バケットシート・セミバケットの違いは?メリット・デメリット!

この記事は約2分で読めます。

フルバケットシート・セミバケットシートの違い

 

では、フルバケットシートとセミバケットシートとの違いはどうなっているのでしょうか?それぞれの特徴です。

 

フルバケットシートの特徴

se0003

フルバケットシートはレース志向に作られたシートのことで、背もたれが固定式となっています。

硬くて軽く、シート位置が低いことなども挙げられます。略して「フルバケ」と呼ばれます。ホールド性がかなり強いので初心者の場合、身動きが取れないと感じることも多いようです。

 

セミバケットシートの特徴

se0060

純正シートのように、背もたれが可動するリクライニングが可能となっているのが大きな特徴です。

フルバケットシートと比べるとホールド性が劣り、シート位置も高いが汎用性が高いと言えます。シートフレームの構造が純正シートと同じため、重さが変わらないようです。略して「セミバケ」と呼ばれます。

 

フルバケットシート・セミバケットシートのメリットとデメリットは?

 

フルバケットシートにもセミバケットシートにも、それぞれ当然メリットやデメリットがあります。

 

フルバケットシートの場合

フルバケットシートのメリットは、ホールド性が高いので前や横からのGに強いということで、シートそのものも軽くて丈夫だということです。

 

逆にデメリットですが、主にサーキット走行仕様となっているため街乗りには不向きだと言えます。例えば体をひねって後方を確認などは難しく、乗降の際も慣れるまで大変なのです。

 

セミバケットシートの場合

セミバケットシートのメリットは、純正シートと同じように車の乗り降りが可能で、ホールド力も純正より高いと言えます。

だからと言ってフルバケットシートほどはホールド性が高くないので、体を後方に向けることも可能です。

 

逆にデメリットですが、スポーツ走行時にはホールド性が甘いため若干お尻や腰の位置がずれてきてしまいます。

また、車によっては同レベル性能を持つ純正シートが装備されている場合もあり、交換する意味がない場合もあるようです。

 

まとめ

「バケットシート・セミバケットの違いは?メリット・デメリット!」はいかがでしたか?

例え日常生活を犠牲にしても本格的なスポーツ走行感覚を楽しみたいという人にはフルバケットシートを、スポーティな気分を味わいつつ日常生活もある程度快適にしたいという人にはセミバケットシートを選ぶというのがベストなのではないでしょうか。

 

自分に合ったシートを選んで、良いカーライフを送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました