バケットシート・セミバケットの違いは?メリット・デメリット!

この記事は約2分で読めます。

そもそもバケットシートって何?

top

バケットシートというネーミングですが、これは「バケツ型の座席」という意味を持っています。

一般的ないわゆる純正シートと比べて、左右の「へり」を高め肩・腰・足などの体を支えるのに必要な部分を深く包み込むことで、体の固定機能を高めているのです。

 

そして、このバケットシートにはフルバケットシートとセミバケットシートの2種類が存在しています

 

なぜ純正シートではなくフルバケットシート・セミバケットシートにする必要があるの?

 

純正のシートは日常生活を基準に設計されているため、乗り心地や乗り降りがしやすく快適性重視に作られていると言えます。

しかし、ワインディングやサーキットといった激しいコーナリングやブレーキングの時はどうなるでしょうか?

当然ホールド性(拘束性)がないので体は左右に大きく振られてしまい、運転どころではありません。

 

バケットシートであれば体全体をホールドしてくれるので、それらのスポーツ走行時に体が振られることがなくドライビングに集中することが出来るのです。

 

バケットシートを取り付けるには専用シートレールの購入が必須!

 

純正シートからバケットシートへの交換は、そのまま交換すれば良いと思っている方も多いと思います。しかし、バケットシートへの交換には専用のシートレールを購入して取りつけなければなりません。

 

  • シートレールには2種類ある

 

バケットシートを装着する時には、シートレールが必要となります。もちろん純正にもシートレールは付いていますが、バケットシート専用のシートレールが必要になるのです。メーカーによって材質が違い、中には自作するという方もおられるようです。

 

そして、このシートレールには大きく2種類のシートレールが存在します。

 

  • サイド止めタイプ
  • 底止めタイプ

 

シートの側面で固定するタイプがこの「サイド止め」タイプ(あるいは日本語で横止めタイプとも)です。

このサイド止めタイプは底止めタイプとは違って下に何もないので、シートポジションを低くすることが可能となります。そのため、主にフルバケットシートに採用されることが多いと言えます。

 

底止めタイプはシートの低さを重視していないセミバケットシートに採用されることが多いようです。

購入する時はどちらのタイプなのかを把握しておく必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました