車の艶消し塗装にする方法は?手入れのやり方・メリットデメリットは?

この記事は約2分で読めます。

車の艶消し塗装にする方法は?

 

  • 艶消し塗装を自分でやる場合

これについてはよっぽどDIYが好きな人で時間がないと難しいです。

以下の問題点を解消できればチャレンジしてみてもいいでしょう♪

  1. 塗装中に乗れなくても困らない
  2. 塗料が飛散するためちゃんと塗装する場所がある

 

まず艶消し塗装予定の車は暫くの間運転することが出来ませんので、車が使えないって方はやめた方が良いです。
塗装面を紙やすりで艶消し塗料が密着しやすいようにする作業

油などの汚れを完全に除去

塗装してから乾燥などと工程が多く時間がかかってしまいます。
勿論どの程度のクオリティで満足するかにもよりますが!

 

 

次に塗装する場所については、スプレー塗装の場合周囲に飛散して、塗装ミストが他人の車や家の外壁などに付着してしまします。
完全に防止するにはちゃんとした塗装ブースが必要になりますが、最悪河原などがある場合はそちらで塗装したほうが無難でしょう。

 

また塗る前の下準備・片づけなど考慮すると膨大な時間がかかってしまうのが事実です!
ですのでこれらをクリアできるのであればチャレンジしてみるのも楽しいですね♪

 車の艶消し塗装をお店に頼んだ場合

やはり自分の大切な車を失敗しないで仕上げるにはお店に頼むのが確実です。

艶消し塗装してもらう場合の金額を調べてみました。

 

通常塗装はパールやキャンディカラーなどでは工程が多いため金額が高くなることが多いです。

しかしマッドブラックは上塗りなどがないため比較的安めに収まるようです。

 

  • 約30万~50万前後

このような価格となっていて後はボンネット・ドア裏まで塗装するか、どこまで分解が必要かなどで金額が変わってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました