スタッドレスタイヤの空気圧チェックしてる?点検方法と適正値に注意!

この記事は約3分で読めます。

早速チェック!空気圧!

491d3563df3ea51b63367671c1e4f305_s

ここまで読まれて心配になられた方は、今すぐチェックしましょう。
タイヤ交換をして1カ月経ったそこのあなたもです

 

空気圧をチェックするメーターを持っていない方でも、セルフ式のガソリンスタンドへ行けば測定器が置いてある事が多いのでご安心を。(普通のガソリンスタンドでもチェックしてくれる事が多いです)

 

適正値についてですが、運転席のドアを開けるとドアかピラーのどちらかに、タイヤ空気圧のシールが張ってあります。
スタッドレスタイヤ用の適正値はないので、夏タイヤと同じ空気圧でOKです。
タイヤがパンクしてしまった時の応急タイヤも指定通りの値でOKです。

数値を確認したら後は、

  1. タイヤのバルブキャップを取り外し、測定器を差し込む。
  2. 現在のタイヤの空気圧を読み取る。
  3. 空気入れとメーターが一体化のものであれば、その場で適正値まで空気を入れる。

以上で空気圧を適正にする事が出来ます。
とっても簡単ですね。

 

ここでワンポイント!
冬はタイヤの空気が抜けやすいので、0.1~0.2kgほど多めに入れておくといいですよ。
これぐらいであれば空気圧が高すぎる事はないので、むしろ安心して走れます。

空気圧確認のスパン

チェックが終わったからもう安心だね!
と、サンタのプレゼントを心待ちにしてる方、冬の空気の抜けやすさをなめちゃだめですよ。

 

夏は膨張し、冬は収縮するのが空気の特性。
ことタイヤにも同じことが言えます。
夏は空気が抜けにくく、冬は空気が抜けやすいのです。前述しましたが。

 

スタッドレスこそ空気圧に注意と言うのも、空気が抜けやすい事が理由の一つでもあります。

出来れば、1カ月に1回は適正空気圧を保てているかどうかをチェックした方がいいです。
これは車に乗るのが多くても少なくてもです。

 

筆者自身雪国出身なんですが、毎回ガソリンを入れごと(週1ペース)に空気圧をチェックしてましたから。
大げさに聞こえるかもしれませんが、それだけ雪道は怖い物なのです。

転ばぬ先の杖

d224aefc8906fa7f080630ca886b138b_s

 

スタッドレスタイヤの適正空気圧に関して挙げましたが、いかがですか?
転ばぬ先の杖、と言うよりは、滑らぬ先の空気圧、と言ったところでしょうか(笑)

 

いずれにしても、どれだけ適正空気圧の値が大事な物かは理解していただけたかと思います。
降雪量の大小に関係なく、スタッドレスタイヤ自体の特性と、寒い時期の空気の特性がキモですね。

 

これからはクリスマスや年末年始シーズンで車に乗る機会が増えます。
通行台数が増えると言う事は事故も増えますので、お気を付けください。
私はこれから体脂肪を適正値に戻す努力をしないと・・・

「オールシーズンタイヤでチェーン規制は大丈夫?価格と性能を調査」

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました