2020年 次期ハリアーにフルモデルチェンジの最新情報!現行モデルとの違いは?

この記事は約5分で読めます。

 

2020年 次期ハリアー フルモデルチェンジで安全性能は?

 

現行ハリアーにはマイナーチェンジでセーフティセンスPが採用されましたが。次期ハリアーでは第二世代のセーフティセスが与えられます。

このセーフティセンスはヴェルファイア・アルファードがマイナーチェンジした時に設定されたもので、以下の機能が採用されています。

 

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

搭載されたセンサーで正面の歩行者・車・自転車を検知して万が一の事故の回避または軽減を行います。

  • レーンディパーチャーアラート(スアリング制御機能付)

道路線からはみ出しそうになると警告音やステアリング振動でドライバーにお知らせ

  • アダプティブハイビームシステム

夜間走行時に自動的にハイビーム制御行い対向車が眩しくないようにしてくれます

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

速度セットした範囲内でアクセル・ブレーキ制御を行いドライバーの疲労を軽減

 

上記が現行モデルに採用されている機能になっております。

第二世代からはこちらです↓

  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • 先行車発進告知

 

レーントレーシングアシスト(LTA)はクルーズコントロール使用時に先行車や道路線を感知

ステアリング操作を行い運転をサポートしてくれるもので、主に高速道路などで疲労の軽減や事故防止

 

ロードサインアシスト(RSA)はカメラが道路標識を読み取ってディスプレイに表示してくれます。

先行者発進告知は停止状態で前方の車が動き出しても、自車が動かない場合がドライバーにお知らせ。

 

またセンサーのアップグレードによって、夜間歩行者や自転車運転手も感知できるように進化してより安全運転をサポートしてくれます。

デジタルインナーミラーも新たに設定され後方視界が向上されます。

繋がる車トヨタ コネクテッド T-Connect DCMパッケージ 搭載!

 

  • マップオンデマンド(初年度無料)
  • エージェント(音声対話サービス)
  • エージェント(先読み情報案内サービス
  • オペレーターサービス
  • マイカーSecurity[アラーム通知/車両の位置追跡・警備員の派遣/エンジン始動通知/カーファインダー(停車位置確認)/うっかり通知/リモート確認]
  • ヘルプネット(ワンタッチタイプ)【車内専用ボタン付】
  • リモートメンテナンスサービス

 

次期ハリアーでは新型クラウンよりスタートした「トヨタ コネクテッド」が標準搭載となります。

このサービスはレクサスなどで展開されていましたが、今後はトヨタ車にもサービスが展開されていきます。

 

より車とのつながりを強化してサービス向上になりユーザーとしては便利ですね♪

新型次期ハリアーの発売日と価格は?

今現在の発売日は2020年中旬ごろとされています

東京モーターショー2019では何らかのコンセプトモデルが出展されるとの予想

 

販売価格は新プラットフォームや新エンジン&ハイブリッド搭載で15万円ほどアップ

新型ハリアーのグレード別装備

  • Sグレード
  • 17インチホイール
  • セーフティセンス
  • ルーフスポイラー
  • 本革ステアリング&シフトレバー
  • ファブリックシート
  • 4.2インチディスプレイ
  • ディスプレイオーディオ
  • DCM

 

  • Gグレード
  • 18インチホイール
  • プロジェクター式LEDヘッドランプ
  • LEDフォグランプ
  • 前後バンパーメッキモール
  • メッキドアハンドル
  • 簡易録画付きルームミラー
  • ファブリック&合皮コンビシート

 

  • Zグレード
  • 19インチホイール
  • ボディ同色ルーフスポイラー
  • ヘッドアップディスプレイ
  • 12.3インチSDナビゲーション

次期ハリアーと現行ハリアーの違いまとめ

さて上記で次期ハリアーについて情報まとめましたが、現行ハリアーとはどんな感じで違うのか情報をピックアップしますね♪

  • エクステリはキープコンセプト

ハリアーらしい上品なエクステリアデザインが採用されて、レクサスNXとは違うアプローチをしてきます。
またインテリアも現行モデル同様に質感の高いもの

  • プラットフォームが進化

次期ハリアーではTBGAと呼ばれる新プラットフォーム採用で走りの質などグレードアップ。
現行モデルは先代RAV4の古いものを使用

  • エンジンが新しくなる

2.0Lターボエンジンを除いて、ガソリンとハイブリッドがダイナミックフォースエンジンという新開発の物が搭載される。
動力性能・環境性能が向上

  • 最新の安全性能を搭載

高速道路での半自動運転のようなアシスト機能が採用されます。
この機能はレクサスLSにも搭載されているものです。

まとめ

「2020年 次期ハリアーにフルモデルチェンジの最新情報!現行モデルとの違いは?」は参考になりましたか?

次期ハリアーでもキープコンセプトで開発されていると思われ、また人気は不動のSUVとなります。

 

トヨタグループはTNGAプラットフォームを開発したことで、今まで走りの面では力を入れてこなかったのですが、一気に欧州車と渡り合える実力を持たせてきました。

実際新型RAV4が販売され乗り心地・剛性感など現行ハリアーと比較すると勝ち目のない結果となっています

 

現行モデルは雑誌などの試乗記で揺れや乗り心地に不満が出ていましたが、新型ハリアーでは上質な仕上がりに期待です。

また次期ハリアー フルモデルチェンジの最新情報が入り次第お伝えします!

コメント

  1. […] 情報によればHARRIER(ハリアー)は令和2年にモデルチェンジだそうです(真偽のほどはわかりません)。だとすると私の出世には間に合いそうにありません(笑。それに車もまだ購入し […]

  2. 河合 寛 より:

    掲載年月日を記入してほしい。
    いろいろ情報がある中で、最新情報かどうかわからない。

    • takataka より:

      ご覧いただきありがとうございます。
      掲載年月日は載せております。
      該当の記事ですと「2019.08.14」です。

タイトルとURLをコピーしました