新型ハイラックス フルモデルチェンジされて日本復活販売!エンジン・価格は?

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

トヨタが日本で販売していたピックアップトラック「ハイラックス」がフルモデルチェンジされて、2017年度中にも復活販売される情報が入ってきた。

クロカンブームが去ったことで販売が落ち込み、日本市場から姿を消したハイラックスですが、近年のSUVブームやアウトドアを楽しむユーザーが増えたことが、今回の復活販売につながったのではないでしょうか?

新型ハイラックスは2015年に、フルモデルチェンジを行いタイで販売されているものを日本市場に合わせて販売される見込みです!

新型ハイラックスの情報をわかりやすくまとめました。

復活する新型ハイラックスの日本仕様は?

  • 全長:5,335mm
  • 全幅:1,855mm
  • 全高:1,820mm
  • ホイールベース:3,085mm

かなり大柄なボディサイズになっており、日本の道路で見かけたら大きいと感じるはずです。

ボディバリエーションは31種類も用意されており、用途別でユーザーが選択できるようになっている。

日本仕様ではボディバリエーションは、恐らく1種類程度で標準ボディが販売されるでしょう!

 

また安全装備として「トヨタセーフティセンスP」を搭載する予定になっており、大柄ボディでも安心して運転をすることが可能になってます。

トヨタセーフティセンスPの特徴は?

安全装備をパッケージングした名称で、今現在トヨタ車に採用されている最上級の運転支援システムになります。

  • 歩行者対応プリクラッシュブレーキ

単眼カメラとミリ波レーダーで前方を監視して、衝突の危険が迫った際には警告音とディスプレイで運転手に警告します。

その際にブレーキを踏んだらブレーキ力をアシストする。

万が一ブレーキを踏まなかった場合は自動的にブレーキ制御がかかり、衝突の回避または軽減をします。

  • レーンディパーチャーアラート

車線上の白線または黄色線をカメラで検知して、ウィンカー操作がない状態で逸脱の危険がある場合は警告音とディスプレイで運転手の知らせます。

また車種によってステアリング制御機能で逸脱回避のアシストも行います。

  • クルーズコントロール

単眼カメラとミリ波レーダーで先行車を感知して、50キロ~100キロの速度内で自動的に車間距離をキープ。

車種によっては全車速追従機能付がついており、車両の停止までアシストして発信もアクセルかスイッチで追従する。

  • ハイビーム・ロービーム自動切換え

夜間走行時にオートマチックハイビームをオンにしておくと、搭載されたカメラで周囲の状況を判断してハイロー切り替えをしてくれます。

テールランプ・ヘッドランプ・街灯などを感知することで、歩行者・障害物の早期発見の効果があります。

 

 

日本仕様の新型ハイラックスではこのような機能が搭載されることになっているようです。

トヨタは今後「セーフティセンス」の全車採用を目指しておりし事故軽減を願っている。

日本仕様 新型ハイラックスのエンジンは二種類?

海外向けのハイラックスに搭載されているエンジンは以下になります。

  • 2GD-FTV型 2.4L 直4 ディーゼル
  • 1GD-FTV型 2.8L 直4 ディーゼル
  • 2TR-FE型 直4 2.7L ガソリン
  • 1GR-FE型 4.0L V6 ガソリン

いまの情報で搭載の可能性が高いのは、2.8Lディーゼル・2.7Lガソリンになります。

理由としてはランドクルーザープラドに採用しているエンジンなので、日本で売りやすいのでは?と予想されます。

しかし新開発2.4Lディーゼルエンジン搭載のエントリーモデルも用意されるらしいので、新型ハイラックスはどのようなエンジンが搭載されるか気になります!

スポンサーリンク

エクステリアは?

 

見るからに力強くアウトドアで大活躍してくれること間違いなしです!

久しくピックアップが販売されていなかったので、やっとトヨタディーラーから購入できますね♪

インテリアは?

 

使いやすく質感も高いインテリアで、最近のトヨタ車のデザインはいいと思いますので満足できるでしょう。

ゆとりあるボディサイズなので各座席十分なスペースがあり、長距離移動でも不満はないと思われます。

またハリアー・CH-Rなどもそうですが、スイッチ照明が水色なのもポイントです!あの色は夜見ると結構綺麗です!

日本で販売される価格は?

やはり日本で販売する場合は価格設定が重要になってきます。

大柄なボディサイズや日本国内では売れにくいピックアップなので高値だと間違いなく売れません。

若者が購入検討できるよう、スタート価格は300万以下を目指して調整中とのことです!

この価格であれば検討余地が出てきまね。

新型ハイラックスまとめ

「新型ハイラックス フルモデルチェンジされて日本復活販売!エンジン・価格は?」は楽しみですね!

国内ではいまいち人気がないピックアップですが、復活販売でどれだけ話題になるのでしょうか?

トヨタも国内販売をするって決定したからには勝算あってのことだと思います。

価格も400万オーバーなどでした厳しいのでどうにか頑張ってもらいたいですね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

新型ハイラックス フルモデルチェンジされて日本復活販売!エンジン・価格は?

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

トヨタが日本で販売していたピックアップトラック「ハイラックス」がフルモデルチェンジされて、2017年度中にも復活販売される情報が入ってきた。

クロカンブームが去ったことで販売が落ち込み、日本市場から姿を消したハイラックスですが、近年のSUVブームやアウトドアを楽しむユーザーが増えたことが、今回の復活販売につながったのではないでしょうか?

新型ハイラックスは2015年に、フルモデルチェンジを行いタイで販売されているものを日本市場に合わせて販売される見込みです!

新型ハイラックスの情報をわかりやすくまとめました。

復活する新型ハイラックスの日本仕様は?

  • 全長:5,335mm
  • 全幅:1,855mm
  • 全高:1,820mm
  • ホイールベース:3,085mm

かなり大柄なボディサイズになっており、日本の道路で見かけたら大きいと感じるはずです。

ボディバリエーションは31種類も用意されており、用途別でユーザーが選択できるようになっている。

日本仕様ではボディバリエーションは、恐らく1種類程度で標準ボディが販売されるでしょう!

 

また安全装備として「トヨタセーフティセンスP」を搭載する予定になっており、大柄ボディでも安心して運転をすることが可能になってます。

トヨタセーフティセンスPの特徴は?

安全装備をパッケージングした名称で、今現在トヨタ車に採用されている最上級の運転支援システムになります。

  • 歩行者対応プリクラッシュブレーキ

単眼カメラとミリ波レーダーで前方を監視して、衝突の危険が迫った際には警告音とディスプレイで運転手に警告します。

その際にブレーキを踏んだらブレーキ力をアシストする。

万が一ブレーキを踏まなかった場合は自動的にブレーキ制御がかかり、衝突の回避または軽減をします。

  • レーンディパーチャーアラート

車線上の白線または黄色線をカメラで検知して、ウィンカー操作がない状態で逸脱の危険がある場合は警告音とディスプレイで運転手の知らせます。

また車種によってステアリング制御機能で逸脱回避のアシストも行います。

  • クルーズコントロール

単眼カメラとミリ波レーダーで先行車を感知して、50キロ~100キロの速度内で自動的に車間距離をキープ。

車種によっては全車速追従機能付がついており、車両の停止までアシストして発信もアクセルかスイッチで追従する。

  • ハイビーム・ロービーム自動切換え

夜間走行時にオートマチックハイビームをオンにしておくと、搭載されたカメラで周囲の状況を判断してハイロー切り替えをしてくれます。

テールランプ・ヘッドランプ・街灯などを感知することで、歩行者・障害物の早期発見の効果があります。

 

 

日本仕様の新型ハイラックスではこのような機能が搭載されることになっているようです。

トヨタは今後「セーフティセンス」の全車採用を目指しておりし事故軽減を願っている。

日本仕様 新型ハイラックスのエンジンは二種類?

海外向けのハイラックスに搭載されているエンジンは以下になります。

  • 2GD-FTV型 2.4L 直4 ディーゼル
  • 1GD-FTV型 2.8L 直4 ディーゼル
  • 2TR-FE型 直4 2.7L ガソリン
  • 1GR-FE型 4.0L V6 ガソリン

いまの情報で搭載の可能性が高いのは、2.8Lディーゼル・2.7Lガソリンになります。

理由としてはランドクルーザープラドに採用しているエンジンなので、日本で売りやすいのでは?と予想されます。

しかし新開発2.4Lディーゼルエンジン搭載のエントリーモデルも用意されるらしいので、新型ハイラックスはどのようなエンジンが搭載されるか気になります!

スポンサーリンク

エクステリアは?

 

見るからに力強くアウトドアで大活躍してくれること間違いなしです!

久しくピックアップが販売されていなかったので、やっとトヨタディーラーから購入できますね♪

インテリアは?

 

使いやすく質感も高いインテリアで、最近のトヨタ車のデザインはいいと思いますので満足できるでしょう。

ゆとりあるボディサイズなので各座席十分なスペースがあり、長距離移動でも不満はないと思われます。

またハリアー・CH-Rなどもそうですが、スイッチ照明が水色なのもポイントです!あの色は夜見ると結構綺麗です!

日本で販売される価格は?

やはり日本で販売する場合は価格設定が重要になってきます。

大柄なボディサイズや日本国内では売れにくいピックアップなので高値だと間違いなく売れません。

若者が購入検討できるよう、スタート価格は300万以下を目指して調整中とのことです!

この価格であれば検討余地が出てきまね。

新型ハイラックスまとめ

「新型ハイラックス フルモデルチェンジされて日本復活販売!エンジン・価格は?」は楽しみですね!

国内ではいまいち人気がないピックアップですが、復活販売でどれだけ話題になるのでしょうか?

トヨタも国内販売をするって決定したからには勝算あってのことだと思います。

価格も400万オーバーなどでした厳しいのでどうにか頑張ってもらいたいですね。

コメントをどうぞ