新型ハイエース5型 マイナーチェンジが2017年11月に発売!セーフティセンス採用で安全面強化へ!

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

トヨタが誇る働く車「ハイエース」が5型にマイナーチェンジされることが判明しました。

  • ワイドボディ:オーダーストップ
  • ディーゼル 2WD/4WD :オーダーストップ
  • ガソリン 2WD :販売中

となっておりガソリンモデル以外はすでに購入することが出来ない状況です。

今回のハイエースマイナーチェンジのメインはディーゼルエンジン変更・セーフティセンス搭載となっていますので、詳しく見ていきたいと思います。

新型ハイエース5型 マイナーチェンジで変更されるエンジンは?

 

今回、ディーゼルエンジンの変更が行われる予定になっており、4型に搭載している「1KD-FTV」は廃止される。

  • 排気量 2,982cc
  • 最高出力 144PS/3,400rpm
  • 最大トルク 300Nm/1,200-3,200rpm
  • JC08燃費:11.4km/l

このディーゼルエンジンから変更になるのが、プラドに採用されている「1GD-FTV」

さらにトランスミッションは6速ATにも変更されます。

  • 排気量 2,754cc
  • 最高出力 177PS/3,400rpm
  • 最大トルク 450Nm/1,600-2,400rpm

排気量こそ200cc減っているが登場から17年たっている1KD-FTVよりも、馬力・最大トルクともに大幅に向上しているのが確認できる。

また燃費もプラドで11.8km/lですので、車両重量がプラドより軽いハイエースでは12.0km/l以上と予想できる。

 

4型を利用していたユーザーが新型ハイエース5型に乗り換えたとき・乗員・荷物満載時に違いを体感できるだろう。

また6速AT採用によって高速道路走行時に騒音低減の効果も期待できる。

コモンレール式燃料噴射システム
超高圧で燃料を燃焼室に直接噴射する電子制御式コモンレールシステムを採用。ソレノイドインジェクターの採用により、高応答かつ高精度な燃料噴射とエンジン制御を可能とし、ディーゼルエンジンの概念を変えるクリーン性、低騒音、低振動を実現しています。
ターボチャージャー
1GD-FTVエンジンのために専用開発したターボチャージャーは、タービンの形状を最適化することにより小型・高効率化。さらに、可変ノズルベーンや軸受け機構の改良などで、低燃費と排出ガス規制対応に貢献するとともに、低騒音化も実現しています。
DPR(排出ガス浄化装置)
排気ガス中のPM(粒子状物質)を吸着するDPR触媒を排気管の中に設置。一定量になるとエンジン制御でフィルターの温度を上げ、堆積したPMを燃焼・除去します。
尿素SCRシステム
尿素水溶液(AdBlue®*1)を尿素SCR触媒内に噴射することで、有害なNOx(窒素酸化物)を化学反応により窒素と水に還元する画期的な排出ガス浄化システムです。

スポンサーリンク

新型ハイエース5型 マイナーチェンジでセーフティセンス採用へ!

日産キャラバンが自動ブレーキを搭載して新発売されました。

ハイエースも今回のマイナーチェンジで安全運転支援システム「セーフティセンスP」の採用が決定しました。

全グレード標準装備でレスオプションも用意されるとのこと!

  • プリクラッシュセーフティシステム

搭載されたミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで車・歩行者・自転車を常に検知

万が一これらと衝突に危険がある場合

  1. ブザー・ディスプレイによる警告
  2. ブレーキ操作があった場合はブレーキアシスト
  3. ブレーキ操作がない場合は自動ブレーキ作動

このような機能で事故の回避または軽減を行う。

  • レーンディパーチャーアラート

幅3メートル以上の車線を50キロ以上で走行中に、ドライバーがウィンカー操作を行わないで車線から逸脱する可能性が発生したらブザー・ディスプレイによる警告

単眼カメラによって車線逸脱が原因の事故の防ぐ役割があります。

  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

ミリ波レーダー・単眼カメラで前方の車を検知

設定した速度に応じてアクセル・ブレーキ操作が行われることで車間距離が保たれます。

高速などで大幅に疲労が軽減されるでしょう。

  • オートマチックハイビーム

ハイビーム・ロービームを自動的に切り替えしてくれるもので、周囲の明るさ・ヘッドランプ・ブレーキランプを検知するとロービームに切り替えます。

夜間走行時に煩わしい切り替えの手間をなくしてくれます。

新型ハイエース5型 マイナーチェンジでセキュリティ向上

現在ディーラーオプションとなっている「セキュリティアラーム」が一部グレードに標準装備されます。

施錠中にドアを開けられたり、車体へ衝撃があった場合はアラームが鳴るものになっています。

 

ハイエースの盗難率はトップクラスで、先日も200台以上盗んだ窃盗団が逮捕されています。

プロに狙われたらどんなセキュリティも無駄ですが、最初からついてるだけでも抑止力になります!!

「車盗難リレーアタックってなに?仕組みと対策方法は?」

新型ハイエース5型 マイナーチェンジの価格と発売日は?

  • ガソリンモデルはセーフティセンスP搭載の関係で約10万アップ
  • ディーゼルモデルはエンジンが変更になるので約40万アップとなります。

注文開始は10月・発売は11月・生産開始は12月の予定。

生産割当優先は大手建設企業・運送会社となるようで、一般ユーザーの納期は2018年1月以降となる見通しのようです。

まとめ

「新型ハイエース5型 マイナーチェンジが2017年11月に発売!セーフティセンス採用で安全面強化へ!」はどうでしたか?

今回のポイント

  1. エンジン変更になる
  2. セーフティセンス搭載

となっており、エクステリア・インテリアの大幅変更は現在のところないようです。

またハイエースは2019年頃300系にフルモデルチェンジを予定しています。

この300系ハイエースは現在のキャブオーバーからセミボンネットに変更されるといわれているので、この形が手に入るには5型が最後になる可能性がある。

ちなみに300系が販売されても暫くは200系の継続販売が行われる予定になっていますので、焦る必要は今のところないです。

実際に販売されたらどうなるかわかりませんが、トヨタから何らかのアナウンスはあると思われます!

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

新型ハイエース5型 マイナーチェンジが2017年11月に発売!セーフティセンス採用で安全面強化へ!

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

トヨタが誇る働く車「ハイエース」が5型にマイナーチェンジされることが判明しました。

  • ワイドボディ:オーダーストップ
  • ディーゼル 2WD/4WD :オーダーストップ
  • ガソリン 2WD :販売中

となっておりガソリンモデル以外はすでに購入することが出来ない状況です。

今回のハイエースマイナーチェンジのメインはディーゼルエンジン変更・セーフティセンス搭載となっていますので、詳しく見ていきたいと思います。

新型ハイエース5型 マイナーチェンジで変更されるエンジンは?

 

今回、ディーゼルエンジンの変更が行われる予定になっており、4型に搭載している「1KD-FTV」は廃止される。

  • 排気量 2,982cc
  • 最高出力 144PS/3,400rpm
  • 最大トルク 300Nm/1,200-3,200rpm
  • JC08燃費:11.4km/l

このディーゼルエンジンから変更になるのが、プラドに採用されている「1GD-FTV」

さらにトランスミッションは6速ATにも変更されます。

  • 排気量 2,754cc
  • 最高出力 177PS/3,400rpm
  • 最大トルク 450Nm/1,600-2,400rpm

排気量こそ200cc減っているが登場から17年たっている1KD-FTVよりも、馬力・最大トルクともに大幅に向上しているのが確認できる。

また燃費もプラドで11.8km/lですので、車両重量がプラドより軽いハイエースでは12.0km/l以上と予想できる。

 

4型を利用していたユーザーが新型ハイエース5型に乗り換えたとき・乗員・荷物満載時に違いを体感できるだろう。

また6速AT採用によって高速道路走行時に騒音低減の効果も期待できる。

コモンレール式燃料噴射システム
超高圧で燃料を燃焼室に直接噴射する電子制御式コモンレールシステムを採用。ソレノイドインジェクターの採用により、高応答かつ高精度な燃料噴射とエンジン制御を可能とし、ディーゼルエンジンの概念を変えるクリーン性、低騒音、低振動を実現しています。
ターボチャージャー
1GD-FTVエンジンのために専用開発したターボチャージャーは、タービンの形状を最適化することにより小型・高効率化。さらに、可変ノズルベーンや軸受け機構の改良などで、低燃費と排出ガス規制対応に貢献するとともに、低騒音化も実現しています。
DPR(排出ガス浄化装置)
排気ガス中のPM(粒子状物質)を吸着するDPR触媒を排気管の中に設置。一定量になるとエンジン制御でフィルターの温度を上げ、堆積したPMを燃焼・除去します。
尿素SCRシステム
尿素水溶液(AdBlue®*1)を尿素SCR触媒内に噴射することで、有害なNOx(窒素酸化物)を化学反応により窒素と水に還元する画期的な排出ガス浄化システムです。

スポンサーリンク

新型ハイエース5型 マイナーチェンジでセーフティセンス採用へ!

日産キャラバンが自動ブレーキを搭載して新発売されました。

ハイエースも今回のマイナーチェンジで安全運転支援システム「セーフティセンスP」の採用が決定しました。

全グレード標準装備でレスオプションも用意されるとのこと!

  • プリクラッシュセーフティシステム

搭載されたミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで車・歩行者・自転車を常に検知

万が一これらと衝突に危険がある場合

  1. ブザー・ディスプレイによる警告
  2. ブレーキ操作があった場合はブレーキアシスト
  3. ブレーキ操作がない場合は自動ブレーキ作動

このような機能で事故の回避または軽減を行う。

  • レーンディパーチャーアラート

幅3メートル以上の車線を50キロ以上で走行中に、ドライバーがウィンカー操作を行わないで車線から逸脱する可能性が発生したらブザー・ディスプレイによる警告

単眼カメラによって車線逸脱が原因の事故の防ぐ役割があります。

  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

ミリ波レーダー・単眼カメラで前方の車を検知

設定した速度に応じてアクセル・ブレーキ操作が行われることで車間距離が保たれます。

高速などで大幅に疲労が軽減されるでしょう。

  • オートマチックハイビーム

ハイビーム・ロービームを自動的に切り替えしてくれるもので、周囲の明るさ・ヘッドランプ・ブレーキランプを検知するとロービームに切り替えます。

夜間走行時に煩わしい切り替えの手間をなくしてくれます。

新型ハイエース5型 マイナーチェンジでセキュリティ向上

現在ディーラーオプションとなっている「セキュリティアラーム」が一部グレードに標準装備されます。

施錠中にドアを開けられたり、車体へ衝撃があった場合はアラームが鳴るものになっています。

 

ハイエースの盗難率はトップクラスで、先日も200台以上盗んだ窃盗団が逮捕されています。

プロに狙われたらどんなセキュリティも無駄ですが、最初からついてるだけでも抑止力になります!!

「車盗難リレーアタックってなに?仕組みと対策方法は?」

新型ハイエース5型 マイナーチェンジの価格と発売日は?

  • ガソリンモデルはセーフティセンスP搭載の関係で約10万アップ
  • ディーゼルモデルはエンジンが変更になるので約40万アップとなります。

注文開始は10月・発売は11月・生産開始は12月の予定。

生産割当優先は大手建設企業・運送会社となるようで、一般ユーザーの納期は2018年1月以降となる見通しのようです。

まとめ

「新型ハイエース5型 マイナーチェンジが2017年11月に発売!セーフティセンス採用で安全面強化へ!」はどうでしたか?

今回のポイント

  1. エンジン変更になる
  2. セーフティセンス搭載

となっており、エクステリア・インテリアの大幅変更は現在のところないようです。

またハイエースは2019年頃300系にフルモデルチェンジを予定しています。

この300系ハイエースは現在のキャブオーバーからセミボンネットに変更されるといわれているので、この形が手に入るには5型が最後になる可能性がある。

ちなみに300系が販売されても暫くは200系の継続販売が行われる予定になっていますので、焦る必要は今のところないです。

実際に販売されたらどうなるかわかりませんが、トヨタから何らかのアナウンスはあると思われます!

 

コメントをどうぞ