車内の臭いの原因は?タバコの煙を効率よく換気する方法

この記事は約2分で読めます。

車内の臭いの原因

車内の匂いの原因は、以下のようになっています。

●タバコの臭い

非喫煙者にとって臭いと感じるのが、タバコの臭いです。

車内で窓を閉めた状態でタバコを吸い始めると、すぐに車内は煙だらけになってしまいます。一度臭いがシートに付着してしまうと、なかなか取れないという特性もあります。

嫌われる臭いの中では代表的な存在といえます。

●汗の臭い

汗の臭いも、不快な臭い代表のひとつです。

特にマイカー通勤の方は仕事で使うことが多いため、換気を十分に行っていないと仕事終わりの汗臭さが染みついてしまう可能性があります。また、普段は電車通勤という方であっても、スポーツが趣味で車を使うという場合は同じく汗臭くなってしまうかもしれません。

汗臭い車内も敬遠される傾向にあります。

●ペットの臭い

ペットの臭いも不快なもののひとつです。

人間よりお風呂に入って清潔にしている犬であれば問題ないかもしれませんが、多くは数日間に一度というケースだと思います。

しかも人間よりも肉を多く食べるうえに体温が高く、さまざまな場所へ行きます。こうしたことから、どうしてもペットは臭くなってしまいがちです。

 

そんなペットを車に乗せてドライブに出かけたら、車内はたちまちペットの臭いで充満してしまいます。飼い主は普段から臭いに慣れているため気づかなくても、同乗者は困ってしまいます。

可愛いペットも車内に悪臭をつくる原因となってしまいます。

●食べ物の臭い

食べ物の臭いも案外残ってしまいます。

例えば、ファーストフードを自宅へ持ち帰ったり少しだけお腹が空いたからといって車内で弁当を済ませたりした場合、換気していないとやはりシートなどに臭いが付着してしまいます。

食べ物も不快な臭いになる原因となる場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました