
飲み薬にも種類があり、それぞれ異なった特徴があります。

ちなみに、どの薬にも言える事ですが、乗り物に乗る30分から1時間前には飲んでおきましょう。
酔ってからでも問題はないのですが、酔ってからのむよりも酔う前に飲んだ方が良く効きますよ。

・抗ヒスタミン作用のある薬

吐き気や嘔吐が起きる時、ヒスタミンという刺激物質が分泌されます。
それを抑制してくれるのが抗ヒスタミン作用のある酔い止めですが、眠くなる副作用があります。
アネロン、トラベルミン、センパア、この3つは薬局でもよく売れているそうです。

トラベルミンRというものなら、眠気の副作用も少なくて済みます。

・副交感神経遮断作用のある薬

漢字だらけで難しく見えますが、簡単に言うと、視界や体の感覚がフラフラした時の脳の混乱を抑え、吐き気と目まいを抑えてくれる作用があります。

トラベルファミリーアネロンニスキャップ、センパア、パンシロントラベルNOW、この3つが良く売れているそうです。
副作用として、喉が渇く事があります。

・中枢神経興奮作用のある薬

中枢神経に作用して、脳の混乱を抑えて頭痛や眠気を抑えてくれます。

アネロンニスキャップ、トラベルミンR、トラベルミン、この3つが特に売れているそうです。
酔い止め薬は飲みたいけど眠くなりたくない、友達と楽しくおしゃべりをしながらドライブを過ごしたい人にはおすすめです。

酔ってしまった時の治し方

スポンサーリンク

どうしても酔ってしまった時の治し方ですが

・シートを倒して横になる
・風にあたる、窓を開けて換気する
・服やベルトを緩める
・あまり変化のない遠くの方を見る
・あまり体を動かさない(特に頭)
・手首の内側を、優しく押し揉む(乗り物酔いに効くツボです)

酔い始めの段階では、これで車酔いを防ぐことが出来ます。
薬を飲む事に抵抗がある場合や薬を飲むのを忘れてしまった場合は、是非試してみてください。

情報まとめ

「車酔いの予防と治し方とは?快適なドライブを楽しもう!」は参考になりましたか??

ここまで、車酔いの予防と治し方について挙げてきましたが、いかがだったでしょうか?
自分は平気だからと思っていても、急に酔ってしまう事だってありますから、しっかりと対策しておきたいところです。

治し方や防止策を言っておいてなんですが、一番楽になる方法があります。
それは、我慢せずに吐く事です。

酔い方は違いますが、お酒で酔って気持ち悪くなったら、無理せず吐いた方が楽になりませんか?
吐いたら楽になるという部分では全く一緒なんです。

万が一の事を考えて、酔いやすい人や酔うかもしれないと思った人は、ビニール袋やエチケット袋を持って旅行へ行きましょう。

コメントをどうぞ