2020年 レガシィアウトバック フルモデルチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?

この記事は約2分で読めます。

2020年 レガシィアウトバック フルモデルチェンジ(エクステリア)

 

新型アウトバックのエクステリアは基本的にキープコンセプトとなっており、正常進化といったデザインを採用しています。

キープコンセプトとしながらも最近ブームのアウトドアに寄せてきたデザインとなります。

 

より力強いプレスラインやバンパーデザインなどクロスオーバーSUVらしさが際立っています。

ボディサイズがは拡大されています。

  • 全長4,860mm
  • 全幅1,855mm
  • 全高1,680mm
  • ホイールベース2,745mm

先代モデルより若干拡大されており、やはり北米メインとなっているので日本で乗るには若干大きいサイズとなっていますね。

特に全幅が1800mmを超えるのは都心では駐車場問題が少しありそうです。

 

ボディカラーは全9色から選択することが可能です

  • アビスブルーパール
  • オータムグリーンメタリック
  • クリスタルブラックシリカ
  • シナモンブラウンパール
  • クリムゾンレッドパール
  • アイスシルバーメタリック
  • マグネタイトグレーメタリック
  • タングステンメタリック
  • クリスタルホワイトパール

インテリアデザインは?

 

新型アウトバックのインテリアはエクステリアよりも大幅に変更されて、まさに上級モデルといった質感を持っています。

スバルといえば少し前までインテリアの質感がいまいちでした

 

 

先代モデルと比較すると新型アウトバックは雲泥の差があるインテリア質感となっています。

上記のが先代アウトバックとなっており、やはり勝負にならない質感の差があると思います。

 

新型アウトバックは各所にピアノブラックやレザーを使い、更にセンター部には大型11.6インチのマルチメディアタッチスクリーンが鎮座します。

 

またオーディオは「Harman Kardon」を用意してクオリティの高い音楽を聴くことが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました