【新型レクサスミニバン LM 最新情報】搭載エンジンや価格は?

この記事は約3分で読めます。

 

新型レクサスミニバン LM 最新情報(エクステリア)

 

 

前回のRXマイナーチェンジ記事でこの公開された画像は新型RXと書きましたがどうやら、レクサスの新型ミニバンでした!

初のレクサスミニバンLMは「充実した居住空間」のメッセージが添えられていました。

 

デルタ型ヘッドライトはアダプティブハイビームになっており、ポジションは今のレクサス車に採用されてるヘッドライト内に切り込む形だ。

またヘッドライト脇にはブランドロゴが刻印されている!

 

ポジションランプ下がウィンカーとなっておりシーケンシャルウィンカーが採用されるだろう。

グリルデザインもLSのような格子になっており高級感があります。

 

しかしアルヴェルとサイドパネルまで共通しているので、もしかしたら国内アフタパーツメーカーがLMコンバージョンキット販売する可能性がありますね!

サイドデザイン

 

新型LMのサイドエクステリアになります。

上が新型レクサスLMで下がアルファードになっていて、比較してわかるようにやはりベースはアルヴェルとなっています。

 

リアデザイン

 

レクサスUXのように一文字テールランプが与えられており、アルヴェルとは違う雰囲気を持っています。

バンパーデザインも専用のものが与えられています。

 

しかしここもリアガラス下テールランプはアルヴェルと同じようになっており、コストがかけられていないのが気になります・・・

 ボディサイズは違う!

新型レクサスLMのボディサイズはアルヴェルより95mm延長されています。

  • 全長5,040mm
  • 全幅1,850mm
  • 全高1,945mm
  • ホイールベース3,000mm

5メートルを超える全長となっています!

 

新型LMインテリはどうなる?

 

今回の事前発表でこのような文章が「洗練された職人技のインテリアによりドライバーと乗客に快適な空間を提供」が添えられていました。

発表されたモデルはロイヤルラウンジをベースにレクサスクオリティに引き上げたものです。

 

  • シートデザインは似ているがLM専用のもの
  • アームレストやシートベルトなど違う
  • 液晶サイズが24インチから26インチに拡大
  • 液晶上に濃度調整ガラススクリーン
  • 液晶操作パネルもLM専用デザイン
  • 運転席ナビはLM専用の大画面
  • 他のレクサス車同様リモートタッチを採用

細かい点でアルヴェルのロイヤルラウンジとは違う点があります。

7人乗りモデルも設定か?

今回発表されたレクサスLMは4人乗りモデルでしたが、どうやら7人乗りモデルも設定されるようです。

4人乗りはロイヤルラウンジをベースでしたので、7人乗りはエグゼクティブラウンジベースとなると予想できますね。

 

豪華さでは4人乗りモデルに負けてしまいますが利便性・価格面では優れます。

二列目は電動パワーシート&オットマンを採用して快適な空間を演出します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました