車盗難リレーアタックってなに?仕組みと対策方法は?

この記事は約2分で読めます。

リレーアタックってなに?仕組みを解説!

スマートキーは絶えず微弱な電波を出し続けています。

半径1メートル以内に、カギと車が近づくと電子IDを照合し、ドアの施錠・解錠やエンジンが出来る仕組みだ。

またスマートキーと純正イモビライザーなど連動しているので、セキュリティ面でも高いのが特徴となっています。

メーカーオプションなどでもスマートキー連動防犯ブザーなどもありますね!

 

スマートキーから出る微弱電波を狙うのが「リレーアタック」と呼ばれる犯罪方法になります。

以下が主な車盗難の手順!

  1. 犯行グループの一人が運転手に近づく
  2. 特別な装置で電波を受信
  3. 電波を増幅させて仲間に送信
  4. 増幅された電波をリレーさせながら車に近づく
  5. 鍵の解除をする
  6. 窃盗役が車に乗り込む
  7. エンジンをかけて盗難
  8. 別の装置で再度エンジンスタートできるようにする

このようにスマートキーの電波を利用しているため、セキュリティシステムもスマートキーと連動するものだったら無効化されてしまいます・・・

このリレーアタックの被害は正確な件数が把握されていないのが怖いところです。

 

持ち主のスマートキー電波を利用しているので、一度エンジンストップしてしまえば再始動は出来ないのですが、スクラップ工場などでパーツごとにバラされて海外に輸出なんてケースもあります。

また特殊装置で一度入手した電波を利用して何度も再始動できるようにするようなものもあるようです・・・

 

主な車盗難方法は配線を弄って直接エンジンをかける・イモビライザーを無効化する装置を使うなどが主な手口。

海外でもこの被害は報告されており、今後は対策が必要でしょう!

 

リレーアタックの対策方法はあるの?

警察庁は自動車メーカにも技術面の対策を検証するように要請。

トヨタは2013年以降にフルモデルチェンジされた車種については対策をとっているようですが、他のメーカーについては十分な対策はしていないとの回答です・・・

しかし犯行グループの装置も進化しており、レクサス車でも盗難されてしまう可能性があります。

 

そんなリレーアタックの対策方法はあるの?と心配になってしまいましたよね。

実は物理的に防ぐ方法があります!

コメント

  1. 対策方法 より:

    100円均一に売ってる携帯灰皿にキーを入れれば持ち運びの簡易防犯として使える。サイズによってフタが閉まらないがなんとかなる。

    • hikaru1105 より:

      100円ショップで購入できるので、試しにやるのもお金がかからずに良いですね♪

      各メーカーなどが対応してくれるのが一番ですが

    • 岸本充晴 より:

      早速購入しました。電波遮断はバッチリでした。製品は山田化学製のブリック ネオスリム ヒンジ付きで、サイズは26×43×98mmでした。

  2. IT より:

    トヨタのスマートキーには節電モードがあり、それにすると、キーエントリー、スタートできなくなるので対策としてはこちらもありかと思いますが、ご意見ください。

    • hikaru1105 より:

      なるほどそんな機能があるのですね!電波を出さないのであれば対策方法としてはいいかもしれませんね。

      記事内でも紹介したいと思います。

  3. hoshi より:

    もしかしてスマートキーって自宅にキーを忘れて出かけたら出先でエンジンをかけられなくなるのかな?
    (自宅ではキーが近くにあってエンジンをかけられたとします)

    電波を使ったキーはキーの暗号を電波で飛ばしているのでもともとセキュリティには甘いです。
    今はリレーアタックですがこの対策が進むと今度はキーの暗号を解読してキーそのものを複製する技術が出てきそうな気がします。キーの暗号解読はパソコンを使えばそんなに難しい事ではないと思います。

タイトルとURLをコピーしました