新車や黒系を傷つけない洗車方法は?洗う手順や洗車用品は?

この記事は約2分で読めます。

気温が高い時期は時間が重要!

冬などはあまり気にしないでいいのですが、気温が高くなりやすい春から秋にかけては日中の洗車は避けたほうが良いです!

水を使うので気温が高いときに洗車は気持ちいいのですが、車に対しては悪影響でしかありません・・

  • 日が完全に上る前の朝方
  • 日が暮れ始める夕方
  • 曇りの日

できればこのような時間帯や天候が最適です。

理由としては、水道水に含まれるミネラル分が乾燥することでボディに強固な「イオンデポジット」・「シリカスケール」と呼ばれるシミになります。

お風呂場の鏡や浴槽などで見られるもので中々落ちないですよね?

 

特に黒系のカラーですと太陽光によって、ボディ表面の温度が高くなりやすいのであっという間に水分が乾燥してしまいます。

また水分だけではなくシャンプーも乾燥してシミになってしまうので、上記の時間帯はなるべく避けた方が賢明と言えます!

敵は気温だけじゃない!

時間帯が重要なのはわかったかと思いますが、気温や太陽光だけではなく「風」も天敵。

新車や黒系の塗装を傷つけないためには風が強い日は避ける!

 

最悪な組み合わせは「風が強くて快晴で気温が高い」です・・・

これは絶対避けてほしい洗車環境なので、例えば鳥糞が大量についてしまったとか樹液が沢山ついてしまったなど緊急時以外はやめましょう!

黒系は洗車機NG?

最近の洗車機は傷つきにくいようにソフトブラシが採用されているものが多いですが、確実に傷はつくと考えてもらっていいです。

いくら傷つきにくい素材でも前に洗った車が泥だらけだったら・・・・

やはり新車などは自分で手洗いできる環境があれば洗車機は避けたいところです。

なんで黒系は傷が目立つ?

それは塗装面の細かい傷が乱反射によって白くボヤけるのが原因です。

どのカラーも同じように傷が入っていても反射率の違いで黒が目立ちやすい!

またソリッド系などはクリア層がないため塗装が柔らかいのもあります。最近では自己修復塗装などありますがまだまだ採用している車は少ないのが現状です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました